忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

エブリデイ・マジック ―あまいみず― (崎谷 はるひ)

エブリデイ・マジック ―あまいみず― (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
崎谷 はるひ (著), 鰍 ヨウ (イラスト)

エブリデイ・マジック ―あまいみず― (幻冬舎ルチル文庫)




(あらすじ)

大学生の赤野井三矢はサークル仲間から悪質な賭けの対象にされ、そのために図らずも自分が男性に恋する性質であることを自覚してしまう。ふと入ったカフェ“エブリデイ・マジック”で泣きだした三矢は、店員・上狛零士に話を聞いてもらううち、「恋人」として付き合うことに。それから一年、恋人であるはずの上狛に三矢は片思いし続けていて…。
 
ここ最近なかったような気がする書き下ろし 楽しく読めたました。

甘い甘い甘いだけのお話も癒しというか読みやすいというか(笑)

表紙の絵もすごくよかったです。

普段はカバーはちゃんと付けて保存するのですが

カバーがあると見えない部分が特に素敵でしたので、

この作品に限ってはカバーはいらなかったかなと思わされました。

挿絵の 鰍 ヨウさんが仕掛けた心理ゲームにうまうまと引っかかってしまったという(笑)


お話は純朴な大学生の赤野井三矢はサークル仲間から悪質な賭けの対象にされ

混乱と哀しい気持ちで走っていた鎌倉の街で偶然に入り込んだカフェ“エブリデイ・マジック”で

であった店員・上狛零士との恋のお話です。

この上狛零士というひとが実に不思議な存在なんですけど

古来からある不思議なお話には不思議な人たちがいっぱいいるので・・・

でも崎谷さんのお話でこういうファンタジーっぽい手法が使われることがあるいみ不思議な

というかなんといいうか

おバカウケのイメージが強いせいかもしれません・・・

腹黒不思議ちゃんという存在なので好みの存在である赤野井三矢が心に疵をおっていて

つけ込みやすいという時をちゃんと把握して甘えさして大事にしてぽあんぽあんして

いい時期になったら美味しくいただいちゃうお話です。

ねちっこいエロと自分でも言っていましたが

初めてがあんなに濃いなら慣れてきたらどんなにエロが濃いのだろう・・と

ちょっと不安に?なりましたが

不思議な物語ではそこまでありませんでしたのでルチルでの小冊子でその補完を

してもらいたいです(笑)






拍手[5回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People