忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

梨園の貴公子―外連(けれん) (ふゆの 仁子)


梨園の貴公子―外連(けれん) (ビーボーイノベルズ) [単行本]
ふゆの 仁子 (著), 円陣 闇丸 (イラスト)
梨園の貴公子―外連(けれん) (ビーボーイノベルズ)



(あらすじ)

新進気鋭のカメラマン・尾上浅葱の年下の恋人は、歌舞伎界の御曹司・常磐彦三郎。家柄・容姿・才能・人気共にトップクラスの常磐は、怖いぐらいの情熱で自分を愛してくれる。その常磐に有名女優との熱愛報道が!その上、歌舞伎界の重鎮である常磐の父が緊急入院。『梨園の御曹司』を恋人に持つことの意味を改めて考えた浅葱は、常磐の痛いほどの抱擁を振り払うが…!?書き下ろし表題作に、人気女形と興行主の秘密を描いた短編を収録。
「梨園の貴公子」
「梨園の貴公子~色悪~」

と続いておりますこの作品 初めての恋にときめいて、

お家騒動に揉まれながらも二人の愛は 育まれている模様

いかんせん鳥あたまなので前作の内容がすごく薄いのですが

薄いままでも歌舞伎のことは全くよくわからなくても十分楽しめました(笑)

三作目となれば愛しあうふたりに障害は・・とくればもう間違いなくお家騒動なんですよね。

歌舞伎界の御曹司とはいえ、順調にその家が背負う者を望んでいるものばかりではなく

いろいろと悩み苦しみながらもがいておりました常盤が

ほんとうに自分が望んでいるものは何かということにたどり着いた先には

恋人で年上のカメラマンである尾上浅葱と共に生活をすごし共に人生を歩いていくことでした。

そのうえで役者として生きること、舞台に立つことの楽しみや喜びも得て

充実した日々を過ごしているのですが

ある日常盤の父が病に倒れ

その父から「梨園の貴公子」を伴侶として生きていくためにはと問いかけられるのです。

梨園という特殊な世界の中で貴公子として役者として生きるためには

自分という年上の男の恋人でははなから受け入れられないということはわかってはいたものの

このつないだ手を話すことはできなくて、

なんとかしてとがんばっていた浅葱にはきつい現実が突きつけられたのです。

距離を置きたいと告げる浅葱

たとえもう二度と会うことはなくても距離を置くことは別れではないと

思い切るのが年上の恋人の分別であるし

別れたくないと駄々をこね、それでいて年上の恋人の心情を理解している年下の男との

情事は定番とはいえ悲しいですよね・・・・

父が抜けたあとの舞台をやり通すことで役者として成長して一回り大きくなっていく恋人

もう自分は関わることはないと挨拶することもなくひっそりと消えようとするのです・・が

そういった浅葱の心情を誰よりも理解していた常盤は父の病室に訪れ

役者として生きていくためには浅葱という存在が必要だと堂々と言うのです。


お話的には定番というか、三冊目ということで全体に印象が薄い感じです。

今回あたしの気持ち的には同時収録の「奈落」に全部もっていかれた印象が強いです。

以前、雑誌小説b-boyに掲載されていた短いお話がちょっとふくらませてのっております。

12月発売の小説b-boy2012年1月号には「外連」とリンクするお話「間夫」がこの

「奈落」の続編となると思います。

妖しい魅力いっぱいの紫川の父親のこととか、紫川の情人である竹林との馴れ初めなどが

詳しく書かれております~

あたしてきにはこの二人で一冊の本でもいいのですけど

ふゆのさんが以前同人誌のペーパーで書かれていた「engage」の再販とコラボ作品が

でるように書かれていたのでそれも楽しみなんですが

いったいいつなんでしょうか・・・?

拍手[0回]

PR

嘘つきな天使(ふゆの 仁子)

嘘つきな天使 (ラヴァーズ文庫)
ふゆの 仁子 (著)
奈良 千春 (イラスト)




(内容)

「どうやって俺をその気にさせるのか、じっくり教えてもらおうか…」。老舗デパート『高砂屋』の御曹司、加納遙は、仕事と恋愛を同時に失い、ヤケ酒の勢いで、男とホテルに行くという醜態を晒してしまった。相手の男は世界屈指の優良企業、『ウェルネスマート』日本支部代表の片岡宗二。経営難に陥っている高砂屋が、提携を希望して失敗した会社の男だった。傾いたデパートを守りたい遙は、ホテルの夜のことを盾に片岡を挑発して提携を迫るが、逆に怒りをかってしまい…。張り巡らされる欲望の罠。





ウェルネスマートシリーズと言えばよろしいのでしょうか?

その会社で働く男たちがいろいろな場所でパートーナーを見つけていって

おります

でもー

なにぶん鳥頭なもんで忘れていく勢いも日々進行しております

遊佐って誰だったけ・・・状態でも安心して楽しく読める一冊でした




幼いころに母と死に別れた遥はそれ以後なんとなく父と疎遠になっています

それがかなしいと気が付いていても

素直に寂しいとか悲しいとかいえる年齢を過ぎておりますが

父と母が仲良くて、家庭生活が円満だった輝かしい思い出のために

会社を救おうとあがいておりました

はじめての恋に気がついた時はその男は遥に会社に援助するから

体をよこせと言い寄ってきました

それに対する絶望を抱えたまま夜の街で知り合った男と遊ぼうとします

その男は実は、『ウェルネスマート』日本支部代表だったのです

その男を攻略したらウエルネスは遥の父の会社に支援の手を差し伸べて

くれるのです


綺麗で天使のように純な心をもったまま大人になってしまったようです

最後に片岡を攻略するためには

自分の片岡への思いに嘘をつかなければいけなくなると気がついて

片岡を利用するよりはと約束を破棄してしまうのです

せつない恋心をかかえたまま体を要求する男のもとにいく決心をする遥です・・・・


ちょこっと泣いてしまいました・・・(笑)

恋するあまり自分より恋人を思いやるピュアな気持ちがうらやましく感じた本です





拍手[0回]

梨園の貴公子(ふゆの 仁子)

 以前ビブロス版で出たやつはもちろん購入しています

本の内容に変更はないようです

挿絵も変わりがありません

でも・・・・

書下ろしがつくのです

と毎回同じ言い訳をいいながら購入してしまう自分の欲望に甘い体質も問題だとは思いますが

出版社の策略も酷いんではないでしょうか(笑)

 BLでは珍しい歌舞伎と言う世界のドラマです

カメラマンである浅葱は、写真集を依頼されますが、その強引な手口に反発もしますが

写してである、梨園の御曹司でもある常盤に惹かれていきます

葛藤し、魅かれあいそして、二人で高めあうという世界のすばらしさは

本当に心ドキドキしながら楽しめました(笑)

挿絵がまたいいのですよー

円陣さんってほんまなにかかせてもうまいというか、その場面の雰囲気をすごくすごく印象的に高めてくれますよね

梨園というやや遠い世界とカメラマンとの恋の戦いを堪能なさりたいかたいかがでしょうか?

個人的には、脇ででてた、常盤の従兄弟でもあり女形の似合う

紫川さんの徒っぽい雰囲気にひとめぼれー(笑)

絶対に絶対にこの人はうけこちゃーーんと信じていましたが

いい意味で裏切られました・・・




梨園の貴公子 (新書)
ふゆの 仁子 (著)
円陣 闇丸 (イラスト)


(本の内容)

美貌で性悪の危険な男、『色悪』。正に歌舞伎界の名門の御曹司で、華も実力も備えた常磐宗七郎のことだ。カメラマン・浅葱は、強引に持ち込まれた彼の写真集の企画に反感を抱く。「二週間で絶対に引き受けさせる」という傲慢な態度。だがファインダーを通して観た常磐はゾクゾクするほど艶っぽく、高慢な浅葱のプライドと恋心まで刺激して…!? 梨園の貴公子から挑まれる、息詰まる愛の駆け引き!




拍手[0回]

梨園の貴公子~色悪 (ふゆの 仁子)

 芸のために精進し自らを歌舞伎と言う世界に捧げているというか

捧げさせられていることで生まれるストイックなそれとでもいいましょうか

堪能させていただきました

従兄弟という存在が実は腹違いの自分の兄で

芸の道ではライバルでもあり、協力者でもあり

秘密を共有し、

お家のため、同じ歌舞伎と言う神様のために

なにもかも捨てて邁進していかなければいけないという運命を背負った

歌舞くために生まれた男達の争いがメインでありましたが

争いの中で、常盤と浅葱がが手に手を取って、自らともに生きていきたいと決心を

固めていくのです


普通に考えたら、お家のために後継者をと望まれる立場でもあり

また、家のためには仕事で共有していく存在よりは影の存在として

妻の存在と辛抱が当たり前と思われる世界でしょうが

この二人ならと思わせてしまうのは、ふゆのさんの力量でしょうか

J庭で、同人誌を買い逃したのが返す返すも残念です

夏にも発行してくださいますよねw?

(誰に向かって呟いているんだろう(笑)








梨園の貴公子~色悪 (B-BOY NOVELS) (単行本)
ふゆの 仁子 (著)
円陣闇丸(イラスト)

(本の内容 )

「貴方は、俺だけを見つめていればいいんです。他の誰も、見なくていい」
歌舞伎界の御曹司――美貌で性悪まさに『色悪』そのものの常磐。彼のいつもと違う様子に浅葱は戸惑う。
苛立ち、すれ違う彼の心を知りたいのに、濃厚な愛撫と強引なセックスでごまかされ…。浅葱の心の隙間に、常磐によく似た傲慢な男・澤松が付け込んで!?
アダルト激愛オール書き下ろし!





拍手[0回]

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People