忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アンフォーゲタブル  (一穂 ミチ )

アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
一穂 ミチ (著), 青石 ももこ (イラスト)

アンフォーゲタブル (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)
ある夜、新聞社勤めの冬梧が証明写真を撮っていたボックスに見知らぬ青年が闖入、身も世もなく泣き出してしまう。お詫びをと連絡してきた製薬会社勤務の望と交流を重ね、冬梧はデートめいて心地いい時間に戸惑う。やがて懇願される形で体をつなげ、すでに惹かれていたのだと観念した冬梧だが、望はその日から「もう会えない」人になっていた―。




新聞を読むことは子供の頃から好きだったのですけど

こんなにいろいろな人の気持ちや想いや手間がかかっているということを

今回この小説を読むまでは思い至りませんでした。

そういえば小学生の頃新聞作りが授業であって、

けっこう一枚に記事をまとめるのがたいへんだったということと

スクープというかみんなに読んでもらう記事って考えるのが大変だった

記憶があります(笑)

興味をもった人だけが読む同人誌とか雑誌とは違って

不特定多数の人に読んでもらって、わかりやすいように書くって

難しいですよね・・(今更)


ということで今回も一穂さんには泣かせていただきました。


自分のしでかしたことが原因で新聞記者から整理部に回された冬梧

死んでしまった、好きだった先輩が殺されたことで何もできなかったことを

悔いている望

証明写真を撮っていたボックスに見知らぬ青年乱入され

泣き出してしまう望を慰めたことが縁でお互いに時間と心を重ねて

生活すること、ともに過ごすことに心地よさを感じていることに気がつくのです。

けれどその心のままに生きることを二人が望むには

二人がいままで背負っていたものが許さなくて・・・

たった一度慌ただしく体を重ねただけで終わることを望は選んでしまうのです。

離れて生きることを選んだ望

離れて生きることを選ばされた冬吾

けれどふたりは決して忘れられない思いを共有しているのです。


恋をしていた先輩のために先輩の妻と形ばかりの結婚をし娘を育てる望

冬吾と一緒に過ごすことはできなかったのだけど

冬吾の書いた記事を心の糧として生きている。

けれど冬吾が長い外報生活を終えて日本に帰国した時を知ったのぞみは

会わずにはいられなくて

愛している自分の思いを気づかずにはいられなかったのです。

正直言って最後はちょっとうまくいきすぎかなと思える箇所はありましたが

望の育てた娘にむかって冬吾の言った言葉がつぼでした(笑)

「太っててはげても好きだよ」って

最高の愛の言葉じゃないでしょうか(笑)?

アンスピーカブル(言い尽くせぬ喜び)をふたりで十分に味わえるように

祈りたいです。


コメントレスです♪

まるさん
年度末ですよね♪
今年はあたしは異動がありそうなので新しい出会いに期待と不安でちょっと
ドキドキです(笑)
3月は久我さんの本が二冊も読めるのでいまから期待でいっぱいです。
久我さんの時代ものって雰囲気があって素敵ですし
漫才シリーズがすごく好きなのです。
フルールはすぐに紙でよめて書き下ろしがついて楽しくさせてくれるのが
ありがたいですよね!
杉原さんと黒崎さんは安定の作家さん買いなので楽しみです。

岩本さんは最近ちょっと読んでいないので発情シリーズがどういうものか
わからなくってちょっと悩んでいたのですが
まるさんが面白いと思っているのなら二冊買ってみようかなと思っています。
二冊で買うとコミコミさんではペーパーもつくので心が揺れていたので
後押ししてくださってありがとうございます。

セレブリティーズはできる男たちが集まったデザイン事務所に関わりのある
男立ちのお話ですがけっこう楽しく読めるので黄色い本屋さんで一冊目試して
面白ければオススメいたします~

藤崎さんはシリーズものが多い方ですよね。
ちょこちょこ読んだことがあるのですが読みやすい文章だったなと記憶があります。
金井さんは読んだことがありませんのです。
「教授と執事の静かな生活2」2ということは1もあるのですね。
本屋さんにいったときに探して読んでみます。

いろいろ教えてくださってありがとうございます(´∀`)
宝くじにあたったら仕事をやめてBLを読んで集めてという生活をしてみたいです。
>でもまず買うことからはじめないと
うんうんたしかに
でも買うときについ考えてしまうのです。
これ買うならBL本4冊買えちゃうような・・・って(笑)

コメントありがとうございました(´∀`)


拍手[3回]

PR

ノーモアベット ( 一穂 ミチ)

ノーモアベット (ディアプラス文庫) [文庫]
一穂 ミチ (著), 二宮 悦巳 (イラスト)

ノーモアベット (ディアプラス文庫)



(内容紹介)

東京湾に浮かぶ日本初の公営カジノNew Marina Bay。都の広報職員として出向している逸は、ディーラーの一哉とは家族同然の従兄弟同士。けれどここ数年、顔を合わせれば言い争いばかりで、どう接していいのかわからない。自分と母を置いて世界中のカジノを飛び回っている父への反発もあり、父と同じ道を選んだ一哉に対してどうしても素顔になれない逸だけど…?全てを賭けた、一世一代の恋の大勝負開幕。




大阪都構想よりは現実味があるんじゃないかと思ってしまった

日本初の公営カジノ(笑)

東京湾にある人口の島に作られたカジノっていわゆる大人の遊び場の意味があるとしたら

年二回の祭典であるコミケが毎晩行われているようなものかな・・とか

すみません想像力貧困で・・・



都の広報職員として出向している逸と幼い頃から一緒に暮らしている従兄弟であり

家族でもあるというディーラーの一哉

幼いころに母をなくした一哉は母の兄である逸の父に引き取られて兄弟同然に

育てられたのです。

逸の父は日本ではあまり馴染みのない職業、ギャンブラーでした。

そのおかげで幼いころからポーカーに造形が深くなったふたりでしたが

逸は固い職業である公務員になり

一哉はデイーラーとなり日本を離れましたが

本初の公営カジノNew Marina Bayで働くことになりまた再会したのでした。


一穂さんの癖というか

知っていること、調べたことをすべて小説に散らばたいという傾向があるのですよね・・

ということで、ポーカーの仕方とか、ギャンブルでの勝負とか

すごく綿密に描かれていてこういう世界もあったんだーと感心することしきりなのですが

そのおかげで今回はラブの発生とか、育っていくとことかが非常に薄いような

感じがいたしました。

登場人物はみんな魅力的です。

逸に恋するいわゆる当て馬やくのカジノの経営者の藤堂がとくによかった~

会話が魅力的で、悪い大人を演じようとしているけど

どこかいい人なんですよね。

一穂作品はこういう魅力的な人間が多いからスピンオフにどんどんつながっていくのでしょうね。

ポーカーのルールとか勝負の世界もおもしろかったです。


コメントレスです♪

あきりんりんさん
あきりんりんさんもこのシリーズ読んでらしたのですね。
ギイとタクミの恋の物語であったし、全寮制の男子校の物語でしたので
たしかに登場人物が多くて誰と誰がどういう関係で、どういう関わりがあって
なんて全部覚えきれません(笑)
ごとうさんによると最後はこういう結末にすると決めていたそうなんですけど
結末はもともとそうなるだろうなと事前に何回も示唆されていたので納得はしたのですが
あれほど愛していたタクミに一言もなく消えていく、
またそれ以後も連絡なしなんて・・
段取りがよくて、勘がよくて、記憶力のいいミスターパーフェクトがしちゃうかな・・
というところがなんか残念でした。
タクミくんがギイに会いに行く!と決心したところで終わっているのですが
連絡もくれないようなギイが果たしてNYにいったからとはいえ
会えるのでしょうか???
タクミくんに妹を助けてもらった・・というエピソードも唐突にでてきましたけど
そういう恩のある人が意識が目覚めるまでもなく消え去っていくって・・
大金持ちはそんなもんなんでしょうか・・・

でもとりあえずこの作品と出会えたこと
あたしが生きているうちに終わったことは作者さんに感謝の言葉ですよね・・

>追伸ゆうきゃんがバサラ参戦ということでなけなしのへそくりでPS3の本体と戦国バサラ4買ってずっとやってます
PS3なんて動かしかたもしりません・・・
というか、以前任天堂の「どうぶつの森」にはまったときは借金があるというのが
いやで寝ずにゲームして借金を返してああ、やれやれ状態になったので
触っちゃいけないものとしております(笑)
でも声優さんにお好きな方がでるのでしたらがんばれますよね~
娘さんの手助けがあってもどんどん進んでいるという熱意がすごいです。
腱鞘炎の痛みには・・・安静が一番と思いますが
熱意があるときに安静って心がつらいですね。
ほどほどにがんばってくださいねー

最近神谷さんが「進撃の巨人」に出演されているそうなので
進撃の漫画を手に入れましたがあのぐろさに途中退場してしまいました・・・
軟弱なんです・・・(笑)

コメントありがとうございましたm(__)m



拍手[2回]

ダ・ヴィンチ 2013年 12月号に一穂さんの対談が載っておりました。

ダ・ヴィンチ 2013年 12月号 [雑誌]

(内容)

===オトナの♪高橋留美子===

☆豪華W対談!☆

京極夏彦×高橋留美子
あだち充×高橋留美子

★高橋留美子特別描き下ろしマンガ&独占インタビュー

◆祝!画業35周年 スイート&クール 永遠の憧れ



Chillchill(ちるちる)さんのBLニュースに一穂さんの対談がダ・ビィンチに

掲載されているという情報が載っておりましたので買ってきました。

高橋さんの漫画が詳しく掲載されていて、いろいろな方との対談が載っており

この雑誌だけでも十分に読み応えがありましたが

やはりお目当ては一穂さんと三浦さんの対談です!

三浦さんといえばもう説明の必要なしという感じでBLの匂いをぷんぷんさせる小説で

世の乙女たちのあこがれ満足させている方ですよね。

(注腐っているあたしからの注釈なので正確ではありません(笑))

その三浦さんがデビューからすべて読んでいるという一穂さん。

あれだけ繊細で丁寧に心理描写を書かれている方ですが

ご本人としては人の気持がわからないと思われているそうです。

クラスでのうわさ話も一番最後に知るタイプらしいです。

「ふったらどしゃぶり」についてはフルール文庫が官能がテーマなので

一穂さんは官能を書くのが上手くない自分を知っているので

セックスしたくてたまらない人を出そうと思ったらしいです。

セックスレスで悶々とする男女のお話でしたよね。

あのとき主人公の一顕が恋をして、その欲望ごと受け入れてくれたの人の存在が

もし女性だとしたら・・・

たんなる浮気という話になってしまう。

あれは男同士でないと書けないお話だった。

と語られていました。

ただ愛されるだけのお話だけでは物足りなくなっているBL読者の気持ちも

この一言にあったのではないのでしょうか。



対談のなかで一穂さんは登場人物を書くときは「誰も否定しないようにしよう」と

思われているそうです。

男性が好きでも兄弟姉妹が好きでも、

その気持は否定出来ない大切なもの。

物語の中だったら何でも許されるし、読者もどう読んでもいい。物語はそういうものだ。

自分も読者として物語に救われて励まされてきた。

どんなひとにもその人なりの主張や信念、生きてきた人生がある。

それを伝えればいいなと思ってらっしゃるそうです。

一穂さんの文章から感じる優しさやいたわりというものは

こういう一穂さんの想いからできているんだなんと再発見いたしました。



そうして大にゅーすです!!

来年1月からWEB小説マガジン「フルール」

「ふったらどしゃぶり」の続編が連載予定だそうです!



あのふたりにもう一度出会えるなんてすごくうれしいです。

願わくば整に恋をしていたのだけど、整の両親の死にかかわってしまったために

素直に整への恋心も欲情も吐露できなかったあの几帳面な芸術家であるあの彼の

その後というか、新しい恋をあげてはくれませんでしょうか?


拍手[4回]

ふったらどしゃぶり When it rains, it pours   (一穂 ミチ) 

 ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール文庫 ブルーライン) [文庫]

一穂 ミチ (著), 竹美家らら (イラスト) 

ふったらどしゃぶり When it rains, it pours (フルール文庫 ブルーライン)




(内容)

同棲中の恋人とのセックスレスに悩む一顕。
報われないと知りながら、一緒に暮らす幼馴染を想い続けている整。
ある日、一顕が送信したメールが手違いで整に届いたことから、
互いの正体を知らぬまま、ふたりの奇妙な交流が始まった。

好きだから触れてほしい、抱き合いたい――
互いに満たされない愛を抱えながら、徐々に近づいていくふたりの距離。
降り続く雨はやがて大きな流れとなってふたりを飲み込んでいく――。





ようやく昨日コミコミさんからの荷物が届いて

狂気乱舞の気持ちでした(笑)

買い物に行く手間は省けれるのだけど、

読みたいものがすぐに読めない通販の罠というか

落とし穴というものを実感いたしました。


ちょっぴり大人風味の一穂さんを堪能させていただきました。

いや、別にいままでの作品が子供風味だったというわけではなく

なんというか、雨のようにエロが濃い作品でしたけど

大人の男同士の気持ちが繊細に大胆に緻密に描かれておりまして

この作品をもっと若い時に読んでいれば

もうちょっと若い男の子を理解できて、優しくしてあげれたんじゃないかなと

だいぶまえのちょっと青い時代を思い返したのは

あたしだけでは無いと思います(笑)


同棲している恋人と肌のふれあいをそれとなく拒絶されることで

心にどことなくやりきれなさを感じている一顕

両親を亡くしてどこか壊れていた自分を守ってくれていた友人に恋焦がれている整

同じく同居をしているけれど同棲ではない・・・

心の何処かに満たされないものを抱えたふたりが偶然に出会い

メールをでの交流を重ねていくうちに

お互いが満たされていない心のスキマを埋められていくような安堵を

感じていくのです。

題名の「ふったらどしゃぶり」というのがうまいです。

雨のたびになにかが濡れて

思いがけないものが二人のあいだに生まれていくところが

心の琴線に引っかかっいって

あたしの心まで幸福にしてくれる一冊でした。


大人の男の子というのがぴったりなこの一冊

試してみたい方いかがでしょうか?(笑)







コメントレスです♪

ザ・貴腐人さん
コメントありがとうございました。
レスを返しているのですが、最新コメントのところには反映されないのです・・
お手数をおかけしますがコメント欄を覗いていただけたらありがたいです。


lisaさん
> 終わったら読むと思い続けて何年も経ってしまい、もはや忘れかけていました。
最初の頃はお話の展開がすごく切なくって大好きなお話でしたので
あのテンションのままでしたら、どうぞ今すぐ読んで!とオススメしたいのですが
長く続いてしまうとどこか饒舌になってしまうのですよ・・

>生きてるうちに完結してほしい他のいくつかの作品もこれに倣って出版されますように(合掌)
優しいお祈りありがとうございます(笑)
あたしの呪いも加わってますますパワーアップして届いて欲しい作品が
あちらこちらにあります(笑)
でも、終わってしまったら妙に寂しいというのもほんとうなんです;;)

わがままですね(笑)
コメントありがとうございました(*´▽`*)


あきりんりんさん

タクミくんの終わりを死ぬまでには読みたいと思っておりましたが
こんなになんの前触れもなく終わりをみれるなんて・・
ちょっと拍子抜けです。

フジミもおわっちゃったあたりから考えたのは

大人の事情というか会社の方針かなと勘ぐっちゃいそうです(笑)


残念なような・・もっと早くに終わってたほうがよかったんじゃないかというか
最近のお話はちょっと広げたものが回収できない状態でしたものね。

「月神」シリーズちょっと調べてみましたら
ファンタジーで、独特の世界観みたいでおもしろそうですね。
今度本屋にいく機会があったら三冊全部買っちゃいそうでこわいです(笑)
>今は買えない同人誌には丁寧にのってるようです
そうと聞いたら同人誌も手にれたくなる収集癖が・・(笑)

コメントありがとうございました!(*´▽`*)



拍手[3回]

ムーンライトマイル (一穂 ミチ)


ムーンライトマイル (ディアプラス文庫) [文庫]
一穂 ミチ (著), 木下 けい子 (イラスト)

ムーンライトマイル (ディアプラス文庫)



(あらすじ)

上映中のプラネタリウムで彼女に浮気を咎められ派手に振られた大地。
学芸員の昴にきつい皮肉を浴びるものの、なりゆきで科学館でアルバイトをすることになる。
昴は大人しげな見かけに反して気が強く厳しい。
そんな彼に最初は苦手意識を持つ大地だが、天文一筋で誠実ゆえに偽りのない昴を知るほどに惹かれてゆく。
その視線の先に別の誰かがいると気づいた時にはもう後戻りできないほどに―。
年下攻星屑ロマンス。

 
オールトの雲」のスピンオフですが

ところどころに名前が出てくるだけで前作未読でもまったく問題なく読めます。

あの当時小学生だったと薄く記憶にある男の子大地は

二十のフリーターのヤリチンの男の子に育っておりました(笑)

上映中のプラネタリウムで星を見ながら心地よい声の説明を聴きながら

何故彼女である自分の友人と浮気なんかしたのかと問い詰められて、

「Fカップだから」とストレートに答えてしまう正直さです(笑)

上映時間でほかのお客さんがいようといまいと殴られて罵られてしまうのもまぁ無理ないこと・・ですよね。

けれど、学芸員の昴にとっては仕事の邪魔をされたわけで・・

プラネタリウムを出るとき一言背後から出た言葉は

「・・・・死ね、ヤリチン」だったわけです(笑)


一穂作品でこういうようなセリフがでるなんて・・・

正直誰かほかの方が書いた作品なんでしょうかと疑いましたが

終始昴や大地の口から出る言葉はちょっとお下品でストレートです。

あの作品の誰かさんのように毒があるわけじゃないんですけどね(笑)

反発は感じながらも天文一筋で誠実ゆえに偽りのない昴を知るほどにどんどん惹かれていきます。

そして昴を見ていたからこそ知る昴の心の中に住む誰かの存在を重く感じますが

昴がその人のところに心残りなく行けるように

ヤリチンの自分なんんか捨てていけばいいよという思いを込めていった

「一発やらせて」の言葉がちょっと切なくて胸きゅきゅんでしたよ(笑)

いやほんとうに

字面だけなら下品なやつなんですけど、

その言葉の裏のたくさんの想いがきちんとつまっていて読み応えがある一冊でした。



コメントレスです♪

みずほさん

レス遅くなり申し訳ないですと毎回書いております・・・
夜明けはいい作品と思いながらも、萌えが感じられず雨水記憶の中から旅立っておりました(笑)
同じような方がいて嬉しいですよ♪
でも、「お菓子の家」は前作がなくても加瀬の心の傷や過去がきちんと書かれていてなお
愛されている恋愛要素が満載で萌えながら切なく涙流しました。
いい作品でしたよね!
>先日も、読んだコミックだと気づかずにまたツタヤで借りてしまったということもあったので(汗)
あ・・・先日お買いものに行ったスーパーで忘れないようにメモしてきた物品メモ
どこに置いてきたかわからなくなっていたあたしにはよくあることなんです(笑)
お友達がいて嬉しいです。


ゆうみさん

最初この記事を読んだときは選べないときは
手ぬぐいなら4本注文すればいいわ~~という気持ちだったのですが
4本とも同じのが来たらどうしようと不安に苛まれております(笑)
既刊本買わなくていいなんて~^と喜んでいたのですけどね・・・
どうしましょうか(笑)?


あきりんりんさん

手ぬぐいが結構好きなので、これはなんていいフェアーなのかしらと驚きましたが
欲しいモノが一つなので選べないということにちょっとショックが・・
これなら既刊一冊買って選べれる方がいいかなとつぶやいてしまいそうです(笑)
大切に使ってくださって嬉しいです、ありがとうございます♪


lisaさん

こんにちは。
涼しくなってお布団の中でぬくぬく本を読める時期がきましたね。
コミコミさんのガッシュフェアーで初めて会員になって良かったと思いましたよ!
そうあたしは娘に本屋に買いに行く労力と手間を考えたら会員になるほうがいいよという
一喝で会員になってしまいましたのです・・
でも会員だけのせいかガッシュさんのフェアーはさくさくと買い物ができ
初めてよかったーと思ってしまいました(涙)
小冊子やtらペーパーも網羅できてますしね・・と書店さんの手のひらで舞い踊っております(笑)

手ぬぐい・・・前のコメントにも書かせていただいたのですが
4つとも同じのが来たらわらいますよね(笑)
どうしようかな・・と悩んでおります。

コメントありがとうございました♪





拍手[4回]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People