忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あでやかな愁情   (崎谷はるひ )

あでやかな愁情 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
崎谷はるひ (著), 蓮川 愛 (イラスト)

あでやかな愁情 (幻冬舎ルチル文庫)




(内容)

行方不明の母―その情報の断片に触れた小山臣は、以来、幼い頃からの実体験を夜ごと夢に見るように。
過去の悪夢に怯えながら目覚めては傍にある秀島慈英の存在に安堵の息をつく臣は、
母のことに向き合う決意をする。
そんな折、慈英と契約関係にあるエージェント、アインが臣に「慈英をちょうだい」と言い放つ。
驚き、怒りを覚える臣だが…!?




長かったお話もこれで第二部が終わってしまったのですね。

ラストまで読めてよかったという気持ちと

もうちょっと長く楽しみたかった気持ちで揺れております。

読者ってわがままなものですねぇ(笑)


いままでの作品の中ではられていた伏線がほぼ回収されている・・ような気がしますが

鳥頭なので確実ではございません(笑)


臣の過去というか、母親との暮らしが明らかになりましたよね。

過去の作品の中にも端々に出てきておりましたが

小さな子供が不遇な目にあう場面はちょっと、いや大きく悲しいですよね。

母親に愛されていた、

愛していたがゆえに息子を壊してしまうことが怖くて逃げ出してしまった

逃げるしかなかったという愛情が不器用で悲しかったけれど

愛されていたという事実だけでこんななにも過去が懐かしく思えるのですね。

母親がむずかる臣を抱きながら

「あの人の子供だからしょうがない」と何度かつぶやいていたのが印象的でした。

ここらあたりと慈英のアメリカでの生活が次の作品の主流になるのかなと

いう感じでしたね。


そして慈英もまた孤独な・・というか、親兄弟には縁がない人生のようですよね。

あれだけ怪我したり刺されたり、記憶が亡くなっても病院に現れるのは

従兄弟の照英だけというのがなんともはやというか・・・

芸術の神様に愛されたがゆえに他者との関係を築きにくい過去がありましたが

たかだかそれだけであれほど家族から見放されるものなんでしょうか?


いろいろ事件がありましたが、ふたりの関係がまた一歩前進しましたよ。

臣と慈英が戸籍上も家族になり

指輪を交わす決心をいたしました。

アメリカでの生活も始まります。

またいろいろな問題や難問があらわれるでしょうが

今のふたりなら閉じきった世界だけでなく、

ちゃんと開かれていた世界とも関わりをもって協力して暮らしていけるのではと

素直に思える一冊でした。

正直に言うと続きがあって波乱が生じるよりも

このまま終わりでもいいんじゃないかなあと思います。


拍手[3回]

PR

「あでやかな愁情」発売が決まりました



あでやかな愁情 (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)

子供のころを夢に見、うなされる臣。そのたびに慈英のぬくもりに安堵する臣だったが……。大人気慈英&臣シリーズ最新刊!!






とうとう待ちわびていた作品が発売確定になりました!

11月29日に発売予定です。

値段も700円と文庫にしてはちょっとお高めな設定ですので

けっこう分厚いのではないかな?と妄想中(笑)

他にも

12/15ルチル文庫「その指さえも」

12/末・慈英×臣、インクルージョン、碧×朱斗シリーズ番外短編集の単行本「あどけない日々はめぐり」

の発売が決まっているようです。

1月にも文庫が2冊ほど出る予定だとか・・・

いったいほんとうに休養はできているのか不安になるほどの精力的な出版数ですよね・・

ファンとしてはうれしいことですが

どうかお体にもお心にも十分な休養をさし上げてほしいです。



コメントレスです♪

あきりんりんさん
先日はあたしのわがままに付き合っていただけてありがとうございました。
体調も良好と聞いて一安心いたしました。
またお会いしたいと思ってくださるなんて、ほんとうにうれしいです♡

イベントって大変な時もあるのですが
いろいろな方と情報交換したり
趣味を満喫しているお話を聞けたりとちょこちょこ楽しみがありますし
なによりも直に先生方にお会いできるという楽しみがありますよー

春には是非パセラとイベントを楽しむという野望を達成しましょうね。
今から春が待ち遠しいです。

コメントありがとうございました♪




 



拍手[1回]

戀愛 -koiai-   (崎谷 はるひ)

戀愛 -koiai- (ダリア文庫) [文庫] 崎谷 はるひ (著), タカツキノボル (イラスト)


戀愛 -koiai- (ダリア文庫)



(内容)

会社員の橋田達巳は大学で出会い、今は同じ会社に勤める奥田にずっと片思いをしていた。
しかし、男前で明るい性格な彼の傍らにはいつも女性の影が…。
それでも達巳は奥田を想い続けるが、3年前友人でいられればと、やっとそれをふっきった。
それなのにある日突然、奥田からキスとともに告白される。
戸惑い混乱している中、身体だけでも自分のものにしたいと強引に迫られて!?




久々の崎谷さんの新刊はうすーうすーでした(笑)

HPに載せていた作品に短い書き下ろしと、中編の作品でまとまっております。

いつものように何もかもが濃い作品ではありませんが

そのぶんシンプルで読みやすい作品ではないかと思います。

ちょっと最近の作品に多かった電波な感じのかたがでていないので

あたし的には安心して読めました(笑)


クリスマスだというのに・・

せっかくの三連休だというのに会社での仕事に忙殺されている

橋田と奥田は若者向けのイタリアン風居酒屋でつまみをつつきながら

一杯を楽しんでいたのでした。

大学からの同級生でお互いの性癖や若かりし頃の青さ故の痛みも知っており

気のおけない仲間であるふたり

何気ない会話を楽しんでいたそのとき、店が停電になりまして・・

暗闇の中で橋田は唇に違和感を感じるのでした。

それが何かもわからないまま柔らかな弾力やタバコの香り顎鬚の感触を

感じていると次はもう少し長くキスされて・・ちゅという音まで聞こえてくるのです。

なんでキスしたのか聞かないのかと奥田に逆に攻められて

戸惑っているうちに過去橋田が奥田を好きだったことまで暴かれてしまうのです。

そしてほんとうに強引に恋を告白されちゃって

体まで暴かれて好きにされて

快感をあびせられて・・・

心だけでなく体まですべて持って行ったくせに

まだ自分を好きになれと落ちてこいと語りかけてくる奥田が

とっても素敵でした♡




コメントレスです♪

あきりんりんさん

毎日晴天シリーズ好きだったのですが、もうあれで終わりかなと思っていたので
今回の「花屋」さんが読めるのはほんとうに嬉しいです(*´▽`*)
8年ぶり・・らしいですもの、でも楽しみがまた増えていいです!
漫画の方も新装版で出し直しで、①巻と②巻の合本らしいですが
そこに「僕らがまだ知らなかった未来」という短編小説が載るらしいので
こちらも買い直しというか・・また二冊並べてしまうというか(笑)

コメントありがとうございました!



拍手[1回]

あなたは怠惰で優雅 (崎谷 はるひ)


あなたは怠惰で優雅 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
崎谷 はるひ (著), 蓮川 愛 (イラスト)

あなたは怠惰で優雅 (幻冬舎ルチル文庫)



(あらすじ)

中学時代からの友人・弓削碧に誘われたはなやかなパーティー。志水朱斗は、容姿も極上で芸術的才能にも恵まれている碧に、中学のころから六年近くも恋している。その片恋に疲れた朱斗は、新年のカウントダウンのときに、最後だと思いながら碧にキスを。泣き出しそうな朱斗を碧は会場の外に連れ出し、怒りながらも激しいキスをしてきて…。
 

自分は誰よりも愛されていたい碧

惚れたのは自分が先なのに素直に告白することもできずに朱斗に近づいてくる輩は

勝手に蹴散らしていくという・・・

愛されていることが確信できたであろうはずなのに

愛されたがり屋さんだから独占できないことにいらだちを感じて素直に愛情を吐露できません。

お勉強が出来て才能に満ち溢れているはずなのにどこかアンバランスなこの暴君様は

愛されたい・大事にされたいという朱斗の気持ちを誰よりも知っているはずなのに

欲しいものを与えてしまったら逃げられてしまうんじゃないかという不安でいっぱいになって

虐めてしまうことでしか態度で表せない不器用な人でした。


まぁでも朱斗のほうでも甘やかし方とか操縦方法を習得したら

手のひらの上で転がしていくかもしれません(笑)



横暴で強引で傲慢でそれでいて愛されたがりの攻めは嫌いでないです。

それどころか好みなので楽しく読むことができました。

でも、自分の近くにこういう人がいたら・・・飛び蹴りキックをくわえてしまうかも(笑)


慈英×臣のシリーズのスピンオフということで

かの二人に出会えるかもという期待には十分に答えてくれる一冊

他のシリーズに関連した人とか会社とか場所とかもゴロゴロ出てきて

他の本も読み返してみたり、ちょっと楽しかったです。



コメントレスです♪

ゆうみさん
もう9月ですよーーうかうかしてたら年末がやってきますよーー(笑)
我が家は学校行事からは解放されたのですがいろいろバタバタしております(´・ω・`)
一穂さん情報ありがとうございます!
「オールトの雲」のスピンなんですね。余計に楽しみになりました~
今度はどんなふうにあたしを萌え転がさせてくれるのでしょう。
杉原さんの2冊も嬉しいですよね!
椎崎さんは・・延期延期が当たり前ーというおおらかな気持ちで待っておりますが
正直に言うと待つのは嫌いです!(笑)
コミックスおすすめありがとうございます(´∀`)
最終巻が発売ということならジレジレせずに読めるのでありがたいです。
本屋さんで見かけたらゲットしてきますね。
BLのお約束のハッピーエンドの甘い甘いラストが好きですので楽しみです。

コメントありがとうございました!

拍手[2回]

エブリデイ・マジック ―あまいみず― (崎谷 はるひ)

エブリデイ・マジック ―あまいみず― (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
崎谷 はるひ (著), 鰍 ヨウ (イラスト)

エブリデイ・マジック ―あまいみず― (幻冬舎ルチル文庫)




(あらすじ)

大学生の赤野井三矢はサークル仲間から悪質な賭けの対象にされ、そのために図らずも自分が男性に恋する性質であることを自覚してしまう。ふと入ったカフェ“エブリデイ・マジック”で泣きだした三矢は、店員・上狛零士に話を聞いてもらううち、「恋人」として付き合うことに。それから一年、恋人であるはずの上狛に三矢は片思いし続けていて…。
 
ここ最近なかったような気がする書き下ろし 楽しく読めたました。

甘い甘い甘いだけのお話も癒しというか読みやすいというか(笑)

表紙の絵もすごくよかったです。

普段はカバーはちゃんと付けて保存するのですが

カバーがあると見えない部分が特に素敵でしたので、

この作品に限ってはカバーはいらなかったかなと思わされました。

挿絵の 鰍 ヨウさんが仕掛けた心理ゲームにうまうまと引っかかってしまったという(笑)


お話は純朴な大学生の赤野井三矢はサークル仲間から悪質な賭けの対象にされ

混乱と哀しい気持ちで走っていた鎌倉の街で偶然に入り込んだカフェ“エブリデイ・マジック”で

であった店員・上狛零士との恋のお話です。

この上狛零士というひとが実に不思議な存在なんですけど

古来からある不思議なお話には不思議な人たちがいっぱいいるので・・・

でも崎谷さんのお話でこういうファンタジーっぽい手法が使われることがあるいみ不思議な

というかなんといいうか

おバカウケのイメージが強いせいかもしれません・・・

腹黒不思議ちゃんという存在なので好みの存在である赤野井三矢が心に疵をおっていて

つけ込みやすいという時をちゃんと把握して甘えさして大事にしてぽあんぽあんして

いい時期になったら美味しくいただいちゃうお話です。

ねちっこいエロと自分でも言っていましたが

初めてがあんなに濃いなら慣れてきたらどんなにエロが濃いのだろう・・と

ちょっと不安に?なりましたが

不思議な物語ではそこまでありませんでしたのでルチルでの小冊子でその補完を

してもらいたいです(笑)






拍手[5回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People