忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

重婚プロポーズ (さの ふゆこ)

重婚プロポーズ (プラチナ文庫) [文庫]
さの ふゆこ (著), 中井 アオ (イラスト)

重婚プロポーズ (プラチナ文庫)



(内容)

花婿にも花嫁にも、なるわけないだろ!?

祖父が遺した邸を訪れた教師の智孝。
クローゼットを開けると、そこには可愛い少年・卯太が蹲っていた。
彼は座敷童子だと言う。
さらに突如現れた美貌の男・桂は、桂男だと言う。
なにやら邸とそこに住む者には特殊な役割があり、智孝に継いでほしいらしい。
けれど──「俺の花婿さんになって」「私の花嫁にしてやる」と、智孝との婚礼を望むふたりが、あの手この手で迫ってきて!?




時間がたつのが異常に早く感じられる今日このごろ

時間の流れが早まっていくわけではないのはわかっております・・・

おそらく自分の中の出来事とか用事とかいろいろなめんどくさい日常に対応する力が

弱ってきているというか、

あれをこなしながらこれもあれもとできなくなっているのだと思います。

年齢を重ねていくってこういうことなのねと気が付きました(笑)

ということで、春のお庭のイベントが近づいておりますが

カタログは手元にあるものの、作家さんのブログのチェックができておりませんので

当日はどうなるのでしょうかと途方にくれながら本を読んでおります(笑)

土曜日に無事にお江戸につけるかどうか不安になりそうです・・・



この作品は沙野風結子さんが『さのふゆこ』さんというお名前で書かれている作品です。

いつものシリアスなエロではなくライトなエロを書かれるために別名義?で書かれたそうです。

うん、たしかに沙野さんとなるとあたしの中でのイメージは

ぎりぎりのところで愛を貫いている受けさん、高みで苦しみながら愛を素直に表現できない攻め

みたいなけっこうな黒いイメージでしたので

こういう作風がまったく違うのなら別ペンネームでもいいかなぁという感じです。

他の作家さんも作風によってペンネーム変えられている方いたような・・・

薄い記憶もありますしね(笑)




今回は日本の昔話がベースにあって

可愛い少年・卯太(座敷わらし)×教師の智孝(普通の人間さん)×桂(桂男←妖怪です)

主人公が攻めでもあり、受けでも有り

三人でサンドイッチ状態でにゃんにゃんという

さのさんらしいエロ濃い目の可愛い?お話でした。

独特の世界観も昔話がベースにあるのでわかりやすかったです。

さらりとエロに浸りたい方いかがでしょうか?




拍手[4回]

PR

はなだま人魚   (沙野 風結子 )

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK) [文庫]

沙野 風結子 (著), 乃一 ミクロ (イラスト) 

はなだま人魚 (花丸文庫BLACK)





(内容)

相次いで親を亡くした帆高兄弟は、身体の弱い弟・八尋の治療費をまかなうため、
兄の正梧が教師の道を諦めて宝石店に奉公していた。
兄に申し訳なく思う八尋だが、正梧は宝石商の一人娘と婚約する。

「―おにぃを、盗られる」兄への独占欲に苦しむ八尋は体調を崩し、
介抱する正梧に自慰を手伝わせてしまう。
ある日、正梧は真珠の不作原因を調べるべく、母の生まれ故郷・常月島へと赴く。
亡き母から海に近づくなと厳命されていた八尋も後を追うが、
真珠の元諦めである常月芳朗から淫蕩な視線を送られて…!?

大正を舞台に紡がれる、妖しき兄弟の物語!!




エロエロがマイブームなので・・・まだまだ続きます。

でも今回は3Pじゃありませんことよ!って誰に訴えているんだろう・・

あ・・でも強姦はあったな・・

受けである八尋が半分人魚さんなので魚姦はありましたし

かなりダークな部分もあるので読む読者さん選んじゃうだろうなと思います。

昔読んだ童話の「人魚姫」のえぐ・・エロい版と思っていただければ

かなりな大人のダークファンタジー童話になる・・かな(笑)


相次いで親をなくしたために学業成績の良い優秀な生徒であった
正梧は

教師になりたいと思っていた夢を諦めて宝石商に弟子入りをします。

自分一人ならどんなに苦労しいても学業を続けたでしょうが

身体の弱い弟がいて

その治療費と生活費を考えると諦めざるを得なかったのです。

弟である八尋もそんな兄の気持ちは重々わかっているため

弱い体を鞭打って働く兄のために家事を精一杯頑張るのです。

そんなふたりの平穏な生活に亀裂が走ったのは

兄が弟の治療費をまかなうために、

その宝石商の跡取り娘と婚約をしてしまうことから始まります。

夢精も知らなかった体で必死になって兄を想い、欲望で絡みとろうとしますが

兄の婚約話は着々と進んでいこうとする日々

兄が仕事のために弟を置いていこうとするのです。

兄から離れたくないという気持ちで

一心に追いかけていく弟の健気さが可愛かったです。


そして物語の核心部分である
母の生まれ故郷・常月島で

二人はある秘密を知ってしまうのです。

島をでた母親が本当に愛していたのは誰だったのか、

島の裕福でありながら無気力で怠惰な生活を送っている根幹をなしている

真珠の生成の秘密は・・

そして、弟が半分は人魚であるという事実がわかります。

島の人々とのふれあいとか

人魚の生活とか生態というか・・

島のある一部の人間に酔ってどんなにひどい目にあってきたのとかが

汐野さんのリアルな文章でまるで、ほんとうにあった物語なのかもと

思わせられます。

人魚との性行為とか・・・

不老不死の妙薬としてどんなふうに人魚が扱われてきたのとか・・

夢に見てしまいそうです・・・(笑)


兄弟の愛の物語とも言えるし、

ダークファンタジーとも思えるこの作品

昔人魚姫を読んで夢見ていた過去の乙女たちにいかがでしょうか?



これを読んで昔読んだこれを思い出してしまいました。


拍手[1回]

蜘蛛の褥 (沙野 風結子)


蜘蛛の褥 (ガッシュ文庫) [文庫]
沙野 風結子 (著) 奈良 千春 (イラスト)



(あらすじ)

「自分で脚を開け。俺を欲しがってみせろ」涼やかな美貌の検事・神谷は、高校の後輩でやくざの久隅に大きな秘密を知られてしまう。それは、同性の同僚への密かな恋情…。久隅は神谷を脅し、身体を求めてきた。容赦ない蹂躙に澱む、恥辱と自滅衝動―。渇いた心は歪な悦びを知り、足掻きながらも搦めとられていく―甘美な毒に侵されるように…。待望の新装版、書き下ろしも収録。
 
蛇淫の血」のスピンオフ作品

神戸に行くバスの中でこの本を読もうと出したら

さりげなく開いた口絵には

大股開いておもちゃが足の間にある男同士が絡んでいる絵でした・・・

いえ、非常に萌えた奈良さんの挿絵ですが・・・

隣に座っていたおじさんと目が合ってしまったのです・・・

ごめんなさいと心の中で謝りながら別の本を慌てて探し出しました(笑)


過去の出来事により出来事の正しさを追求しようとしてしまう傾向がある神谷

その神谷に高校生の頃に出会い

強烈に惹かれはしたもののその想いがなんだったのかわからないまま

道を分かち合ってしまった後輩の久隅。

再び出会ったとき神谷は検察官として、

久隅は経済ヤクザとして立場は大きく違っているものの

どこか惹かれてしまうふたりなのでした。

秋霜烈日のバッチをつけ正しい検察官たれと生きている神谷なのですが

じつはこの人こそ病んでおります。

過去の出来事によるものも大きいのでしょうが

満たされていない、癒されていない気持ちを内包したままなのです。

その神谷の闇を一番理解し、誰よりも惹かれている久隅は

神谷が心の奥で慕っている男の本性をさらけ出させて

片思いに終止符を打たせるのです。

作者様によるとこのお話の目標は「意味のある3P」らしいのですが

そこらに至るまで二人の心情が丁寧にかかれているので

三人でのエッチが苦手な方にも受け入れやすいのではないのでしょうか?


コメントレスです♪

ゆうみさん
優しい提案ありがとうございます♪
図々しのですがお願いしてよろしいでしょうか?
お礼は・・後ほど手に入れたものをコピーしてお送りするのでよろしいでしょうか?

コメントありがとうございました。

拍手[0回]

蛇淫の血 (沙野 風結子)


蛇淫の血 (ガッシュ文庫) [文庫]
沙野 風結子 (著) 奈良 千春 (イラスト)



(あらすじ)

その日を境に、大学生の凪斗の平穏な日常は崩れ去った―。凪斗の警護を任されたという男・角能が現れ、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡目候補となり命を狙われていると言い放つ。己に流れる血を忌み怖れ、平凡な生活を必死に守ってきた凪斗。だが、護る者であるはずの角能に監禁され、冷めた眼差しで弄ばれる。「おまえは、俺に与えられた玩具だ」心も身体も翻弄され、淫らな熱に理性は浚われていき―。極道BLの秀作、書き下ろしも収録してついに復活。

 
このお話はすごく好きでした。

まず奈良さんの挿絵効果があったと思うのですが

汐野さんというかたに初めて魅せられた作品であったと思います。

この作品「蛇淫の血 」と「蜘蛛の褥」はf‐ラピス文庫から出版されていて

長く続編を期待したまま リンクスから「蛇恋の禊 」「赫蜥蜴の閨」とでていたので

「蛇淫の血」も新装版ででるならリンクスで出ていただければ

本棚に飾ってもバランスがいいなぁと期待していたのですが

まさかのガッシュから・・・

やっぱり本棚はでこぼこのままのようです・・・(笑)

「蛇淫の血」は実は過去に2回も感想を書いた記憶があるのです・・

感想を書いたことを忘れていたとも言いますが

それほど思い入れがあった作品なのだと思うのです。(笑)


今回の書き下ろしでは

「樹の林檎」を描き父親からの電報をうけとったことで

自分自身が変わることを知りスランプになっていた凪人が

「初恋」を描くことでスランプから脱しました。

けれどその初恋の想いを形にして書き表すことがどうしてもできません。

自分のものになってくれた角能

キスをしてセックスをして・・魂ごと自分に捧げてくれた

片思いの渦中の中で描かれた「初恋」よりも

いまのほうがもっと彼を理解しているはずなのに 今の角能の姿を描けない。

そういうジレンマを感じながら学校で大学生という立場と

跡目襲名を正式に行われるまでのしばらくの間という立場で生活しておりました。

岐柳組四代目となることを十分認識し

一般人というか、他人とのセーフティゾーンを開けていたのですが

岩泉ともうすこし語り合っあっていたくて

そんな凪斗をあざ笑うかのように事件がおきるのです。

その事件を境にして凪斗は現実自分の背負うべきものを思い知ります。

そうして自分のゆくべき道、とるべき態度を認識し

楽になるべき方法を知っていても 友情を切り離して生きていく決心をつけるのです。

平凡で人当たりのいいいまどきの若者であった凪斗にとって

これが最初の決別の時となり 成長していくに必要な痛みであるのでしょう・・・

子蛇の脱皮と成長は本人にとってつらいことでもあると思います。


今回のこの本と今月28日にでる「蜘蛛の褥」二冊で

書き下ろしSSを収録した小冊子を全員サービス!ということなのです。

今回は振込とかいらなくて

二冊の帯についている応募用紙と宛名カードと80円切手4枚で 応募できます♪

ええ・・また応募しちゃうとおもいます(笑)

拍手[1回]

「蛇淫の血」「蜘蛛の褥」小冊子を全員サービス!

以前f‐ラピス文庫からでていた「蛇淫の血」が書下ろしも加わって

ガッシュ文庫から新装版ででました。

短い書下ろしならパラパラと立ち読みして買うのをやめようかな~と

思っていたあたしに天罰が(笑)

というのも復刊を記念して「蛇淫の血」「蜘蛛の褥」の両方を買うと

小冊子がつくのです・・・・・

となれば買わなきゃいけないので買いました(涙

挿絵は書下ろしはなく昔のままでした。

昔の絵柄の方がこのお話には雰囲気はあっていたと思うのですが

今の奈良さんならどう書かれるのかちょっと興味があったので

ちょっと残念なような安心したような(笑)




蛇淫の血 (ガッシュ文庫)





「蛇淫の血」「蜘蛛の褥」全員サービスのお知らせ
人気シリーズ2作品の復刊を記念して、書き下ろしSSを収録した小冊子を全員サービス!
応募方法は対象商品のオビで確認してね。

【応募〆切】
2012年1月10日(火)必着

【対象商品】
ガッシュ文庫「蛇淫の血」(発売中)
ガッシュ文庫「蜘蛛の褥」(11月28日発売予定)

※発送は2012年3月からを予定しております。
※発送先は日本国内に限らせていただきます。
※申し込めるのは一通につき一口です。

拍手[2回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People