忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小説家とカレ (渡海奈穂)


小説家とカレ (キャラ文庫) [文庫]
渡海奈穂 (著), 穂波ゆきね (イラスト)

小説家とカレ (キャラ文庫)


(あらすじ)

横暴で尊大、口を開けば悪態ばかりの幼なじみ―小説家の芦原は、そんな高槻にずっと片想いしている。けれど高槻は、昔からなぜか小説を書くことに大反対!「おまえの小説なんて絶対読まない」と言っては、執筆の邪魔をしにやって来る。それでも時折武骨な優しさを見せる高槻が、芦原は嫌いになれなくて…!?この気持ちを知られたら、きっと傍にいられなくなる―大人同士の不器用な恋。
 

横暴で強引で傲慢?とはちょっと違う・・・

なんというか、そばにいるのが当たり前の存在だった幼馴染が

自分以外の何かに夢中になるのが嫌で駄々をこねて

ずーーと苛めているお話でした。

横暴で強引で傲慢な攻め様は嫌いではありません!

むしろ好みです♥

でも、今回のように子供の嫌がらせか!?と思われるようなのはちょっと好みじゃないかな・・・

完璧な当て馬である役者くんの方が受け君を理解していて完璧にサポートしてくれて

楽しい時間を過ごせるとなれば・・

あの時の恋心なんて幼さ故の誤解だったんだねとばかりに

当て馬くんに心変わりしてもよかったんじゃないかと(笑)



コメントレスです♪

みずほさん
レス遅くなり申し訳ないです・・・
夏の暑さに弱いのでちょっとヘロヘロになってしまっていて

キチクのアンソロジーのどれか一冊で応募できますよー
小為替1000円はちょっと高いかなと思いましたが、
新田さんの小冊子なので手に入れなきゃと早速応募しました。
が!
封筒の表に キチク小冊子応募・・と書かなきゃいけないので小心者ですので
他町村のポストにそっと入れてきました(笑)

コミコミのプレミアム会員申し込まれたのですね!
ぜひぜひその使い心地といいますかどれだけプレミアムなのか教えていただけたら
うれしいです♪
BLCDが777円に心惹かれて申し込みしちゃいそうなのですけどね・・(笑)

こちらこそいつもみずほさんのブログにこっそりとおじゃまして貴重な情報源とさせていただいております。
また面白い情報ありましたらUPさせていただきますので
懲りずによろしくお願いいたします(*゚▽゚*)

コメントありがとうございました!

拍手[1回]

PR

先生はダメな人 (渡海 奈穂)


先生はダメな人 (プラチナ文庫) [文庫]
渡海 奈穂 (著) 小嶋ララ子(イラスト)

先生はダメな人 (プラチナ文庫)




(あらすじ)

卒業生である臨時講師・篠原に制服を借りた千裕。昼休みを一緒に過ごすようになるが、何を考えているのか分からないのに時々優しい篠原に翻弄されてばかり。それに、借りた大きめの制服は移り香がして、なんだか気恥ずかしい。そんな落ち着かない気持ちに答えを見出した矢先、篠原の採用期間が終了となってしまう。「俺とつき合って、先生」篠原の家に通い始めた千裕だったが……。
ダメな大人臨時講師ときどき小説家と

ちょっと奥手で学校生活の濃い人間関係に付き合いきれない高校生の 恋の物語です。

あらすじが好みなので買いました。

これも挿絵が可愛らしくて

プラチナ文庫の過去の作品を知っている あたしからしたら違和感ありありです(笑)

題名が好みで、あらすじも心惹かれましたが

内容がちょっとあたしてきに好みじゃないというのが 残念です。

渡海さんといえば悲しいほどのコンプレックス追求の ちょっとダメな人間かかせたら、

すごく好みなんですけど

これはあくまでも普通の高校生の

ダメな大人に普通の恋をしているお話なので あたしの萌えとは違いました・・・

一番ダメな大人はあたしだということでしょう・・・(笑)

拍手[0回]

兄弟とは名ばかりの (渡海奈穂)

兄弟とは名ばかりの (キャラ文庫) [文庫]
渡海奈穂 (著), 木下けい子 (イラスト)

兄弟とは名ばかりの (キャラ文庫)




(あらすじ)

キャラ文庫初登場の著者による、義兄弟の同居もの。 高校二年生の伊沙は、幼い頃に母親と死別し、父親と二人暮らし。 特に打ち込むこともなく、気の向くまま適当に日々を過ごしていた。 そんなある日、父親が再婚することに!! しかも相手の連れ子は、同じ高校の元同級生・稜だった! 真面目で優等生気質な稜が元々苦手だった伊沙。 真逆な二人の同居生活は、うまくいくはずもなく…!?


しさびさの渡海さんの兄弟もの

渡海さんも兄弟ものが好きということでけっこう筆がのっているというか

勢いを楽しめる一冊でした。


同じ高校という枠組みに入っていたとしてもほんの少しカラーが違う、

表現方法が違うというだけで高校生活をまったく会話もなしに過ごせれるということは

たしかにあって

そういう雰囲気でお互いに反発し合っている伊沙と綾だった。

放任主義の父親と二人暮らしで適当に生活している伊沙

そして祖父母と母の下で 真面目に堅苦しく生きている優等生の稜

そんなふたりが父親と母親同士が再婚することにより兄弟となってしまうのです(笑)

高校生の頃って嫌いとか苦手と感じるひとと

無理に接触したり話かけたりなんかしないと思うのだけど

このふたりは初めから反発を感じていた・・

ということは恋の芽生えとまではいかないものの

けっこうお互いが気にかかっていたんじゃないのかな

とおばちゃんは深読みし・・

まさしく同居生活をはじめてからはお互いに反発心を強めたり

理解し合うこともあって

ある事件と両親のあわやの離婚騒動で恋に変化していくのです~

優等生のぎこちない攻めを楽しんでみたい方いかがでしょうか(笑)?


拍手[1回]

たまには恋でも (渡海 奈穂 )

たまには恋でも (新書館ディアプラス文庫) (文庫)
渡海 奈穂 (著)
佐倉 ハイジ (イラスト)



(あらすじ)

地味で眼鏡で無愛想な岡崎は、爽やかで男前の先輩社員・椋本に気に入られ迷惑していた。明らかに人種が違うから放っておいてほしいのに、椋本は自分と話していると微妙に嬉しそう。原因はまったく謎だった。ある日仕方なしに一緒に食事をしてみたところ、椋本とは漫画やラノベの話が合うことがわかる。それどころか、実は椋本はけっこうなオタクで、岡崎の言動や見た目が萌えツボだったらしく!? ふわゆるラブ。



爽やかで男前だと思っていた椋本ですが

なんと彼はオタクだったのです(笑)

その容貌ゆえにオタクであるということが不似合いで

悩んでいたという彼

そういえば、最近はコミケにいってもいわゆるオタクファッションというかたは

少なくなってきたというか、

お若い方からご年配の方までいろいろなファッションを楽しんでいるようですので

そこまで悩むことなのかなぁというのもありましたが

お部屋にゲーム部屋なるものが存在し

他人に見せることのできない萌え満載のお部屋があるというのなら

(自分の部屋のことは気にしない方向でいくことにします(笑)

たしかに彼女なるものは作ることはできないだろうなぁというのは

想いましたね(笑)



その椋本に惚れられたというか、

萌え萌えに萌えられた地味で眼鏡で無愛想な岡崎くん

なんでそんな男前に惚れられたのか(萌えられたのか)

今一歩納得できなくてじたばたとあがきまくっていましたが

萌えに負けて・・・

というか、椋本という人間性に魅かれていっちゃっていくのですが

その個性を許せて、許容していくのですが

自分より椋本のオタクな部分を知っている師匠の存在を知って

椋本が自分のものだけでないようなさみしさを感じて

椋本を拒否してしまうのです。

岡崎に拒否られたことで、

オタクであることで人から拒否された疵をもつ椋本はより疵ついてしまい・・・・


椋本から無視されることで自分の想いに気がついた岡崎君

まちがいに気がついて

自分の思いをまっすぐに椋本に伝えます。



まっすぐな告白が男らしいと感じたのはあたしだけではないと思います。


楽しいお話でした(笑)

そうそう、告白はオタクな椋本にぴったりの場所

コミケの会場でなされるのですが

コミケにいかれたことがないかたでも

その雰囲気が十分に楽しめるように書かれておりますし

行かれたことがあるかたなら、そうそうそれそれと

思い当たること満載で楽しめると思います。

椋本のようにまっすぐに告白されたい方

オタクの思考回路を知りたい方

コミケの雰囲気を楽しみたい方々

さぁよんでください(笑)


拍手[1回]

未熟な誘惑 (渡海 奈穂)

未熟な誘惑 (ディアプラス文庫)
渡海 奈穂 (著)
二宮 悦巳 (イラスト)
 
(内容)
 
家電量販店に勤める小川は、家族に虐げられてきた影響で超ネガティブ思考。ある日、本社からやってきた専務・志木に、閉店後の売り場で男といちゃついている場面を目撃され咎められる。人を人とも思わないその様子は大嫌いな義兄にそっくり。不満が溜まって振り切れた小川は仕返しを決意する。だが突然性器を銜えられた志木の反応は意外なもので ・・・!?オレ様な志木と自分に自信の持てない小川の恋とお仕事事情v



家電店に勤める小川は権力志向の義理の父親に虐げられてきた。

またその父親の影響か義理の兄となる存在も言葉と体で小川を虐げてきて

虐げられることで生き方も生活も自ら狭めてきて

息苦しいほどの生き方をしているのですけど

悲しいことにそういう生き方を強いられることに自分が悪いせい

そう思いこまされ抵抗することも思いつきません

仕事場でも、つい人の顔色を見てしまうがゆえに

ついおどおどとしてしまう傾向があり、

人に侮られたまま生きることがあたりまえのように思い込んでいます。

その小川を変えた存在は本社からやってきた専務の志木です。

横暴で傲慢で態度がでかい彼に

最初は兄の面影のようなようなものを感じて

腰が引けたまま対応しておりましたが

あるひ、そういう志木にぷつんと切れた小川は仕返しを決意するのです。

実は志木のも小川と同じように幼いころの性的な暴力がもとで

人とふれあうことが怖く感じるようになっており

そうした自分を克服するために柔道を習い

自分を変えるために努力した存在であったのです。


志木は小川の過去をしり、

そのままいじけたように生きていて、

それでも頑張って生きていこうとする小川に魅かれていき

肉体関係をもつのです。

守ることはたやすいけれど

守られるだけでは小川のためにはならないと

助けの手は小さくても、心の大きなささえになることを志木は選びます

志木に支えられるだけではなく

ともに成長していく二人のお話だと思いました。

過去は乗り越えられるんだよと

優しくともに生きていくふたりがさわやかな読後感でした。



拍手[0回]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People