忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

好きになるはずがない  ( 椎崎 夕 )

 

(内容)

「私のことが、嫌いではないだろう?」

叔父のギャラリーで働く乾大和の前に、ある日、田宮と名乗る男が現れた。
対人関係が苦手で感情が顔に出ない大和は、これまで誰かに恋したことがなかった。
そんな大和に田宮はある提案をする。実験のつもりで恋愛してみないか、と。
怖くなるほど甘やかしながら、時折意地悪く焦らしてはまた優しくする。
そんな田宮に溺れていく大和だったが、あるきっかけで田宮の秘密を知り・・・!?



(内容)

二十歳になったら、
あなたの私のものになる

母親の庇護者であった宮原が亡くなった十七歳の夏、
宮原の秘書だった有木に、史哉はある取り引きを申し出た。
母さんにはなにもしないでほしい、
代わりに、自分を好きにしていいから、と。
病いがちな母親を守るため、必死に考えた結果だった。
有木と知り合ってからの時間は長いものの、
史哉は彼がなにを考えているのかまったくわからなかった。
そんな史哉に、有木は取り引きの意味を確認し、その証としてキスをする。
そこから先は二十歳になってからだと告げて。
有木がなにを考えているのかわからず苛立ちを抱えたまま、
史哉は二十歳の夏を迎えるのだが!?



(内容)

恋愛なんか、ただの錯覚だ・・・
そう思っていたのに・・・

サラリーマンの高平笙は、会社では野暮ったい髪に眼鏡をかけ、地味な服を着て目立たないように過ごしている。
けれど、プライベートでは「セイ」と呼ばれ、夜遊びする人の間では、見た目はいいけれど
恋愛が続かない男として知られていた。
ある夜、ゲイの友人に連れられていったバーで、笙は他の課ではあるものの社内の有名人で、
人嫌いと言われている守川と知り合う。
高平笙であることを隠し、守川と一緒に過ごすようになる笙だったが!?




椎崎さんのこのところ出た作品です。

題名が『好き』という言葉がすべて入っておりますし

挿絵がすべて葛西リカコさんということですので

シリーズ物かスピンオフ?と悩みそうですが、あんまりそういった関係性はありません。

世界観が同じというか、年上攻めのお話というあたりが共通しているでしょうか・・


愛とか恋を語っているような感じではなく

すこうし低体温気味なシリーズのような感じを受けてしまいました。


そのなかでは一番受けに人間味があるというか、勢いがあったのがこの作品です。


幼いころから恋多き両親のせいで愛情に触れることも少なく

付き合っていた彼女すら父親に奪われるという過去があるサラリーマンの高平笙は

遊びでしか付き合えない、恋に本気になれない自分にジレンマを感じながらも

誰も好きになれない、愛せれない自分を持て余すかのように生きてきたのでした。

ある夜、ゲイの友人に連れられていったバーで、

笙は他の課ではあるものの社内の有名人で、人嫌いと言われている守川と知り合う。

守川と過ごすうちに充足を感じる笙

愛することに真摯な守川には自分はふさわしい存在でないと気が付き

別れを選ぼうとするのですが

そうすることで守川にストーカーのように迫られることになるのです。


お互いに好きなのに自分にはふさわしくないと別れを選ぶところは

ほんと椎崎さんにやられて涙流してしまいました・・・。

あとで誤解も解けてほんとうに恋人になっていくのですけど

好きになったら他人には無関心な守川も執着してくるし

誰にもほんとうの自分をさらけ出すことができなかった笙も

自分の中の頼りなさや弱さをさらけ出しても恋人を手に入れようとがんばって

変わっていく姿はとても好感がもてました。

切ない恋に浸りたい方いかがでしょうか?
















拍手[2回]

PR

近すぎて、遠い (椎崎 夕)

近すぎて、遠い (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
椎崎 夕 (著), 花小蒔 朔衣 (イラスト)

近すぎて、遠い (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)

自動車事故で両親を亡くした浅川和。
同じ事故で自らも右脚に後遺症を抱え、退院後は姉夫婦の住まいに身を寄せていた。
ある「事件」をきっかけに居場所を失くし途方に暮れる和に、
幼い頃から慕う又従兄弟・理史が同居を申し出てくれる。
一緒に暮らし始めて以来、過保護なまでに和を気遣い甘やかす理史。
次第に理史への思いを募らせていく和は…?




小動物の愛玩犬を可愛がりまくって、大人になったところで

美味しく食べられるお話です。

切なさ満載の久しぶりに椎崎さんらしさを堪能出来ました!



お話は自動車事故で両親を失い、自身も体に大きな傷を負ってしまった少年和が

姉と義兄のもとで平穏な日常を手に入れようとしていたのですが

和が従兄弟である理史に密かな恋心を持っていることを脅しの材料として

体を要求してきた義兄との事件があったので

理史のもとに預けられるようになったのです。

もちろん姉も理史もまったく信じていないのですが

肝心の和が口も心も閉ざしてしまっていたので解明はできません。

そのまま姉夫婦とは疎遠になるのですが・・・


お話の流れとしてこの後味の悪い事件が必要だったというのは

よくわかるのです・・・

そのことがあったからこそ

大切に守られて、甘やかされて、愛される日々がよりクローズアップされて

ほんわか甘い気持ちに読者をさせてくれるのですが

年末の忙しい時期に読むなら・・・

切ない系よりは甘い系のなんの変哲もない話がよかったかなと

わがままな読者がつぶやいております(笑)



新年の一連の慌ただしさが終わった頃、

切なさを堪能できる方におすすめしたい一冊です。



コメントレスです♪

ゆうみさん
あけましておめでとうございますm(_ _)m
今年もいろいろあるでしょうがよろしくお願いいたします。
年末年始ってそれを迎える準備も大変ですけど、家族の世話も大変ですよね・・
本を読む時間をキープしたいと思っていても
一人の時間すらキープ中々ですよね。
年末年始は家族の体調不良に悩まされたので
自分だけでなく家族にも適当に元気でいてもらわないと
楽しい萌えが追求できないと再確認しました(笑)
健康に留意して楽しく萌えれますように(*゚▽゚*)

コメントありがとうございました!

拍手[2回]

恋愛以上(椎崎 夕)

恋愛以上 (SHYノベルス287) [新書]
椎崎 夕 (著), 雨澄 ノカ (イラスト)



恋愛以上 (SHYノベルス287)




(あらすじ)

これ以上、この男を好きになりたくないのに・・・
「本当のことを教えてほしい。十年前、何があった?」
かつての親友、遠山からそう訊かれたとき、河埜隆は言葉を失った。
高校の卒業式の翌日、河埜が遠山の前から姿を消したのは、眠っている遠山に思わずキスしてしまったのを気づかれたと思ったからだ。
意図しない再開の後、もう一度友人としてつきあうようになったふたりだが、
河埜は終わっていたはずの気持ちが育ち始めるのを自覚する。
このままでは友人というポジションさえ失うのではないかと再び遠山を避けるようになり・・・
 
ぐるぐる回る受けの定番のお話でしたが

久々に椎崎さんらしい本を読んだなという満足感でいっぱいです。

高校二年生の冬に気がついた恋は始めることもなく終わってしまうことを選んでしまうのです。

新入生代表として選ばれた遠山は成績も良く見た目も郡を抜いている存在

責任感も強く面倒見も良いというまさに欠点がないのが欠点という感じの

完璧君でした。

二年に進級し同じクラスになった河埜隆は彼の良さに目を惹かれながらも

いつもなぜか一人で居る遠山が気になってくるのです。

そしてある出来事をきっかけにし特別な友達となっていくふたりでしたが

これが恋だと気がついた隆は遠山から遠く離れることを選びます。

なぜなら家族の縁が薄い遠山が心から欲している家族で暮らす家という夢を

隆では叶えることができないから・・・

過去を振り切ったつもりで、それでいていまだに遠山という過去の存在にとらわれ続け

再会をしてしまうのです。

友達としてなら傍にいられるかもと

ぐるぐる空回りをしたあげく勝手に別離を告げたはずなのに

肉体関係を持ってしまうのです。


せつなーーく攻めの遠山のことを思っております。

ゲイである自分の存在が遠山のためにはならないこととか

遠山を世話してきてくれた恩人の娘さんとの結婚の話とかいろいろあって

また別離を自分の中で決めつけてしまうのです。


自分が敬愛してきた先輩カップルが別れを決めてきたことで

余計に遠山に後悔したり悲しい思いをさせたくないと固く決意をきめているのも

すごくせつなかった・・・


せつなさでぐるぐるしちゃう受けを堪能なさりたい方におすすめいたします!


コメントレスです♪

まるさん
レス遅くなり申し訳ないです(っ◞‸◟c)
不眠症と過眠症がぐるぐる襲ってきてしまい寝て寝てでろくにパソコンの起動もしないという
怠惰な生活を送っておりました・・・
>私も「是ーzeー」全巻読み直して、ファンブックを見直しました
同じようなお友達がいてくださって嬉しいです♪
あたしも途中からはまって、でもペーパーまではいらないかなとツンデレてたので
この全部が収まっている本は本当にありがたかったです。
他の作家さんのもこうして集まると嬉しいですよね~
11巻の全プレはそろそろ送ってくてくださるそうですし、
遅れたおわびになんかついてくるということで楽しみにしてます。
でも、これで終わりかと思うとちょっとさみしいですよね。
実写化は正直に言うと・・ちょっと見たくない派なのです。
まだアニメ化がましじゃないかなという気持ちでいっぱいです(笑)
小冊子の件了解いたしました。
また届きましたら丹念に内容を紹介できるようにがんばります。
また懲りずによろしくお願いいたします。

コメントありがとうございました!



拍手[3回]

ひとでなし (椎崎 夕)


ひとでなし (SHYノベルス) [新書]
椎崎 夕 (著)
佐々 成美 (イラスト)


(あらすじ)

「忘れるな。おまえの身体はおまえのものじゃない。私のものだ。」 三日に一度、鳴り響く携帯電話の呼び出し音 は、拷問が始まる合図だ・・・システムエンジニアの長峰克史は、三年ぶりに本社に戻ったが、ろくな仕事がまわってこず不満の毎日だっ た。さらに、ある男との出会いが長峰をより過酷で屈辱的な状況へと追いやる。新たな出向先の上司、里見京一 郎・・・長峰は半ば脅されるように里見と関係を持つことになったのだ。恐ろしいほどの執着を見せる里見に、何とか抗おうとする長峰 だったが抵抗はすべて退けられる。そのうえ、里見との情交はいつしか悦楽が苦痛を凌駕するように・・・そんなは ずはない、そんなことは許せない。奈落の底へ引きずり込まれていく自分を感じる長峰だった が!?


延期に次ぐ延期で待たされていた本がやっとでました。

椎崎 夕さんといえば切なさの代表の方なんですが

題名からしていつもの切なさは影も形もなかったです(笑)

これは椎崎さんの昔の同人誌の改稿&完結した作品だそうです。

「ひとでなし」という題名どおりけっこうなひとでなしの男たちの恋と執着のお話でしたが

一番のひとでなしは・システムエンジニアの長峰克史(受け)の同期であり上司であった

高田という男だったとは思いますけどね

もしかしたら高田という男も長峰克史への報われない思いというか

里見の様に一生飼いたいペットにして自分に従属させたかったんじゃないのかなぁ

とちょっと思いました。


新たな出向先の上司、里見京一 郎(攻め)があまり語ることのない男でして

いやー、語る時は饒舌に語るのですが

その語りがおもにピロートークでありまして、やたらに執着を示しております(笑)

迷子になりやすい反抗的なペットと決めつけて自分の物という認識票をつけさせた

ドッグタグにはGPSを付けているし

3日とあけずに呼び出しをかけちゃ好き放題身体をむさぼっちゃうし

しまいには嫉妬のあげく監禁し欲望の赴くままのことしちゃって

その時のビデオを撮っておいて脅かして同居を強引にさせるし

まぁ人間的にはどうかと思われることが多々ありますが

乙女的趣向としては嫌いじゃないばかりか、けっこう好きなんです(笑)


恋敵役としてでてくる里見の同僚の今村もけっこう似た者同士とも言えまして

まぁほんとうにこういう思考の強い人間に愛される里見の幸福と不幸が

とても楽しめた一冊です。

SHYさんのHPでこの続きの甘い甘い?お話が読めますよー⇒★★


今回のこの本と合わせて今月出る予定の本「はじめてのひと」とで

全員プレゼントの小冊子がありますので、

気になる方は本屋さんにGO!でどうぞ♪



コメントレスです♪

ラウさんはじめまして!
千束さんのこのシリーズおもしろかったですね。
セレブな背景と寂しさを持つこの扱いにくいお姫様に似合う男になろうと
奮闘している波平がかわいくって好きでした。
ラウさんの娘さんは腐女子ではないとか・・・
でも我が家の娘さんは「遺伝よ!」と言い切っているので
いつかは開花するかもしれません。
その日を楽しく待つということでいかがでしょうか(笑)

また楽しくBLに萌えていきましょうね♪
コメントありがとうございました!







拍手[1回]

名前のない関係 ( 椎崎 夕)

名前のない関係 (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
 椎崎 夕 (著)
青石ももこ (イラスト)
 


 


(あらすじ)
 
男とは愛しあうが妻帯者だけはお断りという美貌のバーテンダー・宮下馨は、つきあっていた相手が実は既婚者だと知り一方的に別れ話を突きつけた。翌日、逆上した相手から暴力を振るわれているところを店の常連客・笠原に助けられる。前の晩、馨は酔った勢いで笠原と一夜を共にしていた。笠原は助けた礼として自分を馨の「新しい男」にしろと言い―。

 

2003年にでた作品の文庫化のようです。

中身はそのまま文章は置き換えと書かれているのですが

あいにくその作品は読んでおりませんので、

どういう風に代わったのかは分かりませんが

久々に椎崎さんらしい作品を読んだ気になれました。

SHYで発売予定だった「ひとでなし」は発売延期のままのようですが、

この作品を読みながら良い子で待っていようと決心できるくらいに(笑)


椎崎さんの書かれる受け君は過去の傷を経緯にどこまでも自虐的です。

この作品の馨もまたそういう一面を持っていて、

過去妻子持ちの教師に誘われて身体の関係を持ちますが、

それが周囲にばれて家族からも見放されたと感じ、

母親がその寮に訪ねた時もこっそり隠れちゃうくらいです。

ありていにいえば、というか今大人のあたしからみたら

社会人である教師に騙された可愛い子を遠くの地にやることで

その子を守ろうとしただけじゃないかな・・・なんて思いますけどね。


そのまま家族に背を向けたまま大人になり、バーテンダーと言う職につきます。

痛かった過去を忘れることはできなくて、既婚者とはつき合わないけれど

その相手に恋をするわけでも、執着するわけでもなく

ただたんたんとやり過ごしていく馨

今つき合っている男が既婚者と知り、

一方的に別れ話を切り出して逆上したその相手から暴力を振るわれているところを

笠原に助けられ、いつのまにか付き合うことに。

笠原から大切にされ、甘やかされ

いつのまにか恋に堕ちてしまう馨がすごく可愛いのです。

けれど、沁みついた自虐癖は治らないままのようで

笠原には婚約者がいて、もうじき結婚すると誤解したままなのです。

最後にもう二度と会うことはないからと決心して、

笠原の足音が消えるのをじっと物陰で身を潜めている馨の姿はほんとうにせつなかったです。

誤解が解消されたときに

馨が笠原を「言葉足らずのもうろく爺」と罵るんですけど

言葉が足りないのはお互いさまというもんじゃないかな・・と(笑)



書きおろされた「不器用な恋人」では

笠原が過去に付き合った彼とか彼女の話を同僚から暴露され

焼きもちを焼いちゃうんですが、相変わらず素直にそれを笠原に言うことはできず

悶々とした気持ちを、

以前付き合っていて現在は良き友人のようなスタンスにいる石井に愚痴ります。

過去暴力まで振るわれた石井なんですけど、

離婚を経験し苦しい時をうまく乗り越えたようで一皮むけて良い男になっています。

悩んでいる馨に声をかけていいお話し相手になっているんですよねぇ。

昔別れた男が友達になれたら一番良い友人になれるって本当なんですね(笑)

いいお酒を呑んでいるときに出張帰りの笠原に抱えられるように連れ去られ

本音をぶつけ合います。

相変わらず会話がないようで・・・

まぁあまあま幸せなラブが楽しめました。

拍手[3回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People