忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最凶の恋人 ―組員日記―   ( 水壬 楓子 )

最凶の恋人 ―組員日記― (ビーボーイスラッシュノベルズ) [新書]
水壬 楓子 (著), しおべり 由生 (イラスト)

最凶の恋人 ―組員日記― (ビーボーイスラッシュノベルズ)



(内容)

押忍。指定暴力団神代会系千住組部屋住み、木野佑作っす。最近日記を書き始めたので是非読んで欲しいっす!

最凶の極道・組長柾鷹が最愛の恋人にして姐さんな遙をたっぷり可愛がり啼かせる濃厚すぎるH場面に遭遇!
若頭・狩野のSMの館通いに付き合わされ、柾鷹のブツから型取りしたバイブの太さに驚愕する! (さすが組長! )

大人気「最凶の恋人」たちの知られざる夜の顔…! ?
リクエストNo.1「最凶」シリーズの大人気スピンオフ、書き下ろし有。しおべり由生が描く漫画「組員日記」も収録。




小説ビーボーイで連載されていたのであらかた内容はわかっているのですが

大幅に加筆修正されていましたし

漫画も掲載されていたので楽しく読めた一冊です。

いままでの「最凶」シリーズで誰が一番影で苦労していたか

しみじみとわかる一冊です(笑)

遥さんが海外に逃亡していたあのとき、組長が飛行機苦手な自分を叱咤しつつ

真剣に考えたことといえば

自分のブツの代用品を作って遙に送ることでしたよね・・・

あのブツをつくるためにどれだけ大変だったのかという裏側も面白かったのですけど

それを作るための方法やらなにやらあやしげな世界にも足を踏み入れている

若頭の存在が一番印象的でした。

そういえばお世話役として幼い頃からあの組長に影に日向にと面倒をかけられていましたよね。

うーん

この世界の一番の黒幕は案外若頭でしょうか(笑)?


コメントレスです♪

あきりんりんさん
こんばんは~
期待通りすごく楽しい一冊でしたよね!
雑誌の方はまだまだこれの続きも載っていた記憶があるので
続きもすごく楽しみです~
あずにゃんはすごく将来が楽しみな存在ですよね。
風格のある姐という存在としても、母としても妻としてもいい味がでそうな存在ですよね。
あたしも女性の存在がBLには邪魔かなと思うことありますが
この人は魅力的です。
新装版はあたしも全部持っているわけじゃないんですが
フェアーとかなんたらかんたらのときにちょこちょこ買い足しております。
描き下ろしがあるとつい買っちゃうのですけど
ほんというとお財布にやさしくありませんね(^_^;)

>姐さんたちとお酒のんだ話読んでないので少し残念です
家の要は姐という感じで楽しく読めた記憶があります。
本の置き場に困ることとかいろいろありますが読んで楽しい一冊でしたので
フェアーとかなんかありましたら購入を考えてみるというのでいかがでしょうかw?
(決して出版社さんからの回し者ではありません(^^ゞ)

コメントありがとうございましたm(__)m

拍手[1回]

PR

最凶の恋人 ―例会にて―   ( 水壬 楓子 )

最凶の恋人 ―例会にて― (ビーボーイスラッシュノベルズ) [新書]
水壬 楓子 (著), しおべり 由生 (イラスト)

最凶の恋人 ―例会にて― (ビーボーイスラッシュノベルズ)



(内容)

「親分さんたちに感じまくってるところを見せてやれよ」
千住組組長・柾鷹の最愛の恋人遙はトレーダーとしての才を表し、巨額の金を生む存在だと系列の組長たちに目を付けられる。
だが柾鷹はあくまでも遙は自分のオンナだと譲らない。
緊迫した空気の中、関東一円の組長たちの前で柾鷹は遙を抱く…!
満座の中、貪られ喘がされ貫かれてとろかされる遙。最凶の男が見せる恋人の守り方とは!?
大量書き下ろしの待望の最新刊!




いろいろあっても崩れないふたりの個性が大好きで

黒ラキの頃から愛読しておりました。

千住組組長・柾鷹の最愛の恋人遙はトレーダーとしての才を表し

巨額のお金を生む存在だと系列の組長たちに目をつけられ

愛人としてより有利な条件をつけるからとヘッドハンティングされまくっております。

集団心理が働いて、系列の組の集まりで

ほんとうはオンナなんかじゃなく、

ただ金を生む存在を自分のものだけにしておきたいからということで

遥を囲っているんじゃないかと疑われピンチの立場の柾鷹でした。

たとえ柾鷹が自分の為を思って海外と言われても

恋人である遥には到底飲めないことなんですよね。

緊迫した空気の中、関東一円の組長たちの前で柾鷹は遙を抱くのですが

これがまた潔いのですよー

遥の姐としての資質が全開なこのお話

エロさも愛もギャグも十分に詰まっていて堪能出来した。(笑)

最凶というのはもちろん遥のことですよねーと組長とお酒を交わしてみたいです。



拍手[4回]

ダミー (水壬 楓子)


ダミー (リンクスロマンス) [新書] 水壬 楓子 (著), 佐々木 久美子 (イラスト)
ダミー (リンクスロマンス)



(あらすじ)

人材派遣会社『エスコート』の調査部に所属する環は、オーナーの榎本から、警備対象の影武者になる仕事を引き受けさせられる。その間、環のボディガードにあたるのは、警視庁のSP・国沢だった。彼とは大学時代の同級生で、かつて環は彼に想いを寄せていた。しかし辛い恋の経験から、それを告げずに彼の前から逃げるように姿を消した環。約十年ぶりに再会し、共に行動する中で環は捨てたはずの国沢への想いを再び募らせていき―。
このエスコートシリーズで水壬さんのファンになったという(笑)

だから再びこのシリーズにあえて嬉しいです♪

いつものメンツにも出会えるし、

新しい魅力的なカップルと恋と事件も堪能できるし

なかなか美味しい一冊でした。

これと、あと一冊でこのシリーズも本当に終わるとのこと・・

ちょっと寂しい思いはありますが、水壬さんは精力的に同人誌出してくれますので

また甘い甘いエロいお話を楽しみに待てばいいんですよね。



ということで今回のカップルは

警視庁現役SP(国沢)×人材派遣会社調査部所属で元大学の同期(環)

そして再会モノです。

大学の同級生同士であったふたりでしたが

お互いにひかれあってはいたものの環には家庭の都合で男の愛人をしていた過去があり

またその愛人関係であったものの、

初恋が叶うことがなかったことで

恋に臆病になっていた環ですから恋を告白することはできなかったし

国沢にとっても大人の男が環の好みなんだろうかと思い悩んでいたのです。

卒業を契機にもう会うことはないからと強引に環は国沢を押し倒しちゃい

そのまま逃げさるように国外に留学してしまい11年の月日が流れていたのです・・・

ある日『エスコート』の調査部に所属する環は、オーナーの榎本から、

警備対象の影武者になる仕事を引き受けさせられるのですが

その間、環のボディガードにあたるのは、警視庁のSP・国沢だったのです。

再会し一気に恋が再燃しちゃうのかと思っていたら

案外淡々と仕事をこなしていく国沢

恋がにじみ出そうになるたびに必死になって自分を抑える環が

すごーく切なくて悲しくてよいのですよ~~。

恋と仕事と事件がいいスパイスになってテンポの良い一冊になっています。

他のシリーズを読まなくても十分に切ない恋を堪能できますので

切ない恋と事件とお仕事を楽しみたい方いかがでしょうか(笑)?


そして、水壬さんのブログでこのお話の裏話が説明されていております。

この再会が仕組まれたものであるかどうかとか

環が部下とはいえ由惟を名前で呼んじゃうものなのか

疑問について答えてくれてます→☆彡

コメントレスです♪

あきりんりんさん
「嵐のあと」の二年後のお話も収録されておりましいたよ~
相変わらずちょっと気難しい榊と、
なにも考えず流されているようでしっかりと動じない岡田は
変わりなくジタバタ日常生活を送っていて大変楽しい一冊でした(笑)
ただこれでこのシリーズ終りになったら・・
ちょこちょこ小冊子で書かれていた短いお話たちは
どうまとまるかとちょっと心配です(笑)
4月までにお互い体調を整えて頑張りましょうね( ´∀`)人(´∀` )

コメントありがとうございました!






拍手[3回]

最凶の恋人―ある一つの賭け(水壬 楓子)


最凶の恋人―ある一つの賭け (ビーボーイスラッシュノベルズ) [単行本]
水壬 楓子 (著), しおべり 由生 (イラスト)

最凶の恋人―ある一つの賭け (ビーボーイスラッシュノベルズ)



(あらすじ)

千住組組長・柾鷹の「愛人」として極道界で有名となった遥。ある日、薬を飲まされ拉致された遥に、沢井組の若頭・小野寺が突きつけた要求は「柾鷹と別れること」だった…。折しも柾鷹とケンカをし家出中だった遥を、柾鷹は探し出すことができるのか!?どろどろに溶けるような快楽と、全てを我が物にする傲慢さで遥の人生を奪った柾鷹を賭けた、遥の「賭け」の結末は―!?BL界で伝説の「最凶」シリーズ、7年ぶりの書き下ろし新刊。
 
今はなき黒ラキででていらい七年ぶりの書き下ろし出版なのだけど

水壬さんは同人誌でちょこちょここの二人を書いてくれているので

あたし的には七年ぶりという感じではないのです。

やっぱり楽しく読める893ものというイメージにブレはなかったです。


千住組組長・柾鷹の「愛人」として極道界で有名となった遥でした。

あの法事の日からほんの少しの時が経っているというときです。

遥命の旗をあげた柾鷹と添い遂げる本当の決心をつけた遥ですので

たとえ別の組みに良い条件をだされようとも

柾鷹に本妻が現れるかもしれないから別れてくれと頼まれても

心には波ほどのゆらぎもなくただ静かに柾鷹が迎えにくるのを待てるのです。

その覚悟ができている遥の拉致をめぐって

いろいろな面から見たお話が書かれておりました。


遥がなにかしたら、もしくはなにかあったら動くのは柾鷹なんだけど

柾鷹(組長)が動いたら

その百倍は苦労して労働しなきゃいけない狩屋(若頭)・・・という構図は

永遠に変わりのないようです(笑)

苦労が報われる日が来るのかとちょっと同情したい人でした。

彼の救済はいつなんでしょうか(笑)



拍手[1回]

ハッピーエンド (水壬 楓子 )

ハッピーエンド (リンクスロマンス) [単行本]
水壬 楓子 (著)
水名瀬 雅良 (イラスト)




(あらすじ)

辛い恋によって心に傷を負った元エリート銀行員の三津谷雅至は、映画監督・木佐の個人事務所で働いていた。今ではすっかり事務所の雰囲気に馴染んでしまった三津谷だったが、若手美術監督の泰丸適とは予算絡みでいつも角を付き合わせていた。そんなある日、三津谷は叔母に呼び出され、しつこく見合いを勧められる。困り果てた三津谷は、偶然通りかかった泰丸に、強引に恋人のふりをさせてしまうが…。


過去好きだった男は出世のために品行方正でいなくてはいけなくって

けれど欲望はあってその処理のために三津谷は使われていたのですが

その男が結婚することが決まりその幸せそうな姿を見ることがつらくて

エリート銀行員を辞職し映画監督の木佐の個人事業所で働いておりました。

今ではすっかりその事務所の経理の鬼?となっておりまして

厳しく経理を管理しておりますが

最近の楽しみは美術監督の泰丸適と予算について戦い合うこと(笑)

顔を合わせて嫌がられて喜んじゃうところがある

素直になれない・・三津谷なんですけど

このふたりの会話の掛け合いがテンポが良くていいです

根底は嫌いじゃないのだけど、

予算についてしのぎをけずっているのが楽しいという関係がよくわかります(笑)


そんなある日、、育ての叔母に呼び出されお見合いを勧められるのですが

そのやさしくておっとりとした叔母が嫌いでないだけに

なかなか断るタイミングがみつからなかったのですが

偶然通りかかった泰丸に、強引に恋人のふりをさせて

勢いで叔母にカミングアウトしちゃうのです(笑)

弱みを握られた泰丸に三津谷は

泰丸のために一肌脱いで融資を頼みに行った銀行で過去の男と出会い

その男の「借りがあるから」という言葉に傷ついて強引に泰丸と関係をもってしまうのです。




俳優シリーズも6作目

読み応えのある作品で終わりました。。

書きおろしの2人の同居生活の日常の幸福を感じさせる短いお話もよかったです。

最後と言うことで今までに出たすべてのカップルのお話が

バトンリレー方式で載っています。

個人的に・・・オヤジがすごく好きなので

木佐監督と野田さんのお話が読めて楽しかったです(笑)

相変わらず強引で横暴で映画の鬼なんですけど

野田さんが火傷しそうになったら躊躇なく自分の手や顔でふさいじゃう男なんです~


同級生カップルの楽しい会話とかオールスターズが楽しめますが

オヤジで一番楽しめまよ・・と勧めさせてください(笑)


あおいさん

はじめまして♪
そのとき手に入れたくなかったのは・・
きっと小冊子の神さまが引きとめてくれたんですよ(笑)
小冊子も含めてたのしめという啓示かもしれません~
冷酷でニヒルででも中身は熱い情熱に侵されているデイオを堪能してくださいね

記事upを楽しみにしてくださってありがとうございます。
はっきりいってきちんとした感想じゃなく
ただただ自分の萌えを吐き出しているだけ・・・・なんですけど(笑)
そういってくださって嬉しいです。
またよろしくお願いいたします<(_ _)>





拍手[1回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People