忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

片翅蝶々(雪代 鞠絵)






片翅蝶々 (ショコラノベルス・ハイパー) (新書)
雪代 鞠絵 (著)
あさと えいり (イラスト)

(内容)
『俺がお前を堕落に誘おう』
色と欲が行きかう花街。没落した伯爵家の末裔・雨宮水帆(あまみやみずほ)は借金返済のために遊郭へと売られてしまう。失意の水帆の前に現れたのは、かつての家庭教師であり、水帆が密かに恋い慕っていた一佳(いちか)。七年前に突然姿を消した一佳は、今や速水財閥の次期総裁に成り上がっていた。偶然の再会に水帆は無邪気に喜ぶが、一佳は何故か冷淡な微笑を見せ、俺は世界で一番お前が憎かったと言い放つ。しかも水揚げ客として一佳が水帆を買うと言うのだ。呆然とする水帆は強引に褥に組み敷かれ、泣きながら惨い愛撫に乱れる――切なくも淫らな遊郭恋愛譚。


 女であれ、男であれ、自分が認識もないまま春をひさぐというのは
あんまりだなーという意識があるせいか、遊郭物って苦手でした
購入すれども、読まないまま黄色い本屋さんへということもありました

 でも、脇に出てくる翡翠という男のこの話を聞いて遊郭って悲しいことだけでは無いというのが新発見かなぁ
翡翠は元色子として、売れっ子で、恋しい人にい水揚げされて足を洗いますが、その方を失ったときそのときの時間が恋しくって花町に帰ってきて
今度は新しく色子になるというこの教育とか指導をしていきます

 売られることも悲しいことですが
その身を哀れんで自害しては生きてきた喜びを知ることもない
そういう色子たちに生きることを教えていってくれます

そして、遊郭と言うシステムも売られてきた色子たちを守るためにあるものもあるということ・・・

( ̄-  ̄ ) うーん

主人公達がかすむくらい素敵な脇でした(笑)


 水帆は、元家族の息子として育てられていましたが、両親に愛されることなく孤独な少年時代をすごしてました
その水帆の孤独を癒してくれた一佳でしたが、彼はある日突然消えてしまいます

そして日々がながれて、父親に遊郭に売られた水帆は一佳に再会しますが・・・

刹那さ100%のなかなかいいお話でした

アタシみたいに遊郭物はちょっとーと思われている方にお勧めいたします(笑)




拍手[1回]

PR

月光前奏曲(雪代 鞠絵)



月光前奏曲 (白泉社花丸文庫 ゆ 2-4) (文庫)
雪代 鞠絵 (著)
ほずみ音衣(イラスト)
 
(内容)

 美大生の早川有希は、恋人で人気ミステリー作家の天野晴人と同棲中。洗練された美形の晴人は女性にもてもてで、有希は心配の種がつきない。ある晩、ちょっとしたケンカで部屋を飛び出した有希は、怒りのあまりペアの銀の指輪を川へ投げ捨ててしまう。
すると有希は、三日月の魔法で幼児の姿になってしまい…!?
メルヘンチックな雑誌掲載作に、アダルトタッチな大幅書き下ろしを加えた待望の文庫化。


「片翅蝶々」とはイメージが・・

お月様に願掛けてとか、ファンタジーも嫌いではないのですが

ご都合主義の魔法物語といいましょうか・・

花丸というレーベルのせい・・・・?

それとも、そういう魔法から遠ざかっていっているのは

アタシが汚れているから・・・


拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People