忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花嫁と誓いの薔薇: 砂楼の花嫁2   ( 遠野春日 )

花嫁と誓いの薔薇: 砂楼の花嫁2 (キャラ文庫 と 2-16) [文庫]
遠野春日 (著), 円陣闇丸 (イラスト)

花嫁と誓いの薔薇: 砂楼の花嫁2 (キャラ文庫 と 2-16)





(内容)

砂漠の国の王子・イズティハールと結ばれ、異国の王家に花嫁として
嫁いで新生活を送っていた秋成。そんな中、ついにイズティハールの
双子の弟王子・ハミードの婚約が発表されるが、ハミードは、いまだ
秋成への想いを断ち切れずにいた──。ところがある日、外遊中のイズ
ディハールを乗せた飛行機が墜落!! 生死不明との報せが入り……!?



設定がBLとしては??だったせいか

あたしとしては萌え萌えしたのですけれど今一歩な評価だったような気がする前作

そういいながらも、小冊子や同人誌がけっこうでているので

不人気だったとは思いませんし

ハーレクイン風味がすきな方なら二度美味しい設定を十分に堪能できた作品ですので

できましたら初めて読む方には前作「砂楼の花嫁」を読んでから

これを読んでいただきたいと思います。→以前の感想はこちら


今回は結婚して既に一年が経過しているイズティハールと秋成のお話です。

二人は相変わらずラブラブで幸福なのですが

どちらともいえない性である秋成ですが

幼い頃から男として生きてきました。

イズティハールもまたそのままの秋成であればよいと鷹揚に構えておりますが

弟王子であり、現在の皇太子であるハミードが愛なき婚姻を結ぼうとしておりました。

皇太子妃としてふさわしければそれでいいと選んだ婚約者から

王子の妻としてふさわしくあれと責められ

服装も王子の妻としてふさわしい服に改め、公務に励むようになり

女性としての性を選ぼうと決心するのです。


そういったある日ところがある日、

外遊中のイズディハールを乗せた飛行機が墜落!! 生死不明との報せが入るのです。

幸福の絶頂から一転して突き落とされる秋成に

ハミードが自分の物になるように言うのです・・・・


皇太子としてふさわしくあれと育てられたイズディハールは

ソーシャルな一面が強く自制心も強いのですが

気楽な皇太弟と認識付けられたハミードはそういう面は強くないので

夫を失っても、一生をイズディハールに捧げようとする秋成に対して待てのかまえができません(笑)

まぁあるいみそれが彼のいいところなんでようけどね(笑)

まさに帯に書かれているように

「心が兄上のものなら、身体だけでいい」

愛する人と同じ声、同じ顔で求愛されて!?でした。


一途にイズディハールを愛する秋成だからこそのお話なんですが

心の底でイズディハールにはない面をもつ弟王子と三人で仲良くでもいいんじゃないかと

腐った心で考えてしまいました(笑)


拍手[1回]

PR

秘虐の花嫁  (遠野 春日)

秘虐の花嫁 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
遠野 春日 (著), サマミヤ アカザ (イラスト)

秘虐の花嫁 (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)

若き皇帝ヴァシルは好奇心から周辺の小国・ヴァロス王国の第七王子アイシスを十二番目の妃に迎える。大国を治めるヴァシルと母が侍女であったため周囲から疎まれていたアイシス。境遇は全く違うものの孤独を抱え本質的に共鳴するところのあるふたりは無意識のうちに惹かれあうが、ヴァシルはアイシスを慰みもののように扱い淫虐の限りを尽くし!?




一目惚れとも気が付かず、

気まぐれと好奇心で周辺の小国・ヴァロス王国の第七王子アイシスを十二番目の妃に迎え

初夜からいろいろな意味でぶっ飛んでいるお話でした・・・

気まぐれで男の花嫁をもらったこの王様

愛することとか思いやりを示すなんてことはまったくもっていたしません!

性交の準備は下僕にさせて自分はただ突っ込むだけという・・・

しかも、婚姻後一ヶ月はその妻だけのもとに通うという風習があるようですが

男で妊娠しない妃だからなにしたっていいだろうと言い捨てて

他の男達に抱かせてもうね・・やりたい放題なんですよ。

これはBLなんですよー

愛はどこにあるのですか!と何回か自分に問いただしそうになりましたよ・・・

後半自分の幼馴染であり、友人であり、部下でもある男が

この妃に興味をしめし、優しい態度を見せてい抱きしめたら急にヤキモチをやいて

初夜からはじめてアイシスを抱きしめてから

このなんともいえない快楽に嵌るのがこわくて自分は妃ときちんと向き合えなかったと

気がついてから

人間味を持ってくるのですけどね・・・

なんで妃アイシスがこんな野暮天に恋心もって耐えているのがよくわからんでした(笑)

お互いに初恋だったせいかもしれませんね。

恋ってこわいですね・・・


あとがきでテーマはエロティシズムですと書かれてありました。

陵辱とか、被虐とかエロとかはっきりいって嫌いではございません(笑)!

でも、根底に愛がなけりゃという気持ちがありますので

ちょっと気持ち的についていけませんでした・・・・


コメントレスです♪

まるさんこんばんは
「アンフォーゲタブル」読まれたのですね
>明光新聞社シリーズ第4弾。再会物で、今回も静かな・切ないお話でした。
うんうんほんとうに今回も切なさにやられてしまいました。
こうしなければいけなかったという大きな出来事があったので
離れて生きていくしかしょうがなかった二人なんですけど
泣かされましたよね;;)
17年という年月の中で愛が余計に降り積もっていくふたりでしたので
いつかはは・・と思いながら
でもそのいつかがないままでもこのお話はいいんじゃないかと思わされました。

>「太っててはげても好きだよ」←娘から聞いた望がちょっと拗ねてたり。
あれ、おかしかったですよね(笑)
でもあたしもそういうセリフ言われてみたいです~

美帆ちゃんがみんなの優しい気持ちをもらっていい子でよかったですけど
お嫁にいったら・・・望がすごくうるさくなりそうでいまから楽しみです(笑)
冬吾は望に手を焼きながらも一緒に過ごせる幸福をあじわってほしいなと
思っています。

同人誌でその後を堪能してみたいですね。

コメントありがとうございましたm(__)m


拍手[0回]

木の下闇の恋  ( 遠野 春日 )

木の下闇の恋 (Holly NOVELS) [新書]
遠野 春日 (著), 小椋 ムク (イラスト)

木の下闇の恋 (Holly NOVELS)



(内容)

同級生ふたり、恋のすれ違いラブストーリー。

高校を卒業して十年。初めて開かれた同窓会で、知美は同じ弓道部で疎遠になっていた花厳啓介と再会した。
啓介への恋というやましさをずっと抱えていた知美は、大人になった今は、以前のように仲よくやれたらいいと願う。
しかし啓介の態度は相変わらず淡々としたものだった。
冷たい反応に落ち込んだ知美は、アウトドア専門店で知り合った、年下の颯々野の優しさに少しずつ惹かれていくが……。
意地っ張りで不器用な二人のラブストーリー。



2013年の最後に読んだ本です。

普段のあたしが思う遠野さんはやたらゴージャスでお金持ちで強引で傲慢な横暴攻めが

多かったような気がするのですが

出版社様がHOLLYさんだからでしょうか

割りと地味目で普通の男の子たちのお話でした。

ハーレクイン的な展開ではないけれど、

BLの王道とも言える高校生だった二人が再会して愛を積み上げていくお話でした。

恋に不慣れな高校生同士だからこそ起きた恋の芽生えに対する拒否感というか

友人であるがゆえに告白もできなかったし

お互いに恋だと認めることすらできなかった青い春の恋

そしてその恋の切なさと痛みを10年引きずってきた二人

再会して、恋が始まるのかと大きな期待をしておりましたが

そこでまた誤解を積み重ねて黙りこんでしまう知美(受け)と

恋をしていることに妙に素直になれない傲岸不遜な花厳啓介(攻め)なので

お話は進みません・・・

このじれったさが楽しめる方か

小椋さんの挿絵のスーツで萌える方におすすめですね!


知美が再会した啓介とせめて友達になりたいと山にのぼることになるんですが

そのときに山に登るために必要な道具を買いに行った時に

真摯にアドバイスしてくれたスポーツ用品店の研修生の当て馬くんが

すごくいい男なのですよ。

山での経験も豊富だし、商品知識もあって的確な商品を勧めてくれるし

閉じこもりがちな知美の心にいい塩梅でほぐしてくれるような度量の広さがあるんですよね。

同級生だからこそ素直になれなかった・・・

なんて理由でふられるのがもったいないいい男なんですよ。

もう10年も前の恋なんて捨てて

こっちとくっつけば幸せになれるんじゃと思ったのは

あたしだけではないような気がします(笑




伝言です!
さなえさんいつもコメントありがとうございます♪
お返事遅くなりましたが書かせていただいたのですが、
最新コメントになぜか反映がされていないという・・・
前もこういうことがあったので、テンプレを変えたりいたしましたが治っておりません。
申し訳ありませんでした。m(__)m



拍手[3回]

松前先生と美貌の作家 (遠野 春日)

松前先生と美貌の作家 (SHYノベルス) (新書)
遠野 春日 (著)
木下 けい子 (イラスト)




(あらすじ)

ぼくはあなたのものになる。
だから、あなたはぼくだけのものになってほしい____

渋谷は松涛に屋敷を構える元伯爵桜井家の若様「春之」は、人も羨む美貌の持ち主だ。
末っ子として家族中に甘やかされ、友人たちからちやほやされ
気付けば負けず嫌いで我が儘で、その上傲慢な若様になっていた。
そんな春之にはひとつだけ誰にも知られたくない秘密があった。
それは覆面作家、小櫃由布であるということ・・・。
憧れの挿絵作家・松前千種にいつかは絵をつけてもらいたいと思っていた春之だが、
ある日、紳士倶楽部で出逢った見知らぬ男に松前千種の悪口を言ってしまう。
ところが、その男こそが松前千種だった!?



松涛に屋敷を構える元伯爵桜井家の若様のお話ということで、

勝手に脳内妄想で茅島さん風なお話なのかなと思っておりました。

が・・・

茅島さんのようにとんでもない部分も薄いのですが

かわいらしい部分も薄く

攻めも今一歩魅力に欠けているというか、インパクトが少ないという感じでした。

遠野さんの魅力と言えば強引なハーレクインロマンス風味で

その愛の過程はいろいろあれど

後から思い出したら、ちょっと印象が薄い感じがいたしました。



高貴で箱入りで初心で向こう見ずで聡明だけど怖いもの知らずで無敵な美貌の若様と

無口で才能にあふれる挿絵作家という設定がうまく生かし切れていないような気がしたことと

実際に挿絵を描かれている木下けい子さんとのコラボということを意識しすぎたという感じがいたしました。

木下さんの漫画に描かれている六車さんがでているのですが

そこらあたりもなんとなく微妙な雰囲気と申しましょうか・・・

次に期待させてください。



一番気になっているのは「砂楼の花嫁」なんです・・

同人誌または出版者様の小冊子で続編風なにおいがするんですけどー(笑)

ここまで出すということは続きに期待して・・

いいんですよね(笑)?





拍手[0回]

芸術家の初恋 (遠野春日)

芸術家の初恋 (キャラ文庫) (文庫)
遠野春日 (著)
穂波ゆきね (イラスト)

(内容)

所轄署の異動で、警察寮から実家に戻ってきた刑事の築山。隣人の日本画家・志紀と再会した途端、「君の裸を描かせてくれない?」と頼まれ、モデルをすることに!!絵以外に興味がなく、浮世離れした美貌の志紀は、実は十年越しの片想いの相手。忙しい捜査の合間に通うけれど、鈍い志紀は彼を弟としか見てくれない。そんなある日、所轄で婦女暴行事件が発生!!捜査線上で志紀の名前が浮かび…。





親父萌え~のお話なんですけど

ビジュアル的にも

人間性にも親父の匂いが全然まったくもってないので

この前の木原さんの作品「夜をわたる月の船」みたいな

親父である必要性がまったく感じられなかったです・・・

お話的には軽くて楽しく読める一冊なんですけどね。

拍手[0回]

カレンダー

08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People