忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

魔法使いの食卓 (谷崎 泉)

魔法使いの食卓 (二見書房 シャレード文庫) [文庫]
谷崎 泉 (著), 陸裕 千景子 (イラスト)



(あらすじ)

とある片田舎に暮らす穂波家は、長男の瞳が働きながら弟二人を育てている三人家族。そこへ六年前に行方不明になった隣家の仁が戻ってくる。無邪気に喜ぶ弟たちをよそに、仁への複雑な思いがある瞳は素直に喜べない。さらに、仁を追って謎の外国人が押しかけてきて!?働いて、食事をして、働いて…平凡に日々を積み重ねていた瞳に、仁の優しさは空白の時間を経てもなお、あたたかくてー。

 
強姦から始まらない谷崎さん・・・ 珍しいという感じで読んでおりましたが

いえ本当はあたしのなかでのイメージがそうなだけで、

実際は始まらない物語もあるんですけどね(笑)

幼馴染の仁は「すぐに戻る」といって出ていったきり 何年も音沙汰がなかったらしいし、

家庭の事情とかそこらの恋愛の始まりとかが かる~く割愛されちゃっているので

強姦で始まらなかったのかどうかは妄想するだけでした(笑)


両親が早くになくなり弟たちを養うために

医大に進学し父と共に意者になろうとしていた夢を諦めて

家からも近く、定時で終わる仕事についている長男の瞳

そういった瞳の優しさを知っている弟たちも学業にクラブにと精出しています。

仕事に家庭に弟たちの世話と、なんか父子家庭のような様子がほのぼのと描かれていて

楽しい(笑)

急いで帰ってきて料理の段取りを考えて実行していく・・・

食後は洗濯物を取り込んでと

これは小説版「きのう何食べた?」なんでしょうかと錯覚しちゃいそうでした(笑)


恋のお話としてはちょっと薄い・・かな

二人がであったなれそめはお隣に引っ越してきて、

六年前に父親と共に急に消えてしまったという

あたりは書かれているのですが

どうやって幼馴染のふたりが恋愛していたかまでは書かれていませんし・・・

ふたりの会話の端々とかモノローグで想像するしかありませんが

この「おかしな関係」を弟たちにばれたくないと瞳が言い切っている様子とか

好奇心で始めたとかはしばしから察するに最初から愛情を感じまくっていた仁に

押し切られて強引に思わせない手口にやられたんじゃないかなぁ(笑)


一冊でも十分楽しく読めましたが、まだまだ謎は解明されておりませんし

愛の部分ももうすこし堪能させていただきたいのでシリーズ化希望です!


コメントレスです♪

まひるさん
>まったく、お薦めが上手いです(笑)
褒めていただいてありがとうございます~ ←大きな勘違い(笑)
忙しいとのこと、
なかなか読めそうにない時間もBLへの愛を深めるいい時間だと思います(笑)
来年まで熟成していただいても
十分に楽しめる作品だと思いますので是非是非おすすめいたしますね!

コメントありがとうございました!








拍手[1回]

PR

もしも恋なら (谷崎泉)



もしも恋なら (角川ルビー文庫) (文庫)
谷崎 泉 (著)
史堂櫂(イラスト)

(内容)

小児科医の伊達は、とあるパーティーで華やかな容姿の十和に出会う。花を抱えた十和の姿がまるで優雅な王子様のようだと思わず微笑んでしまった伊達だったが、その微笑みをみた十和に「一目惚れしてしまいました」と強引に唇を奪われ口説かれてしまう。一度は断った伊達。だけどなぜか花束を持った十和につきまとわれてしまい…!?「癒やされるのは花束に?それとも―俺?」最強天然貴公子×クールな小児科医が贈る、恋に仕事に大忙しの男達が奔走するアダルトラブ・バトル。




谷崎さんにしては珍しく強○とか、なし崩しに関係が始まるという展開ではありませんでした。

これは・・・・レーベルの違いでしょうかw?


先輩の医師の開院パーテイでお花を抱えた青年 十和 をみて

王子様のようだと見惚れてしまった小児科医の伊達

その見惚れて笑顔を見せた瞬間に十和にも惚れられて強引というか

なし崩しに関わりを持たされてしまう・・・

関係ではありませんから!!

関わりですから(笑)!

やや強引なアプローチを受けているうちに自己の孤独について思い知る医師の伊達です

同じように十和もまた心のうちに孤独を抱えていました

お花屋さんに努めているというか、自身経営している十和なので

お話の全体を花束とか、豊かな緑で埋め尽くされています。

煽り文句のラブバトルというよりは

お互いの孤独をお互いが癒していく物語だったような気がします。




お花の王子さまの強引なアプローチと、花の香りに包まれたい方いかがでしょうか?





 




拍手[0回]

しあわせにできる スペシャル編 (谷崎泉)




しあわせにできる スペシャル編 (二見シャレード文庫 た 1-43)
谷崎 泉 (著)
陸裕千景子 (イラスト)

(内容)

俺はお前が誰よりも綺麗だって思ってる
異動、退職、結婚…さまざまな転機が訪れた怒涛の二年。本田と久遠寺の、これからも続く愛の軌跡

久遠寺が薮内の跡を継ぎ、残った本田たち日芳メンバーにも次々と転機が。中でも各務と落合の結婚に、驚愕のあまり花嫁の父のような心境の
本田だが、久遠寺には「できるものなら結婚したい」と言われるほど相変わらずの愛されぶり。一方、社内では建材部の大幅な人事刷新が検討
され、本田もその対象に。再び大きな決断を迫られる時が訪れて――。『しあわせ未来予想図』を大幅加筆したスペシャル編。
気になる森田の結婚問題にもついにピリオドが!?『哀愁のハワイ航路』も同時収録。



二人の関係もだんだんと充実したというか

熟年カップルですかいといいたいような会話もあちこちに見られていたような・・・

時々は久遠寺のクサイセリフにごまかされて新婚の醍醐味味わってください(笑)

スペシャルということでやたらカップルがまとまっております

そして相も変わらず仕事に忙殺されておりました

そういう中で本田にも人生の転機が訪れたようです。

あれだけがんばっていた日芳での仕事も栄転のチャンスよりは

久遠寺のサポートをするために退職するのです。

一枚岩のような結束力でつながっていた面々も転機のときがきておりまして

あちこちにばらばらになっていきますが

それでもやっぱり3月がきたらお花見にみんなが集まって

夜どうしわいわいと飲み明かしそうないい雰囲気があります

よい仲間との出会いってうらやましいと思わせる一冊でした




あ・・・

退職した翌日、一週間は惰眠と休息をむさぼろうと計画していた本田が

翌日には手ぐすねひいた久遠寺に仕事に連れて行かれておりました

愛って・・・厳しい(笑)




拍手[2回]

ようこそ。   (谷崎泉)




ようこそ。 (ガッシュ文庫) (文庫)
谷崎 泉 (著)
高城たくみ(イラスト)


(内容)

堅実に人生を生きてきた冴えない独身四十男の大黒谷正広は、ふとした事から、ひとまわりも年下で天然のゲイ・西舘ステラの世話をあれこれ焼くハメに!元モデルで超美形だけど怠け者のステラの汚部屋を片付けたり、将来を考えろと助言したり…見るに見かねてする事一つ一つに感動するステラに振り回されっぱなしの大黒谷。だが、真面目一筋で生きてきた大黒谷は次第にステラの純真さに惹かれるようになっていって…四十年間生きてきて、まさか男を好きになるなんて…!?



強姦にはじまって強引に愛につないでいくという印象がある谷崎さんですが

今回はちょっと違うテイストで始まっておりました

ひとまわりも年下のいけているゲイのステラ

(イタリア語で星の意味があるそうです)の世話をやくうちに

なんとなくほだされたという感じです

元モデルという輝かしい経歴を持ちながら、生きることに欲がないというか

普通の生活を送ることができないため仕事も続かず

部屋も汚部屋です

それに見かねて普通に堅実に今まで生きてきた冴えない独身四十男の

大黒谷正広は世話を焼いていくうちにほだされていくのです

最初ステラという可愛い名前にごまかされていましたが

実はステラは攻めでした(笑)

男に押し倒されて幸せになれるのならそれでもいいよねーと思えるお話でした(笑)

拍手[0回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People