忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Calling   (かわい 有美子)

Calling (花丸文庫BLACK) 文庫 – 2014/10
/21
かわい 有美子 (著), 円陣 闇丸 (イラスト)



(内容)

矢方怜は、日本特区所属の情報捜査工作員。軍事的に有用な特殊で強大な能力を持っているが、世間にはその存在は秘匿されていた。特殊な能力のためか、無口で無表情、無感情。周囲の物事にも無頓着で、生きているという感覚も稀薄な怜。そんな怜が就寝前の安眠のためバーチャルSEX装置を起動させると、突然相手が見知らぬ男に変化し「君を探していた…」と口づけを受ける。怜は、激しい胸の鼓動を感じ戸惑うが、三週間後、その男が極東ロシア軍の医師として実際に目の前に現れさらに動揺してしまう。男は丹沢斎と名乗り、「久しぶりだね、やっと会えた」とまるで自分を知っているかのように語りかけてきて…。



かわいさんに花丸のBLACK?と違和感を感じながら注文しましたが

編集さんにBLACKだとカラーが二枚になるということで引き受けられたそうです(笑)

見る側にとっても円陣さんの美しい挿絵と

かわいさんの近未来SFファンタジーがいい感じで整っており

楽しく美味しくいただくことができました(笑)


その特殊で強力な能力のせいで周囲からやや浮いた存在である矢方怜

そしてロシアから現れた謎の軍医丹沢

自分ですらもう思い出せない深層の世界に追いやられていた過去に何があったのか?


設定も特殊なのですが

すんなりと溶け込んでそのバーチャルな世界に自分のいるような気分になって

彼らの過去と現在とそれから未来を楽しむことができました。


たとえ他人の力によって過去を消され

今現在の感情や気持ちを抑制されていたとしても

お互いに必要不可欠な存在だと心のどこかで認めていたのでしょうね。

楽しく、じれったく読めた一冊です。


昔読んでいたハヤカワ文庫のSF小説の男の子たちの友情物語を

楽しんでいた方にどうぞー(笑)



そしてペーパーがついているのですが

過去の記憶も思いをなにもかも取り戻したふたりはお互いに亡命を果たし

ふたりの幸福な生活を得たのです。

海の見えるその家をすこしずつ手入れし生活していこうとするふたり

いつもはクールなその軍医さんがセクシーに踊るその場面に萌えました。

あーBLってほんと癒やしなんだなと実感(笑)






拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

無題

おはようございます。
私も買ってました~。
楽しく読めるんですね!!
それが一番ですよね!
アブノーマルな世界観が好きなので楽しみです。

今朝も寒いですね・・・。
どうかお風邪を召しませんように。

こんばんは~

おお、同じ本を買ってたんですね!
好みが似ているということで・・・
じゃあたしもアブノーマル(笑)!
あ・・元からわかっていたんですけどね。

BLでは珍しいSFファンタジー、近未来を予想される世界でしたが
するするとその世界観が入ってきて読みやすく楽しめました。

終始クールな攻めが実は執着、粘着、腹黒攻めというところに萌えてしまいました(笑)

寒さに弱いのでマフラーまで常備して冬仕様です(笑)
お互い身体に気をつけて楽しくBL充したいですよね~

コメントありがとうございました(*^_^*)

トラックバック

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People