忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

50番目のファーストラブ (月村 奎)

50番目のファーストラブ (ディアプラス文庫) [文庫]
月村 奎 (著), 高久 尚子 (イラスト)

50番目のファーストラブ (ディアプラス文庫)



(あらすじ)

美貌の社長令息・山下瞬介の趣味はセックスだ。中三から二十歳の現在まで、49人の女と楽しくやってきた。ある日瞬介は友人の翔から彼の兄・健に引き合わされる。平凡そうで案外曲者の健は瞬介の癇に障り、この男をぎゃふんと言わせてやると決意。色仕掛けで落としたところを手ひどく振るつもりで健に接近する。けれど健をメロメロにする予定が、瞬介のほうが健にどきどきするようになり…?曲者リーマン×小悪魔大学生の、純情メモリアル・ラブ。




これは表紙が普通なので?けっこう病室でも普通に広げて読めました(笑)

こう考えたらいつでもどこでも楽しむためには表紙ってけっこう重要なんだなと

気が付きました。

カバーつければ済むことなんですけど

何冊かの本を常に持っていてそのときの気分次第で読みたいものをきめるので

それもちょっとめんどくさいのですよね・・・


あたしのなかでは作家さん買いのかたです。

作者さんがあとがきにも書かれておりますが「金太郎飴作家」さんですが

そのお決まりの金太郎あめのテンプレの中で様々な萌えを味わさせていただける

作家さんです。


今回のお話は曲者リーマン×小悪魔大学生のお話でした。

普通の、ほんとうにごく普通のサラリーマンで、性別「母親」の女性と

ごく普通に結婚しそうな大人の男性と

天衣無縫な母親に育てられ、その母に心酔するあまりに

自由奔放であろうとがんばって無理して背伸びして恋愛?のような

肉体関係をもって生きてきた大学生君の恋のお話です。

恋だと気が付かないままリーマンに絡んでいく瞬介の

勘違いっぷりがほんとうに変でかわいいのです(笑)

口説かれているリーマンの健の気持ちになって楽しく読むことができました。


コメントレスです(^^♪

まるさんおひさしぶりです!
「初恋迷宮」鳥谷さんにしてはたしかに変態っぽくない攻めでしたよね!
これはあたしが変態に慣れたせいか、はたまた蓮川さんの美麗な挿絵効果?
と悩んでおりましたがまるさんもそう感じられるのでしたら
あたしは間違ってないのですね(笑)
>破れ鍋に綴じ蓋のカップルでいいんじゃないでしょうか。
うんうん、もう途中ふたりのすれ違いな気持ちのまま
エロエロ楽しんでいるあたりはもうその言葉でしか語れませんでしたよね・・・
>椎名の両親との対面は面白かったです。父が可愛かった。
うんんたしかに
素直じゃないツンデレな父に惚れちゃいそうでしたが
そんなことしたら、あの静かなお母様に締められちゃうでしょうね(笑)

いろいろご心配おかけして申し訳ないです。
これからも元気で楽しめるようにがんばっていきたいです
よろしくお願いいたします<(_ _)>

そしてそして・・とうとう魔のフェアーの時期がやってきましたね。
あたしの家から車で一時間半かけていく本屋さんでフェアーを開催しているのですが
最近ではもっぱら通販です。
実店舗でも通販でも悩みどころは同じです~
買いたい本が見つからないんですよね・・
買い控えていた本がそのままフェアー対象本ならいいんですけど
そうそううまくいかないんですよね・・・
雑誌も買わなきゃだし、お財布がすごく軽くなりましよね(^_^;)
ルチルはSSカードももらえますが、雑誌と連動で小冊子もあるのですよー
普段は読まない漫画雑誌を買うという苦痛を乗り切ってがんばりましょう!

lisaさんこんばんは
お見舞いとお気遣いありがとうございました。
ようやく一息つけてほっとしてます。
平穏無事って大切ですと今回実感いたしております。
世界中がみんなで楽しめたり幸福であるために平和であってほしいと
願っています♪

コメントありがとうございましたm(__)m

拍手[2回]

PR

眠り王子にキスを   ( 月村 奎)

眠り王子にキスを (SHYノベルス313) [新書]
月村 奎 (著), 木下 けい子 (イラスト)

眠り王子にキスを (SHYノベルス313)



(内容)

もう、一生、恋はしないと決めていたのに・・・
傷ついた心を
優しく癒してくれる
月村奎の物語!!

デリのオーナー兼シェフの堀篤史には、気になるお客がいた。
人懐こい笑顔にスーツがよく似合うサラリーマンと思しき男だ。
週に二回ほどやってくる彼とかわす会話が、最近の密かな楽しみだった。
彼の人懐こい笑みを思い浮かべると胸の奥に小さな火が灯るのだ。
でも、傷ついた過去の経験から、篤史はもう一生恋愛をしないと決めていた。
それなのに、彼──宮村に料理を教えることになって!?
番外編コミックス(木下けい子)『赤ずきんちゃんの誘惑』も特別収録!





月村さんのデイアプラスでの作品が好きでしたので

新レーベルでどういう風になるのかちょっと不安でしたが

新しい部分といい部分がちゃんと噛み合っていて良い作品になっておりました。

過去自分の性癖のせいで家族に傷をつけてしまったと感じ

常に自己評価を低く生きてきた堀

デリのオーナーであり、料理教室の講師もしており

傍目から見たら順風満帆であると思われるのに・・・・

恋人もいないし、友人もいないと語る彼の生き方はどこか切なくて哀しいです。


気になる人はいます。

デリによくお買いものに来てくれている人懐っこい笑顔にスーツがよく似合う宮村です。

けれど時々サラダの量を多くサービスしてあげるだけ

見ているだけの恋なのです。

自分にはそれで十分と決め付けているのですよね・・・

宮村の出張のお土産をもらったりとか、料理教室に参加したり

電化製品を一緒に買いに行ったりとかのアプローチに全然気づきません(笑)

でも精一杯の愛情で堀を包んでくれるところが楽しかったです。


お話のインパクトとしては「いつも王子様が」のエスっけのある攻めがありましたが

これも心あたたまるいいお話でした。

鈍い・・・狼さんに恋した赤ずきんちゃんの努力を堪能したい方

いかがでしょうか(笑)

拍手[1回]

不器用なテレパシー (月村 奎)


不器用なテレパシー (ディアプラス文庫) [文庫]
月村 奎 (著), 高星 麻子 (イラスト)


不器用なテレパシー (ディアプラス文庫)




(あらすじ)
諒矢(りょうや)は幼馴染の颯(そう)に恋心を抱いていた。
高校二年の夏、うたたね中に颯にキスされて、颯も同じ気持ちだと確信した。
言葉を交わさなくても、颯との絆を強く信じた。
けれど俳優を目指す颯とともに上京した後、諒矢は颯に拒絶され、別離を告げられた。

あれから二年──。

喫茶店の主・大森に救われて住み込み店員として働く諒矢のもとへ、
人気俳優になった颯が訪ねてきて……?

胸ふるわせる、初恋スウィート・ペイン
 

雑誌でも読んでいたのだけど、書き下ろしが読みたくて購入しました。

不器用な恋を精一杯しているふたりの切ない初恋物語でした。

幼馴染としてとても大切な関係を持っていたふたり

たくさんの心地よい時間と、優しい思い出を積み上げているうちに

諒矢(りょうや)は幼馴染の颯(そう)に恋をしていることに気がつくのでした。

ある日うたた寝している諒矢(りょうや)に颯がキスをしてきて・・・

ふたりは両思いと確信し、言葉で確認したわけじゃないのだけど

二人の絆は揺るがないと思うのです。

ふたりの転機は颯が俳優を目指して上京したあとにやってきます。

苦しいけれど楽しい生活と信じて颯を支え続けたのですが

その支えすらもが迷惑だったと颯に拒絶され別離を告げられたのです・・・

悲しみの中で颯のいない世界に別れを告げようとしたところをカフェの店主に助けられ

住み込みで働くようになり、

颯のいない世界で生きていくことにも慣れてきたと思っていたある日

二人は再会するのでした。

また傷つくことが怖くて、颯が好きな気持ちは誰よりも強いけれど誰にも知られたくなくて

借りを返したいと詰め寄ってくる颯を拒絶するために

好きな人と暮らしているから邪魔しないでと嘘を付いてしまうのです。

以前のような関係でいたいという颯の誘惑に近い言葉を不承不承受け入れますが

恋心が消えたわけではありません。

それどころか以前より大きな恋心を抱えて切なく耐え忍ぶしかないのです。

一度拒絶されたから

有名な俳優だからとか

綺麗な女優の彼女がいるからと何度も何度も自分を戒めながらも

颯に会いたいという気持ちを抑えることができず、悲しい思いを繰り返すと分かっていても

会うことを止められない気持ちがとっても切なくてよかったです。

ちょっと泣きたい方いかがでしょうか?

拍手[2回]

恋愛☆コンプレックス (月村 奎)

恋愛☆コンプレックス (ディアプラス文庫) [文庫]
月村 奎 (著), 陵 クミコ (イラスト)

恋愛☆コンプレックス (ディアプラス文庫)



(あらすじ)

職場で性癖がバレたことから公務員を辞め、漫画を描いて生活しているゲイの朋樹(ともき)。
ある時、彼の日常に人懐っこい隣人・玲央(れお)が飛び込んできた。
見ている分には格好良い男でも、付き合いたいなどとは朋樹も思っていなかった。
ところが、なぜか玲央から「好きです」と告白されてしまう。
そんな都合の良いことを信じられないあまり、朋樹は暴走し……?

貧乏(?)大学生×ひきこもり漫画家、おとなり同士の逆・年の差ラブ


月村さんらしくなーいと巷で評判のこの一冊

たしかにエロイことが月村さんにしては多いかなと思うけど

あくまでも月村さんらしい突き抜けたコメディと思います(笑)

職場で性癖がバレたことから公務員を辞め、

漫画を描いて生活しているゲイの朋樹が

ある雨の日に拾ったものは貧乏(?)大学生

行き倒れている理由は・・・空腹のせい(笑)

朋樹が哀れに思って買いものからカップラーメンを渡すと

すでに電気も水道も止められていてせっかくラーメンをくれても作れないという・・

今どきの日本にこういう学生は居るんだろうか・・・と思いつつも

その貧乏(?)学生玲央(れお)がすごく格好が良いのですよ!

人懐っこくて可愛くてすごく素直で人間性がいいから余計にかっこよく見えるんでしょうけどね。

雨に濡れて空腹に泣いていると大型犬になつかれて、悪い気がしませんよね。

性癖のせいもあるし、その性癖ゆえに傷つけられた過去があって

人嫌いで社会と接触することに恐れを感じている朋樹ですが

玲央だけはすんなりと自分の空間に入れてしまっていたのです。

もうそうなれば恋としか言えませんよね!


恋のときめきと不安で・・といいましょうか

お酒の勢いで遊びなれた振りをして

玲央の上に乗っかってあれこれいたしちゃうのですが

それが妙にエロイ・・というよりは

なぜその方向に???と思っちゃったのですが

月村作品の受けはちょっと・・というか、すごくネガティブだけど、

思いつめたら何するかわからない破天荒さが魅力ですので

楽しくいただくことができました(笑)


コメントレスです♪

まるさん
「meet,again.」の感想ありがとうございました。
>栫と嵐の話は、甘くないラブストーリーでしたね。
>それぞれが、失われた物を探していてお互いのおかげ(?)
>で見つけてって感じなんでしょうか?
ほんとうにそのとおりだと思います。
失ったものを埋めるのにお互いが傷つけ合ったり、苦しめたりしながら
お互いでなくてはならないと気がつくお話出会ったなーと思います。
栫のわけのわからんさにきーーとなることがありました。
でも、同人誌を読んでようやく栫の人間くささが理解できたような気がします。
志穂と美夏兄弟のさりげない会話もいいですよねー
我が家にも美夏がひとりほしい(笑)
>二人が同じGの県にいるのか?どうなのかな?
文庫のあとがきのSSで栫の職場からバスで一時間ほどでのどかに鄙びた温泉街があって
ガラスの工芸品の土産物兼工房があってそこで嵐が働いているとありましたので
同じ県だとおもうのですよーー
栫なら、その工房の場所まで考えて職場を決めたようなそんな気がします。

あきりんりんさん
来月は予定なしですかー
でも他にも趣味がたくさんあるのでいろいろ選ばれているようなきがします。
崎谷さんの「きみの目をみつめて」楽しみですよね!
前作がすごく好きだったのですよーー( ´∀`)人(´∀` )
都会ではもう本屋さんに並んでいるらしいですが、僻地に住んでいるので
もう少し辛抱です(っ◞‸◟c)
>よく考えると私おいしい食事が描かれてるのに弱い(苦笑)
そういわれれば、これの前作も美味しそうなごはんやお菓子がごろごろでてきましたよね。
あたしも美味しいものは食べるのも読むのも好きです(笑)
そういうものを作るスキルはないので、余計に好きなのかもしれません(笑)
今度も美味しいご飯をまたご一緒できたら嬉しいです♪

散る散る、満ちる(凪良 ゆう)にコメントをくださった名前の無い方さん
書下ろしは出来た関係の二人ですので大変美味しくいただけますよ~
春さん、幸一と呼びながらも・・
いつかははるちゃん・こうちゃんになっているんじゃないかなぁと期待してます(笑)
きんぴらはおもちゃなんだけど、妙に存在感があってあたしも好きです!

コメントありがとうございました♪

拍手[1回]

すき (月村 奎)

すき (ディアプラス文庫) [文庫]
月村 奎 (著), 麻々原 絵里依 (イラスト)

すき (ディアプラス文庫)





(あらすじ)

小説家の瑛斗(えいと)が恋をしたのは、デビュー時からの担当編集者・井上。
仕事だから優しくしてくれるとわかっている相手に間違って告白して以来、瑛斗はいたたまれない毎日を送っていた。
そんなある時、井上が小さな娘を一人で育てていると知る。
相手のプライベートに踏み込む気まずさを覚えつつも、可愛い少女との交流に心和ませる瑛斗。
そして井上への思いをもますます募らせてゆくうちに……?


月村さんといえば「秋霖高校」シリーズもすきだったし

最近出た「ブレッド・ウィナー」も非常によかった。

そういえばブレッドも子持ちのお父さんが上kだったのだけど

今回は攻めが亡くなった妹と好きだった男の子供を大きくしている。

子供の存在が大きすぎてラブが薄いと言えば薄いのだけど

この萌々香ちゃんがじつに屈託なく可愛くていい子なのですよ~

実際この子が居なかったら

慎重派の担当編集者・井上と小説家でぽやぽやしている天然の瑛斗というのでは

まったくもって関係が進まなかったと思うのですよ。

初恋のお話というよりは家族の優しいお話という感じで読後感はよかったです。


拍手[0回]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People