忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜空に煌めく星の下 (松田 美優)

夜空に煌めく星の下 (SHYノベルス) (新書)
松田 美優 (著)
奈良 千春 (イラスト)



(内容)
彼女をつくるよりも男友達とつるんでいるほうが楽しい、
そんな高校生だった智鶴だが、ふとしたことから2学年下の紗綾と付き合うことになる。
だが、彼女の兄である秋成に出逢った瞬間、
智鶴の心は男の目に捕まり、逃げられなくなった。
濃密な、その一瞬・・・それがすべての始まりだった。
親しくなったつもりでいると拒絶される。
離れなくてはと思うと、強い視線で搦め捕られる。
緊張に、欲望に、絡まりあう、感情は・・・





松田さんのデビュー作の「赤い呪縛」の実の兄弟の欲望と確執と愛情の

物語を読んで以来このかたの作品は期待しており

いつもあらすじをみることなく作者さん買いなんです。

今回もあのドロドロとした欲望と愛執のからまりあった話を期待していたんですけど

今回は設定はドロドロしてましたけど、

いつもよりさらりとした感触のお話にまとまっておりました。

彼女の兄である秋成は幼いころからの父との確執により

父の呪縛からはなれるためにやくざの世界に身を投じます。

父がなくなり、義妹の懇願により一緒に暮らすようになりまっとうな職につきますが

噂と黒い影のようなものはぬぐい切れないままでした。

義妹が彼として連れてきたごく普通のまっとうな高校生智鶴と出会い

欲しいと渇望したのです。

可愛い妹の不幸は望んではいない。

けれどどうしても智鶴を欲する気持ちに嘘がつけないまま体を重ねてしまうのです。

欲望と愛情と執着でドロドロとなるはずの展開なんですが

案外あっさりと片付いちゃって

妹は智鶴に別れを告げて、智鶴は晴れて秋成に気持ちを伝えるんです。

まさに夜空に煌めいていた告白だったんでしょうねぇ・・・

あっさりとした松田さんが好みの方にお勧めしちゃいます~


拍手[1回]

PR

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People