忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋はドーナツの穴のように (砂原 糖子 )

恋はドーナツの穴のように (ディアプラス文庫) [文庫]
砂原 糖子 (著), 宝井 理人 (イラスト)

恋はドーナツの穴のように (ディアプラス文庫)



(内容)

ドーナツ屋店長の倉林は、多すぎる業務、使えないバイト、単調な毎日に疲れきっていた。
携帯の中の元恋人のアドレスを眺めては、束の間の現実逃避をする日々だった。
一方、新入りバイトの凛生は今時の冷めた高校生。
恵まれた容姿で女の子にもてるくせに、他人に興味を持てないでいた。
けれど黙々と仕事をする倉林の携帯電話を眺める横顔は妙に気になって…?

バイト高校生×ドーナツ屋店長の12歳年の差ラブ。




自分が食べ物のお話・・とくに美味しいお話に弱いと娘に指摘されたのは

家にある絵本のラインナップのせい(笑)

「ぐりとぐら」のフライパンで作るカステラとか

「ちびくろサンボ」のホットケーキ

「バムとケロ」のドーナツ

そういえば「ハイジ」に出てくる白パンに憧れてましたし、

おじいさんがパンにとろとろに溶けたチーズを載せてくれるシーンを真似て

マーガリンをてんこ盛りに塗って食べた記憶があります(笑)


これはあるチェーン店のドーナツ屋さんの店長と

高校生のバイトの美味しい恋の物語です♪

店長とは名ばかりの雑用係もしなきゃだし、使えないバイトの穴埋めもしなきゃだし

通常の業務も盛りだくさんの毎日の中疲れきっていた倉林でした。

そんな生活の中での唯一の潤いはといえば・・・

昔の彼のアドレスを眺めること・・・


最初はまったくもって戦力外だったバイトの凛生は綺麗な顔しているけれど

ちょっと?ほとんど他人に興味のない風変わりな男の子

けれど、彼もまた幼い時に母の不倫行為をかいま見ていらい

心の傷がかさぶたになったまま残されていたのです。

倉林の元カレに妻がいたことに憤慨したのは

過去の傷から血が出そうになっていたからだけど

それだけではない何かがあって・・・


お互いに傷を持ちながら

二人が一緒にいる時間でそれが癒やされていくほのぼのとした

ドーナツの甘さを感じるかわいいお話でした。



唯一の欠点は・・・読みながら某チェーン店のドーナツが食べたくなることかな(笑)






拍手[1回]

PR

ファントムレター (砂原 糖子)


ファントムレター (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
砂原 糖子 (著), 広乃 香子 (イラスト)

ファントムレター (幻冬舎ルチル文庫)



(あらすじ)

梢野真頼は東京の片隅でシェフを務めている。店に足繁く通う田倉訓とはいわゆる幼なじみだが、昔の関係は封印し冷淡に振舞っていた。しかし、田倉は屈託なく接してきて―。同じ頃、九州の田舎町。小学六年生の治は、自宅の蔵で古い手紙の束を見つける。差出人「マヨリ」の真っ直ぐな恋心は、やがて同級生・双葉への治の想いと重なっていき…。
二段構造の魔法瓶構造のお話でした。

最初はなんでしょっぱなからでている真頼の手紙が

真頼のもと住んでいた家から見つかってきたのか

???となりながら途中からその構造が分かってきて

二段構造で作り上げていく二組みのカップルの恋の進行が 楽しかったです。


真頼と 彼の店に足繁く通う田倉訓は幼馴染の元恋人同士

周囲にはそういった過去は全然知らされませんし、

なにより真頼には亡くなった妻がいるのです。

まだまだ妻に対して気持ちは残っているようで

田倉に対しても元友人にしてはそっけなさすぎる態度をとっています。


というのも、二人は幼馴染として出会い恋に落ち

二人の関係が適切なものではないということで批難を受け駆け落ちまでしてしまうのです。

駆け落ちがどういうふうに失敗したのか

なぜ二人は友人のようなままで付き合いを続けているのか

それは真頼の幼い頃書いた手紙を読んで同じように閉塞された田舎の生活にイヤ気をさし

同じように同性に恋をして

同じように周囲から非難され

同じように駆け落ちしてきたふたりの幼い子供たちとの出会いの後

謎解きは始まっていき

過去においてけぼりにしてきた自分たちのほんとうの気持ちに向き合い

また愛を深めていくのです。

可愛い挿絵と雰囲気ぴったりな可愛くってせつない恋のお話でした。



コメントレスです♪

あきりんりんさん
ゆっくりとした時間と体調と心のメンテナンスが必要な年齢のようです(笑)
まぁこれもどこでも付いてきてくれる娘の存在のおかげなんですけどね。
腰痛体操教えていただいたのでネットで検索してがんばって続けていきますね。

元気なときにまたお会いしましょうです~m(*。_。)m

コメントありがとうございました!

拍手[1回]

セーフティ・ゲーム (砂原 糖子)


セーフティ・ゲーム (ディアプラス文庫) [文庫]
砂原 糖子 (著), 金 ひかる (イラスト)




(あらすじ)

内科医の友村(ともむら)は担当MRの香島(かしま)に想いを寄せていたが、
もう三年、仕事上だけの付き合いを続けていた。
ある日友人に連れられゲイバーを訪れた友村は、成り行きで女装させられる。
そこを通りかかった香島にナンパされ、正体がばれていないと思い込んだ友村は、
罪悪感を抱きつつも香島との女装デートを重ねることになる。
それが香島自身の策略とも知らず……。
騙したはず、騙されたはずの二人の恋は?

製薬会社の性悪MR×天然内科医の年下攻ラブ・ゲーム!!
仕事で知り合った最初から量思いのふたりなのに

なぜか告白とか付き合うとかの話にはいたらなくって

偶然友人に誘われたゲイバーで、成り行きで女装することになって

そこを偶然通りかかった MRの香島にナンパされ付き合うことに・・・

騙されたのか?

騙したのか?

よくわからない駆け引きを続けたふたりはようやく結ばれるのでした。オシマイ。

としか言いようがないお話ですが

エロ楽しく読みすすめてしまいました(笑)

脇の友人たちが個性的で楽しかったです。

拍手[1回]

ラブストーリーまであとどのくらい? (砂原 糖子)

ラブストーリーまであとどのくらい? (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
砂原 糖子 (著), 陵 クミコ (イラスト)



 

(あらすじ)

生真面目な編集者・森尾実を最近悩ませているのは、他部署の軽い女好き編集者・滝村直秋。出会いは最低、その後も良好とは言えない関係だったが、滝村の前でメガネを外したところ付きまとわれるようになった。「メガネを外したら美人」の森尾に滝村は一目惚れしたと言うのだ。そんなある日、酔い潰れた森尾は滝村に抱かれてしまう。怒った森尾は…。
以前ブログでお勧めしたことがある同人誌『滝村くんと森尾くんのそれから、』に

加筆訂正し、作品内の一部として入っております。

でるかどうかわからない同人誌の続きにやきもきしちゃうよりは

一冊の本にまとまってくださっているほうが管理もしやすいし読みやすいし

あたしてきにはグッド!なんですけどね(笑)

内容は「ラブストーリーで会いましょう」のスピンオフです。

森尾や滝村は、「~会いましょう」の上芝の同僚キャラになります。

ルチルさんの文庫版のみに登場のキャラですがこれだけで読んでもお話的にはさしつかえないし

十分楽しめる一冊でした。



めがねをはずしたら美人という生真面目な編集者・森尾実(受)

かたや女の人といえば褒めまくりやさしくしまくりの女好き編集者・滝村直秋(攻)

出会いのときのちょっとしたやりとりで誤解しあってすれちがっていたふたりでしたが

ふとした出来事でめがねをはずした実の可愛らしさに一目ぼれした滝村

押せ押せでやっとのことでデート?にこぎつけました。

酔っ払って可愛く寝ちゃった実にいけないことしちゃうわけなんですけど

それがまたエロ可愛いのですよ。

めがねをはずした美人に一目ぼれしちゃったのですけど

ほんとうはめがねをかけていても初恋の少女に似た雰囲気をもつ実に

はじめからめろめろだったようです(笑)

楽しい時間をすごしてみたいかたいかがでしょうか(笑)?


コメントレスです♪

あきりんりんさん
>京都の写真みておなかすいてしまいました
綺麗に撮れる写真の技術がないのであの美味しさをちゃんと伝えれないのが
残念です。
>下の娘は2月20日に決まって
うちもなかなか決まらなくって今現在もドキドキしてます。
落ち着かない気持ちはありますが、娘のためには神頼みくらいしかできません(笑)
力強い応援ありがとうございます!
また決まりましたらご報告させていただきますね。
漫画喫茶と薦めていただいた「青エク」と「3月のライオン」を娘に伝えたら
いきたいとのことなので、ちょっとあたしも漫画喫茶デビューしちゃおうかと(笑)
また良き萌え燃料がありましたらぜひぜひ教えてくださいね!

コメントありがとうございました♪



拍手[1回]

スイーツキングダムの王様(砂原 糖子)

スイーツキングダムの王様 (ディアプラス文庫) [文庫]
砂原 糖子 (著)
二宮 悦巳 (イラスト)





(あらすじ)

母譲りの美貌で男女問わず手玉に取ってきた珠希(たまき)は、
バイト先のコンビニでちょっと親切にしただけの浮世離れしたサラリーマン・杏藤(あんどう)に告白される。
もちろん断る気でいたが、彼が大企業の御曹司(おんぞうし)だと知り付き合いを始めることに。
だが純粋過ぎる杏藤に、珠希もいつもの調子が出ない。
汚れきった自分を優しいと言い、大切なもののように扱ってくれる杏藤。そんな彼に珠希の心も……?

心と体に甘く響く純度100%ラブ!



 攻め受けともに過去の大きな傷跡を持ち

一般社会に不自由に適応しながら頑張って生きているおはなしでした。

嫌いじゃないです。

むしろ大好きな系統のおはなしなんですけど

方言がなくて・・そのぶんインパクトが弱い感じでした(笑)←そういう問題!(笑)?

攻め様は裕福な恵まれた家庭で生まれ育っているのですので

やたら言葉遣いが丁寧です。

受けくんは顔だけが取り柄の母親に放置気味に育てられ

母親の愛人にあれやこれやとされ人間不信で生きております。

そういったなかで純粋すぎる攻め杏藤に大切にされ甘やかされることで

幸福ということを感じていくのです。



おはなしの中で何が一番インパクトがあったのかと言われたなら

コンビニのパンとかケーキ買ってシールを集めてカトラリーをもらうとこです!(笑)

そう、あたしも小冊子を集めるのも好きなんですが

そういうシールを集めてもらうバッグやカトラリーなんていうのも好きなんです。

それだけの金額で好きなバックやカトラリーを買えよ!とよく息子に言われるのですが

あのなんとも言えない誘惑についまけちゃうんですよね。


挿絵が山中ヒコさんから二宮さんに変わったということを作者様のあとがきで知りました。

あ・・・でももう遅いのです(;;

文庫になったなとおもって買う前に黄色い本屋さんにだしておりました・・・・orz

だから雑誌を捨てるのは(以下略

買ってなかったなら比べようかなという気持ちにもならなかったでしょうが

一旦買ってたのに・・・

持ってたのに・・・・

悔しさが倍増です(笑)


拍手[0回]

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People