忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秘虐の花嫁  (遠野 春日)

秘虐の花嫁 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
遠野 春日 (著), サマミヤ アカザ (イラスト)

秘虐の花嫁 (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)

若き皇帝ヴァシルは好奇心から周辺の小国・ヴァロス王国の第七王子アイシスを十二番目の妃に迎える。大国を治めるヴァシルと母が侍女であったため周囲から疎まれていたアイシス。境遇は全く違うものの孤独を抱え本質的に共鳴するところのあるふたりは無意識のうちに惹かれあうが、ヴァシルはアイシスを慰みもののように扱い淫虐の限りを尽くし!?




一目惚れとも気が付かず、

気まぐれと好奇心で周辺の小国・ヴァロス王国の第七王子アイシスを十二番目の妃に迎え

初夜からいろいろな意味でぶっ飛んでいるお話でした・・・

気まぐれで男の花嫁をもらったこの王様

愛することとか思いやりを示すなんてことはまったくもっていたしません!

性交の準備は下僕にさせて自分はただ突っ込むだけという・・・

しかも、婚姻後一ヶ月はその妻だけのもとに通うという風習があるようですが

男で妊娠しない妃だからなにしたっていいだろうと言い捨てて

他の男達に抱かせてもうね・・やりたい放題なんですよ。

これはBLなんですよー

愛はどこにあるのですか!と何回か自分に問いただしそうになりましたよ・・・

後半自分の幼馴染であり、友人であり、部下でもある男が

この妃に興味をしめし、優しい態度を見せてい抱きしめたら急にヤキモチをやいて

初夜からはじめてアイシスを抱きしめてから

このなんともいえない快楽に嵌るのがこわくて自分は妃ときちんと向き合えなかったと

気がついてから

人間味を持ってくるのですけどね・・・

なんで妃アイシスがこんな野暮天に恋心もって耐えているのがよくわからんでした(笑)

お互いに初恋だったせいかもしれませんね。

恋ってこわいですね・・・


あとがきでテーマはエロティシズムですと書かれてありました。

陵辱とか、被虐とかエロとかはっきりいって嫌いではございません(笑)!

でも、根底に愛がなけりゃという気持ちがありますので

ちょっと気持ち的についていけませんでした・・・・


コメントレスです♪

まるさんこんばんは
「アンフォーゲタブル」読まれたのですね
>明光新聞社シリーズ第4弾。再会物で、今回も静かな・切ないお話でした。
うんうんほんとうに今回も切なさにやられてしまいました。
こうしなければいけなかったという大きな出来事があったので
離れて生きていくしかしょうがなかった二人なんですけど
泣かされましたよね;;)
17年という年月の中で愛が余計に降り積もっていくふたりでしたので
いつかはは・・と思いながら
でもそのいつかがないままでもこのお話はいいんじゃないかと思わされました。

>「太っててはげても好きだよ」←娘から聞いた望がちょっと拗ねてたり。
あれ、おかしかったですよね(笑)
でもあたしもそういうセリフ言われてみたいです~

美帆ちゃんがみんなの優しい気持ちをもらっていい子でよかったですけど
お嫁にいったら・・・望がすごくうるさくなりそうでいまから楽しみです(笑)
冬吾は望に手を焼きながらも一緒に過ごせる幸福をあじわってほしいなと
思っています。

同人誌でその後を堪能してみたいですね。

コメントありがとうございましたm(__)m


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People