忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たったひとつだけの恋 (月上ひなこ)



たったひとつだけの恋 (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
月上 ひなこ (著)
山田 ユギ (イラスト)

(内容)

江戸友禅作家・古森健二は30歳。麻生佑一の弟子だった健二は佑一の息子・日比野晃を子どもの頃からかわいがっていた。晃は高校生になった今も無邪気に健二に甘えてくる。ある日、晃にヤクザの愛人だと噂の同級生・日和を置いてほしいと頼まれる。仕方なしに承諾した健二の前で、日和は晃にやたらと迫っている。そんな二人を見て面白くない健二だったが…。



「友禅作家」シリーズでは最後のほんになります。

君が誰の隣にいても 」では可愛い幼稚園児であったあの晃くんのお話です。

あの可愛くて素直な男の子晃くんももう高校生に!

弟子としてがんばって友禅作家の修行をしていた健二も一人前となり

自分一人で工房をかまえてがんばって独り立ちしております。

甘えたがりの晃は姿かたちは一人前となり、健二よりも大きくなっておりましたが

性格は変わらないようで?あいかわらず

「健ちゃん~~~」と健二の自宅兼工房に押しかけては

なにくれとなく健二の世話をしていく日々を過ごしておりました。



そんな儚い均衡が破れたのは、

ある日やくざの愛人と噂されている同級生日和を預かってほしいと晃に頼まれたことで始まるのでした。

日和だけを預けるのではと、晃まで押しかけてきてなにくれとなく日和を甘やかしていく

そういう二人に心にわだかまるものを健二は感じていくのです・・


実は晃は健二に対しての激しい恋心をもっていて、十分大人の男として成長していたのですが

それを見抜けない健二の横にずーーといるためには幼い時のイメージのままが有利と可愛いふりをしていたようなのです

幼い時からの執着を持たれていて、それがいやでないのなら

こうこの恋の勝者は誰か決まりきってますよね(笑)

帯の煽り文句はこれです↓

「健ちゃんは俺の初恋で、俺のたったひとつの恋なんだ」



かわいい下克上の恋を堪能されたい方いかがでしょうか?


拍手[0回]

PR

そこに愛はあるのか (月上ひなこ)




そこに愛はあるのか (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
月上 ひなこ (著)
山田 ユギ (イラスト)


(内容)

老舗の呉服屋の次男・美濃幸彦は女性にモテるのが生きがいな男だが、現在失業中なため実家暮らし。実家の経営も厳しいらしく、その存続をかけ、人嫌いで有名な友禅作家・香月天禅を口説くよう命ぜられる。伊豆の工房を訪れた幸彦は無愛想な天禅の生活能力のなさに驚くが、強引に家政婦として住み込むことに。やがて幸彦は天禅の不器用な優しさに心惹かれはじめ…。



昨日の記事を書いてから、あわてて床に積んであった本を整理し

とうとう発掘してきました。

「友禅作家シリーズ」2作目は、「君が誰の隣にいても 」のはじめの方に

ちょこっと出でた呉服屋さんに次男坊さんと友禅作家さんのお話です。

前作は主人公がおとなしめでちょっとウジウジ悩む方でしたので

昼のメロドラマ系でお話は突き進んでおりましたが

これはがらっとかわってなんといいましょうか・・・・

ぜんたいがらっぱち系でした(笑)



会社が失業したことにより老舗の呉服屋の次男・美濃幸彦は車を手放したくはないゆえに

しぶしぶ実家に帰ることになりました。

生来女好き・遊び好きでありまして楽しく生きていきたい方でしたが

なんのこともなく実家の窮状を聞いて、

兄の代わりに山の奥深くに閉じこもって暮らしている変わり者の友禅作家に作品を依頼するために会いに行くのです。

聞いていた以上に変わり者の香月天禅でしたがある意味生活破たん?

というか日常生活能力というか家事能力がまったくなく

家全体がタンスがわりのおきっぱなし

料理能力は皆無で。。。食事は畑で野菜を収穫したまま、泥つきのままかじる有様です

あきれ果てた幸彦は香月の脅し文句にひるみながらも家政婦としてがんばっていくのです

幸彦もべつに家事が得意とかいうわけでなく、コンビニとかできあいの料理とかなくては生きていけないタイプなんですけど

なせばなるというかやろうとおもったら仕方なくやるタイプらしく

まぁまぁ食べれる料理と生きていくために快適な家事をしていきます。

そうして仕事に熱中する香月に魅かれていくのです。

ノンケだと信じている香月に向かって言い放ったプロポーズの言葉が


「ホモでも二人で支えあって護りあっていれば、幸せになれるんだぞ。

俺を信じてついてこい」



こんな男らしいプロポーズされたら、ついていくしかしょうがないじゃありませんかねぇ(笑)






拍手[1回]

君が誰の隣にいても (月上ひなこ)



君が誰の隣にいても (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
月上 ひなこ (著)
山田 ユギ (イラスト)


(内容)

江戸友禅の新鋭作家・日比野佑一の前に偶然現れたのは六年前に別れた恋人・久生暁也。当時美術教師だった佑一は、新入生の暁也の強引なアプローチのすえ恋人になるが、彼の将来のため、結婚すると嘘をつき別れたのだ。真実を知らず佑一のことを恨む暁也は佑一のもとに通い始め、やがて同居することに。暁也への想いを抱いたまま別れた佑一は、ずっと暁也が好きだったが…。



再読月間になりそうです・・・

というのも読みたい本がまだ手に入らないのです。

送料合わせのためにほかの発売日が遅い雑誌とも合わせて買うなんて

しなきゃよかったかなぁと軽く後悔中

ということで本の整理という名目で昔の古い本をまつりあげてきました



この本もよーく考えてみたら2005年の11月発行なんですよね・・・

月日がたつのってはやー

そして人間的に何の成長もないまま・・というか

退化(老化w?)あるのみの自分にちょっと悲しさも感じますが

相変わらず萌え萌えしていこうと思っています(笑)



江戸友禅作家として日比野佑一の前に偶然現れたのは六年前に別れた恋人・久生暁也

暁也とは高校の美術教師をしているときに出会い

真剣に恋愛をしていたのだけど、暁也の母によって引き裂かれた過去があった

暁也のために自分一人が心変わりしたように見せかけて別れたものの

恋の思いは変わることないまま月日は過ぎて・・・

同じように暁也もまた佑一を忘れきることないままホストになっていて

恋しいと思う心に代わりはなくても、もうあの時のように恋を貫くことはできない理由が佑一にはあって・・

そう暁也が自堕落に遊んだ蔭で身ごもった子供を佑一は育てていたのです

こ。。。これは昼めろかっ~~~

というくらい恋を貫けない他者からの理由がてんこもりになって追いかけてきますが

嫌いな話ではありませんというか、攻めのために自分は身を費やしてでもというのは好きな話です。

それに山田ユギさんの挿絵が色っぽくていいです。

まぁ改心した暁也のおかげでというか

なんとなくうまくまとまっていきます。

この友禅作家シリーズはあと何作かあって、たしか同人誌でもでていたような記憶があります

また探せたら感想をupしていきたいなー

と思っています(笑)



拍手[0回]

この血の果てに (月上ひなこ)



この血の果てに (幻冬舎ルチル文庫 つ 1-4) (文庫)
月上 ひなこ (著)
奈良 千春 (著)

(内容)

大学生の木下葉月は、アパートの火事で家をなくし、頼った友人宅にもいられず一夜を外で明かす。風邪で倒れた葉月を看病してくれたのは、日本画家・一ノ瀬蒼。蒼の家に居候することになった葉月に、蒼は絵のモデルを頼む。やがて蒼は葉月に執着し始め、葉月も蒼を受け入れ関係を持つ。しばらくは蜜月が続いたが、急に蒼が葉月を突き放し…。


花丸文庫の月上さんを想像して読んだらひっくり変えるんじゃないと

思われるくらいイメージがちゃいます

普段ならたぶん買わない作家さんなんですが

奈良さんの挿絵と帯の

「だったら一緒に地獄に落ちるか」

に心誘われて買っちゃいました(笑)

「花がふってくる」にいとこ同士は蜜の味とかかれていましたが

果たして父親と息子なら何の禁断の味なんでしょうか・・

まさか息子で試すわけにもいきませんが(笑)



母親から息が詰まりそうな執着と拘束をうけて育った葉月は

大学進学ともの上京してきますが、突然のアパートの火事と

親しいと信じていた友人から襲われそうになり必死になってにげたところを

日本画家の一ノ瀬蒼に拾われます

不思議な色香をもつ彼に心引かれながらモデルの仕事をしていくことで

二人は体だけでなく心も通じ合っていき

蜜月のような時間をすごすのですが、葉月の生い立ちをしってしまった

蒼は急に冷たくなり、葉月を突き放そうとするのです

実は葉月を捨てたというか、

葉月を妊娠したことをしった蒼は自分の血が残ることを恐れて

葉月の母親を蹴り飛ばして消えうせていた男だったのです・・・

蒼は自分も兄妹相姦によって生まれた存在であったし

心から惹かれた従姉妹と兄弟であったことに絶望したまま体だけのふれあいの関係を続けながら絵を描いていたのでしたが

葉月と知り合い触れることでようやくその呪縛から逃れるとおもっていたやさきの

親子であったという事実は重くのしかかり

葉月を突き放そうとするのですが、どうしても離すことも、離れることもできないまま

二人は二人だけの世界で生きていこうとするのです・・・・


最後の一文

この狂った血は、蒼と一緒に朽ちていくのだから。

がやけに印象的な小説でした













拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People