忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダ・ヴィンチ 2013年 12月号に一穂さんの対談が載っておりました。

ダ・ヴィンチ 2013年 12月号 [雑誌]

(内容)

===オトナの♪高橋留美子===

☆豪華W対談!☆

京極夏彦×高橋留美子
あだち充×高橋留美子

★高橋留美子特別描き下ろしマンガ&独占インタビュー

◆祝!画業35周年 スイート&クール 永遠の憧れ



Chillchill(ちるちる)さんのBLニュースに一穂さんの対談がダ・ビィンチに

掲載されているという情報が載っておりましたので買ってきました。

高橋さんの漫画が詳しく掲載されていて、いろいろな方との対談が載っており

この雑誌だけでも十分に読み応えがありましたが

やはりお目当ては一穂さんと三浦さんの対談です!

三浦さんといえばもう説明の必要なしという感じでBLの匂いをぷんぷんさせる小説で

世の乙女たちのあこがれ満足させている方ですよね。

(注腐っているあたしからの注釈なので正確ではありません(笑))

その三浦さんがデビューからすべて読んでいるという一穂さん。

あれだけ繊細で丁寧に心理描写を書かれている方ですが

ご本人としては人の気持がわからないと思われているそうです。

クラスでのうわさ話も一番最後に知るタイプらしいです。

「ふったらどしゃぶり」についてはフルール文庫が官能がテーマなので

一穂さんは官能を書くのが上手くない自分を知っているので

セックスしたくてたまらない人を出そうと思ったらしいです。

セックスレスで悶々とする男女のお話でしたよね。

あのとき主人公の一顕が恋をして、その欲望ごと受け入れてくれたの人の存在が

もし女性だとしたら・・・

たんなる浮気という話になってしまう。

あれは男同士でないと書けないお話だった。

と語られていました。

ただ愛されるだけのお話だけでは物足りなくなっているBL読者の気持ちも

この一言にあったのではないのでしょうか。



対談のなかで一穂さんは登場人物を書くときは「誰も否定しないようにしよう」と

思われているそうです。

男性が好きでも兄弟姉妹が好きでも、

その気持は否定出来ない大切なもの。

物語の中だったら何でも許されるし、読者もどう読んでもいい。物語はそういうものだ。

自分も読者として物語に救われて励まされてきた。

どんなひとにもその人なりの主張や信念、生きてきた人生がある。

それを伝えればいいなと思ってらっしゃるそうです。

一穂さんの文章から感じる優しさやいたわりというものは

こういう一穂さんの想いからできているんだなんと再発見いたしました。



そうして大にゅーすです!!

来年1月からWEB小説マガジン「フルール」

「ふったらどしゃぶり」の続編が連載予定だそうです!



あのふたりにもう一度出会えるなんてすごくうれしいです。

願わくば整に恋をしていたのだけど、整の両親の死にかかわってしまったために

素直に整への恋心も欲情も吐露できなかったあの几帳面な芸術家であるあの彼の

その後というか、新しい恋をあげてはくれませんでしょうか?


拍手[4回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People