忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

暁に堕ちる星 ( 和泉 桂 )

暁に堕ちる星 (リンクスロマンス) [新書]
和泉 桂 (著), 円陣 闇丸 (イラスト)

暁に堕ちる星 (リンクスロマンス)



(内容)

清澗寺伯爵家の養子である貴郁は、抑圧され、生の実感が希薄なまま日々を過ごしていた。
やがて貴郁は政略結婚し、奔放な妻と形式的な夫婦生活を営むようになる。
そんな貴郁の虚しさを慰めるのは、理想的な父親像を体現した厳しくも頼れる義父・宗晃と、
優しく包容力のある義兄・篤行だった。
だがある夜を境に、二人からそれぞれ肉体を求められるようになってしまう。
どちらにも抗えず、義理の父兄と爛れた情交に耽る貴郁は、次第に追い詰められていくが―。



雑誌掲載作を本屋で必死になって読んだ記憶があるこの本です(笑)

雑誌よりは書きおろし作が掲載されている文読み応えがあるのはともかく

あちらこちらと書き足していただけているようで内容もボリュームもUPされているような

感じが致します。


戦争下、清澗寺伯爵家の養子である貴郁も例外でなく戦火に駆り出されていくことに

なりました。

冬貴の落とし胤として清澗寺和貴の養子として引き取られて

初恋の人和貴にあこがれて渇望していたものの

和貴の情人であり、従者であり、想い人である深沢がそれを許すはずもなく

けっして貴郁のものにはならないと思い知らされるのです。

おまけに自分は清澗寺には似ていないという呪術にもにた言葉に囚われて

誰よりも冬貴ににている淫欲さを自分自身にすら隠し通して生きてきたので

自分自身生きているという感覚も喜びも悲哀もなく死んでしまうことに

虚しさだけを感じています。

そうした夜にであった二人の存在は貴郁の隠されていたなにかを引き出ていくのです。


そうして戦争も終わりを告げやがて貴郁は政略結婚することになるのです。

女性として自分の芸術性を一番に生きている妻との蜜月はそう長くもなく終わり

貴郁は理想的な父親像を体現した厳しくも頼れる義父・宗晃と、

優しく包容力のある義兄・篤行に抱かれるようになり喜びに打ち震え

隠して生きてきた自分自身をさらけ出し、

ある意味素直に自分自身を受け入れ生きていくことを実感します。


もうね・・ものすごくエロエロしいです(笑)

でもそのエロを凌駕して自分自身をさらけ出していきていくことの実感って

すごく大事だなぁと思うのですよ。

誰よりも冬貴ににていて、肉の喜びに弱い体をもちながら

心は誰よりも自由に愛することを求めている

貴郁のいじらしさが萌えでした。


これはシリーズ10作目にあたるのですが、別に他のシリーズを読んでいなくても

内容には特に支障もないと思われるので

このシリーズに興味がなくて読んでいないという方

シリーズが長すぎてついていけないわと恐れている方チャレンジしてみては

いかがでしょうかと誘惑してみますね(笑)










拍手[1回]

PR

蜂蜜彼氏 (和泉 桂)

蜂蜜彼氏 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
和泉 桂 (著), 街子 マドカ (イラスト)





(あらすじ)

二十歳の大学生・叶沢直は図書館風カフェ「アンジェリカ」でアルバイトをしている。「アンジェリカ」の常連客で、その優雅な容姿からスタッフの間で「王子様」と呼ばれている青年が気になる直は、ある日、「王子様」の忘れ物を届けることに。瀬南光瑠と名乗った青年は二十八歳。前から直を気にかけていたという瀬南に、惹かれていく直だったが…。


リンクスの和泉さんを頭においてよんじゃいけません。

なぜならー

このお話はどこまでも甘く優しい少女漫画テイストだからです。

三度のご飯より本が好きな大学生直は

ちょっぴり生き方下手な男の子

私設図書館風カフェ「アンジェリカ」でアルバイトをしている。

もっか直軒になる人はその図書館をよく利用してくれる

優雅で綺麗な青年瀬南光瑠のこと

スタッフ達と王子様と影で呼びながら彼にあこがれている

乙女な男の子直なのでした。

なんというか昔の少女漫画のテンプレのようなお話でしたが

逆を言えばあたしは安心してその甘味を楽しむことができました。

乙女な初恋にあこがれる可愛い男の子受けが好きなかたいかがでしょうか(笑)?

大変楽しくて甘いお話が楽しめますよ~


ホットケーキには蜂蜜と推奨してくれるこのお話なんですが

あたしは甘~いホイップクリームをぎょうさん乗せてベリー類をトッピングしちゃったほうが

好きです(笑)

5447.jpg






















 

拍手[3回]

「PREMIUM BOOK 清澗寺家シリーズ第一部完結記念」


以前清澗寺家シリーズの全サ小冊子の記事 で

小冊子は多数が応募すればするほど 読者に還元されるという記事を書いた記憶がありましたが

こんな豪華な小冊子だったとは・・

ちょっといい意味での想定外に楽しめました。



カバーは以前の「終わりなき夜の果て」上巻のカラー口絵の流用です。

装丁はリンクスのそのままでこれだけでも十分売り物になると思われる 一冊です。

カバーをめくると作者様による作品コメントがのってます。

内容は書下ろし&雑誌リンクスなどで 掲載された短いお話がたーーくさん載ってます。

雑誌は購入しておりましたが

こうやって一冊にまとまると読みやすいし、保存も簡単なので助かります。

これで断舎利に一歩近づく・・かもしれません(笑)

贅沢を言うのならCD発売時についている小冊子の内容もつけてほしかったのですけど

そこまで期待はしちゃいけませんよね。

最初200pくらいの小冊子と聞いていたのですが、最後には240pまで膨れ上がっております。

愛とエロがぎゅうーーとつまりこんだ大冊子はたいへん満足な一冊です。


拍手[4回]

終わりなき夜の果て〈上〉 (和泉 桂 )

終わりなき夜の果て〈上〉 (リンクスロマンス) [単行本]
和泉 桂 (著)
円陣 闇丸 (イラスト)




(あらすじ)

禍々しくも淫らな血統の清澗寺伯爵家―
その次男・和貴は、深沢に支えられて業の深い一族を背負っていた。
だが、深沢の義弟の出現で、恋人の過去と向き合う羽目になる。
折しも父の冬貴が倒れ、血族を担う重圧に追い詰められた和貴は、
深沢を愛するあまり彼から離れようと決意し…。

雑誌掲載作に加え、
初代伯爵・貴久の掌編、
冬貴の伏見への深遠なる想いを描く書き下ろし作品も収録した、
清澗寺家シリーズの第一部完結編・上巻。


雑誌掲載作は読んでおりましたが

今回冬貴編も加わって華やかにに一部完結編です

しかも全員プレゼントに200Pにもなる豪華な小冊子が

すでにもう決定しているとなれば

買いはきまりです(笑)!


「宵闇」書き下ろし。貴久と、嵯峨野によるプロローグ
「終わりなき夜の果て・前編」2007年小説リンクス10月号掲載分の改稿。和貴編。
「罪の褥を満たす愛」書き下ろし。冬貴編。
「滴る蜜」書き下ろし。終わりなき~後の相変わらずな日常を描いた小編。

「終わりなき夜の果て・前編」

和貴の冬貴にはない弱さ、脆弱さというか肉欲に弱い部分はそのままに

けれど心は果てしなくもろい部分を深沢という男に支えられることによって

清澗寺という闇の眷属を背負うことができているのだということがすごくよくわかった

本篇でした。

深沢という男の過去を知り、

自分という存在を支えるために何もかも捨て去ったことを知り

これでいいのかと迷い悩み傷ついた結果

自分のために深沢という男をこれ以上振り回せてはいけないと思い

深沢に殺される道をえらびます。

愛する男に手をかけてもらうという至上の幸福に浸りながら

誰よりもその男を愛していることに思いを馳せる。

それほどまでに愛した男と共に生きることを選ばなくてよかったこと

清澗寺という闇に自分だけでなく深沢まで巻き込まなくてもよいということに安堵する。

けれど、それ(死)は自分のものだけでなくてはならなかった。

深沢まで後追いするからと聞いたその瞬間

死ぬことが怖くなるのです。

自分だけの死ならば至上の幸福を永遠に手に入れることができますが

愛する男を死なせることはどうしてもできないことなのです・・・

脆弱な心でいつも終焉を望むばかりであった和貴でしたが

清澗寺という闇に壊されるならば、愛する男に壊されてしまうことを望むのでした。

清澗寺という棺と

ともに生き、ともに囚われ、ともに朽ち果てるのならば

幸福なのだと思うことができた和貴の成長が読めてよかったです。



「罪の褥を満たす愛」

冬貴の物語です。

清澗寺の最後の闇として生まれ、それとして生きることに何の思惑も感情も持っていません。

無垢な存在としてほとんど自分について語ることのなかった冬貴が

今回は語っております!

ある事件を契機として情人である伏見に縁談の話がでてくるのですが

そのことに話が及ぶと軍刀に手を伸ばしその切っ先を伏見に向けるのです。

「おまえは私を娶った。二人も妻はいらないはず」と言い切る冬貴

自分には妻子がいて、無数の男女と寝ていることを嵯峨野に追及されると

自分には義康だけでいいと言い切るのです。

血のひとしずくまで自分の物だから枯れ果てるまで寄こせと淡々と言葉を紡ぎ

義康が死んだら自分も死ぬと揺らぐこともなく伝えるのです。

これを神谷さんボイスで聞きたくてCD(三枚組)を買おうとはやっていたら

あんまり聞かないCDに無駄遣いをしないようにと娘から教育的指導をうけました・・・;;)


いままでのお話の中で分かりづらかった部分

なんでだろうと思っていた部分が綺麗に整理されて語られていて

まさに第一部の完結編として読み応えが十分に会った一冊でした。


拍手いろいろいただきましてありがとうございます<(_ _)>
励みになります♪♪






拍手[6回]

バロックの裔―無垢なまなざし(和泉 桂)

バロックの裔―無垢なまなざし (リンクスロマンス) [単行本]
和泉 桂 (著)
梨 とりこ (イラスト)




(あらすじ)

華やかな都とは対照的に、悪党たちが暮らす砦『バロック』。そこでスリの修業をした少年・三春は、都で初仕事の獲物だった青年・良成と再会する。華族の良成は優しく理知的で、三春の罪を責めずに親切に接してきた。生きる世界が違うと知りながら、良成に少しずつ惹かれる三春は、子爵家の跡継ぎの座を巡る陰謀に巻き込まれた良成を守るために、バロックの仲間の手を借りるが―。一途な純愛ゆえに罪を犯す、ピカレスクロマン登場。


裔の意味がわからなかったので調べてみました・・・

えい 【×裔】

[音]エイ(呉)(漢) [訓]すえ
1 遠い子孫。「後裔・神裔・苗裔・末裔・余裔」
2 遠い辺境。「四裔」
◆原義は、着物のすそ。


このお話は2世紀半にもわたる鎖国からようやく解き放たれた皇國(こうこく)のお話です。

この国には二つの都がありまして「皇都」という国には善良な民が住み

「バロック」と呼ばれている都は邪悪な民が住むところと住み分けがされております。

今回のお話はバロックに住んでいるスリ見習いの少年と

皇都に住んでいる華族の心やさしき青年の恋のお話でした。


本篇はこのシリーズの最初の本でもあるせいか

世界観とそれを取り巻く人間たちのことに多くのページー数をとっているせいか

ふたりの恋のはじまりとか、その行方とかは

ちょっと淡々と進み過ぎているせいか

なかなか恋物語に集中できませんでしたが

悪の街に住みながらも、その優しい心根を持ち続け

けなげに青年を想い

青年を陥れようとした父親を反対に陥れたりします。

その気持ちは永遠に伝わらなくてもいいとばかりに

女性の身代わりになって身体を差しだしたり

結核と言う病にかかり、療養が必要なのだけれど

そのお金も人に頼るだけならとこっそり野垂れ死にをえらぶとこなど

せつなさといじらしさがすごくよかったです。


でも・・・・

このお話では脇役なんですが、

凄腕の詐欺師である桐谷とその情人?である侑生との隠微な関係が

ぞくぞくするほど怪しくて素敵なのです(笑)

バロックの悪人を追及する弁護士であり伯爵家の長子でありという

クールビューティが詐欺師の桐谷に翻弄され肉体で絡め取られているのです~

こちらのカップルは雑誌と新書の予定となっているそうで

待つ楽しみができました♪

拍手[1回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People