忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ロクデナシには惚れません   ( 李丘 那岐)

ロクデナシには惚れません (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
李丘 那岐 (著), ヤマダ サクラコ (イラスト)

ロクデナシには惚れません (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)

元白バイ隊員の伊崎が刑事を志したきっかけ、それが南元だった。そんな人と組んで捜査に奔走する充実の日々―のはずが、憧れが恋へと変わるのに時間はかからず、当の南元は同時に何人も愛せると言って憚らない博愛主義者だった。南元への尊敬と落胆と恋情の狭間で煩悶するある日、伊崎は衝動的に「俺と寝てみますか」と持ちかけてしまい…!?




あらすじが好みだったので購入いたしました。

でも読んであたしの萌ツボにきっちり入ってくれました。

一日エロ可愛い気分で過ごすことができたことを報告させてくださいね(笑)


自分の性癖を自覚し、幼なじみの親友に告白した過去がある受け

幼なじみを信用していたゆえのことだったのですが、激しい拒否反応にあい

自分のなかの悲しみを消化できないまま生きてきました。

そんなふうに熱いものを抱えたまま冷めて生きる自分に嘲笑しているかのような伊崎が

恋した男は究極の博愛主義者の南元でした。

ろくでもない生き方しているくせに妙に魅力的で可愛いいのですよ~

ますます南元に惹かれながらも遊び相手だからと常に身を引こうとしている

伊崎の切ない感情に心ひかれたお話でした。

お話もよかったし

南元の破天荒でちゃらんぽらんでろくでもない生き方をしているくせに

妙に魅力的なキャラもよかったし

せつなくて純粋で、それでいてすでに夫夫何十年家のようなポンポン言い合える

言葉遊びが楽しくってつい仕事中に反復横跳びしそうになったことは

内緒です(笑)

拍手[1回]

PR

空を抱きしめる(李丘 那岐)

空を抱きしめる (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
李丘 那岐 (著), ヨネダ コウ (イラスト)

空を抱きしめる (幻冬舎ルチル文庫)



(あらすじ)

鳶・土木業の傍ら非行少年の更生を引き受ける阿万崎家。その長男・郁己は周りへの反発から、ゼネコン勤務の今に至るまで優等生を続けている。だが、少年たちの中にあって不思議と荒んでいない大信とは気が合った。勉強熱心で勘も良く、若くして鳶の職長になった大信は眩しく、安らげる存在―そんな相手から「好きだ」と告げられた郁己は…。


これはまさしく挿絵買いした一冊ですが

思いがけず楽しくわくわくしながら読めました。

挿絵の効果がものすごくあたしてきにはあったということと

お話のテンポがよかったこと

当て馬くんのあの底意地悪そうで腹黒い感じが好みだったこと

脇役のひとたちに個性が程よくあったことでしょうと思います。


そういえば以前にもこの作家さんの作品「夜明けの声は甘く」がリブレだから・・と買うのを

ためらっていたのですが夏目さんの挿絵で購入した記憶が・・・

そして主人公達もおもしろかったのですが個性的な脇役(和菓子)に心魅かれた記憶が・・

成長がまったくもってみられないようです・・・(笑)


今回のお話はガテン系大型犬×優秀なサラリーマン

鳶・土木業の傍ら非行少年の更生を引き受ける阿万崎家の長男として誇りは持って

生きているのですが、いかんせん高所恐怖症という弱点がありまして

実家を継ぐことはできずに大手のゼネコンに勤務しております。

非行少年たちと無理やり触れ合わされた結果

大好きだった年上の男にひどいめにあわされ

非行少年たちとどこか一線を引いてしまってます。

そんな不器用で優しい郁己の心に自然に入り込んできた大信(大型わんこ攻め)

好きだ好きだと押せ押せで攻撃してきて

またその攻撃が不快でない時点でもう両思いみたいな気がするのですが

過去非行少年として家に預けられていた田上と再会します。

田上とは仕事の上でかかわりをもつようになり振り回されるのですが

じつは田上は過去の自分があまりにも酷すぎて郁己を傷つける結果となってしまったことで

贖罪の意味合いで再会を演出してきたようなんですが

根が素直じゃない腹黒さんなので素直に反省の言葉が口にだせずに

逆に郁己を困られるようなことになってしまうという・・・

そういったいろいろな出来事を乗り越えてふたりが素直に恋に変化していく過程が

楽しく読むことができました。



当て馬?である田口も実は会社社長である行人になんか尻にひかれている気配が

するのですが、そのふたりはどういう関係なのかスピンオフで読みたいようなきがします(笑)

それから一番印象に残ったのが少年趣味のやくざのために

自分の小さなころの写真をやって実際に手をだすなと脅しつけられていた

やくざと30歳なのに中学生にしか見えないやくざの恋の物語でもいいのですけど~

挿絵買いでスマッシュヒットなこの一冊

未読のかたいかがでしょうか(笑)?


コメントレスです♪

hitominさん
こんにちは!はじめまして!
こんな辺境のブログに訪れてくださってありがとうございます。
しかもブックマークまでしてくださっているなんて・・・
分不相応ですがとてもうれしいです。ありがとうございます!
『DEADLOCK』シリーズでは一番好感度が高いというかゲイでないのが残念なネト
でも傷心の友達のために寝てあげれる度量の広さと優しさがよかったですよねー
この作品はほかにも小冊子とかで番外編が多いので
もう一冊にまとめてくれないかしらね。

コメントありがとうございました!
またよろしくお願いいたしますね









拍手[3回]

夜明けの声は甘く (李丘 那岐)

夜明けの声は甘く (ビーボーイノベルズ) (単行本)
李丘 那岐 (著)
夏目イサク(イラスト)

(内容)

和菓子屋店主の佑磨は、商店街のひそかな人気者。高校の時、夜逃げ同然で佑磨の前から消えた幼馴染みの一陽に、好きという言葉もなく抱かれたことがずっと胸につかえている。商店街の活性化にいまや人気ソングライターの一陽を担ぎ出そうと、悪友・孝志が佑磨さえも巻き込んで、夏祭りで新曲を披露することに。久しぶりの再会に戸惑う佑磨は、おまえのためならなんでもすると言いつつ冷たい態度の一陽に怒りだし…。切なく甘い再会ラブ。



リブレだからなぁ・・と購入を考えていたのですが
 
夏目さんのイラストが好きなので買っちゃった一冊です。(笑)

和菓子屋さんを生業とするのが受けクンなので本編中に

やたらあんこや和菓子やカルメ焼きがでてきます。

そしてその一個一個の表現がなんとも甘くておいしそうな雰囲気が漂っておりまして

内容も再会愛なのであいまってより甘く甘く、あくまでも甘いです。


和菓子屋さんの一日はあんこを作ることから始まるようです。

その作業の傍らにはラジオからのパーソナリティの声

その低く落ち着いた声はどちらかというと朝よりは深夜向け

休日ならば二度寝を誘いこんじゃうこと請け合いのその声の持ち主はKai(一陽)

昔からの幼馴染で夜逃げ同然にいなくなったそいつはこともあろうに

夜逃げ直前に佑磨のことを強姦していったのだった・・・・

それから八年の月日が流れたのだった

音痴のくせにいい曲を作る一陽はいまやソングライターとして

押しも押されぬ存在となっている

なのに・・・

なのに佑磨には連絡もくれないそういうやつなのにどこか憎めない。


そういう一陽に幼馴染の腹黒い策士の孝志は町内会のイベントに出席させて

町内の活性化のために利用してやろうというのだったが

会いたいような、それでいて会うのが怖いような佑磨

けれど思い切って会ってみたら不思議なほど時間の流れは感じられなくて

イベントのために協力しながら、

まるで昔の時そのままの楽しい時間を過ごすことができるのでした。


幼馴染からだんだんんと恋人になっていく過程と

イベントを通じて昔からの楽しみを思い出すことができた佑磨と一陽

脇役の佑磨の歌に執着する先輩君とか

あおの弟でバンドを組んでいるミユージシャンとか

みんなが生き生き書かれてて楽しい一冊でした。

エロも甘いけど薄めであっさりとしてましたが、楽しく読むことができた一冊です。



拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People