忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もうすぐ一年が終わろうとしています・・・

すこし雑事が増えてくると

本は読んでも感想がかけない病を抱えております・・・

というか、時間の流れが早すぎます!

これ以上時間の流れが早まるようなら

あたしはどうしたらいいのでしょうか(涙)


ということで12月之購入予定をば


角川ルビー文庫

1 恋人は魔性系 川琴ゆい華 桜城やや

フルール文庫の「宵越しの恋」の和服ヤンデレ執着攻めが好きでしたので
期待を込めて買いたいです。



プラチナ文庫

10 愛しのいばら姫  凪良ゆう 湖水きよ

「365+1」のスピンオフ作
美山編ということで楽しみです。
本編カップルよりオフの大人カップルのほうが好きですので
とってーも楽しみふふふ



ディアプラス文庫

10 全寮制男子校のお約束事  砂原糖子 夏目イサク
10 恋する臆病者       月村奎   小椋ムク
10 友達に求愛されてます  桜木知沙子 佐倉ハイジ

最近デイアプラスは初版で購入するとペーパーがついてくるので
ついつい買っちゃいます。
雑誌で読んでいるのは買うのをやめようかと思いながらも
書き下ろしがつくので買ってしまうという・・
新書館さんに惑わされております(笑)




幻冬舎ルチル文庫

15 猫の国へようこそ   杉原理生 テクノサマタ
15 甘くない嘘をきみと   李丘那岐 水名瀬雅良
15 海に天使がいるならば 安曇ひかる 緒田涼歌

崎谷さんが毎月のように出版されていたあのころ・・・
玉石混交ではありましたが楽しんで読めておりました。
新しい作家さんにチャレンジは続けておりますが
自分の狭い好みの中心にあたるのは難しいようです(笑)


キャラ文庫

19 美しい彼   凪良ゆう  葛西リカコ

これも作家さん買いですね
挿絵も麗しくてきれいな絵を書かれる方なので
できたら黒い凪良さんで涙が滂沱のごとく流れるお話を期待してます(笑)



ダリア文庫

25 engage 2 離れざる想い ふゆの仁子 水名瀬雅良

アニメイト版と一般書店版では違うペーパーがつくそうです・・・
えーえーえーと三度喚いていいですか(笑)?
二冊同じ本が並びそうで怖いです(笑)
文庫とかならまだしも単行本が二冊並ぶのはつらいです・・




ハーレクイン・ラブシック

25 ひかげの薔薇   鹿住槇 葛西リカコ

昔ビーボーイノベルズでだされていたと思います。
健気で可愛らしい受けに涙流した記憶がありまする・・・
挿絵が他作品でも麗しい絵を書かれている葛西さんなので
二度美味しい・・と思えるので買い直します(笑)
書き下ろしがつくといいな・・・


SHYノベルス


27 家族になろうよ   月村奎   宮城とおこ



リンクスロマンス

15 魅惑の恋泥棒             かわい有美子 高峰顕
29 太陽の標 星の剣 ~コルセーア外伝~ 水壬楓子 御園えりい

かわいさんは11月発売予定でしたが12月に延期になったようです。
雑誌リンクスで掲載されていた・・のかな
(記憶が薄いので)

水壬さんはコルセーアの外伝ですね・・
これも長いです。
ですので毎回お話を読み返さないとよくわからない部分があります。
記憶が確かな脳細胞がほしいです(笑)



他に雑誌でGOLDを春抱き目当て購入予定です。

コミックス化まで待てればいいのですけれ(笑)

そし毎回購入している雑誌「小説デイアプラス 冬号」を

年間4冊しか出ない雑誌なのですが、読み応えがあって楽しいです♪

今月はコミックスの方で購入予定がないのです。

またなにか良い萌えがあったらおしえてくださーい

できたら冬眠しながらBLに浸りたいですが

宝くじにあたる予感がありませんので

今月も懸命に働こうと思っております(笑)



コメントレスです♪

まるさんこんばんは
あいかわらずレス遅くなりもうしわけありません。
一穂さんとか尾上さんとかいい萌えを手に入れてもそれを吐き出すことができません。
遅くなっても徐々に感想を上げていきたです・・・

>小冊子というか文庫本ですよね。振込してもらえるという気軽さも良かったし。
ほんとですよねー
シャレードさんのやり方見ていると
他の小冊子に振り回されているあたしたちっていったい・・と思うことがあります。

>『純情ポルノ』努力する柊一が可愛かったです。


(あのメモで理解できる担当さんはさすがですよね)


その努力の方向はどうなんだろうと思いましたが
それくらいトンチンカンでないとまじめにポルノ作家をがんばっている恋人には
付き合えないのかなと・・(笑)

>『お伽の国で狼を飼う兎』本編は結構エロいです。このまま3Pが定着するのかな!?
(最初が3Pだったんです)

ほうほう
最初は3Pのえろえろなんですね!
ちょっと探して読んでみますね。貴重な情報ありがとうございましたm(__)m

>『しあわせにできる』本田さんは相変わらず皆に愛されてるんだなあ。
ほんとにそうですね~
多い人数のキャラをきちんと個性的にかける谷崎さんの力量もあるのでしょうが
みんながちゃんと生活している感じがあたしは好きです。

>『尤書堂シリーズ』は面白そうなので探して読んでみたいです^^
ちょっと古い作品ですので手に入りにくいかもです。
もし無いようならお貸ししますのでお声をかけてくださいね。
お互いが出会ってちゃんと時間をかけて夫夫になっていく描写が素敵な作品でした。

厚い文庫のような小冊子読み応えがあって満足感でいっぱいなのです。
が!
その前に申し込んだはずの「ルチル」の8周年の小冊子が届いていないことに
気が付きました・・・
9周年の応募の締め切りもすんだのではと思いながら
待つことが仕事ですと自分に言い聞かせております(笑)

コメントありがとうございました(*^_^*)

拍手[4回]

PR

シャレード20周年記念小冊子




シャレードさんから20周年記念小冊子が届きました!

たしかこれ応募券もなにもなく振込だけだった・・ような記憶があるのですが

シャレードの文庫と同じくらいの厚みがあってびっくり仰天です。

(内容)
海野幸『純情ポルノ』淫乱ポエム

お話は読んでおります。
片思いをしているポルノ小説家の切ない小さな恋が印象的でした。
でも・・・あのー
お話の構想を練っているメモと
恋人に作ってもらいたい料理メモと間違えて渡してしまうというのは
天然さんにしても罪深いのでは・・と笑ってしまいました(笑)

魚タコ糸で縛る
中にとろとろのキノコ
日で炙る

の料理レシピらしきメモを読んで
次回作はソフトSMなんだと思う編集さんはすごいと思います(笑)



早乙女彩乃『お伽の国で狼を飼う兎』ラビの困惑 コンの初恋

未読です。
ちょっと下半身が緩い受けに恋したオオカミさんと
受けの初恋の相手のきつねさんとのエロいお話でした。


高遠琉加『愛と混乱のレストラン』エッグ・ミルク・シュガー

名作と言われておながら時期を逸してしまい読んでおりません。


谷崎泉『しあわせにできる』幸せにできるスペシャル

仕事に忙しい男たちが恋したらこんなに大変なんだといつも思わせてくれる
この作品。
彼らに平和で落ち着いた時間が現れるのは定年後なんでしょうか(笑)?



中原一也先生『淫猥なランプ』ランプと小さな破壊魔

ランプをこすると願いを叶えてくれるランプの精が現れてくれるのですが
このランプの精はやたらと元気でエロいです。
受けが壊されるんじゃないかと密かに危惧しております・・・


花川戸菖蒲先生『尤書堂シリーズ』7ヶ月Later

大好きなシリーズです。
愛する青山を手に入れること、幸福にすることが人生の最課題のような
執着腹黒攻めの望にとって誕生日とか記念日はとっても重要なんですが
肝心の青山は今ひとつむとんちゃくで(笑)
でも月日とともにやっぱりふたりの生活という経験値は増えてきているようで
言葉を惜しんではいけないとわかってきているようです。

このままでも十分幸福なんですけど
もっと幸福になるために定年後は小さな庭付きの家を買いたいと青山はいいます。

両親がなくなったあともふたりの人生生活は続いていきます。
そういったことをふたりでちゃんと乗り越えていきたいと
思えるまでに生活や時間を重ねていったんだなぁ・・としみじみできました(笑)


椹野道流先生『いばきょまんちーシリーズ』それぞれの夏

これも好きなシリーズです。
いろいろありましたがみんながそれぞれの居場所とそれぞれの時間を手に入れて
落ち着いてきたなと思えるお話でした。



矢城米花先生『王子隷属~仙狐異聞~』仙狐戦慄

これも未読です。
強姦から始まって憎しみ合っていたようですが
今は幸福な関係というお話でした。
間違ってたらすみません・・


読んでいないお話もありましたが
一つ一つのお話に十分な長さがあって読み応えのある一冊でした。
これを応募券なしの振込だけでよめるなんて嬉しいですし
とってもありがたいです。

できるだけシャレード作品を買わなきゃいけませんと決心した秋です(笑)



コメントレスです♪

あきりんりんさんこんばんは♪

>最近更新が続いていてうれしかったです。お時間がとれるようになったのだなと。
ありがとうございます。
たいしたことのない記事しか書いていないのですが
喜んでもらえれていると知って嬉しいです。

>タクミくんシリーズまた出ると知って驚きました。

あたしも驚いてます!
今度は 崎義一の優雅なる生活 BLUE ROSE ‐ブルーローズ‐」
という題で
単行本ででるみたいですね。

内容がこれまた・・
崎義一――通称・ギイ。潤沢な個人資産と、
やりたいことをあらかたやり尽くしてしまった有能な男は、
三十路を目前にして、いまだかつてない“多忙ではない日々”を過ごしていた。
ギイとタクミの物語、新たなる船出!』

うーんというばかりですね。

30を目前にふたは再開してまた恋を重ねていくのでしょうか・・
読みたい気持ちはありますが
あのラストを考えるとしばらくはあたしは手をだせないです;;)

「engag」はイラストが水名瀬さんでとても美麗です。
前作の石田育絵さんのイメージが強かったのでどうかなと思っていたのですが
また違うイメージで素敵です~。
書き下ろしがつくかどうかが知りたいのですが
どうなんでしょうね?
大量に同人誌も書かれているのでストックは十分にあるでしょうし
あの同人誌の最後までちゃんと本にして欲しい気持ちがあります。
コメントありがとうございました(*^_^*)

拍手[1回]

尾上与一×牧「彩雲の城」 (Holly NOVELS)特設ページがUP! 全プレ企画&購入特典情報も!!

11月14日に発売される尾上与一 さんの「彩雲の城」 (蒼竜社/Holly NOVELS)

の特設ページがUPされております。

第二次世界大戦中のBLということけっこう珍しい時代設定

前作の「碧のかたみ」はツンデレ受け

その全前作の「天球儀の海」では健気受けさんの切なくて苦しい恋のものがたりを

堪能出来ました。

前作「碧のかたみ」でも書店別にペーパー特典がついておりまして

アニメイトさんとコミコミさんとホーリンラブブックスさんで三冊購入いたしました。

ペーパーもすごく読み応えがあるので楽しみではあるのですが

三冊も同じ本が並ぶってすこし悲しい物がありました。(笑)

ということで今回も

コミコミスタジオ、アニメイト、芳林堂 書店(ちるちる)限定の購入特典が

あるそうです・・・

ということは今回も三冊購入がほぼ決まったということで・・・

財布の痛みに乗り越えなきゃいけないのですが

店舗別特典はできたらあまり喜ばしくないです・・・(涙)

おまけに今回は小冊子もいただけるようです。

小冊子のは応募券云々はないようですが

以前出された2冊と今回の本の中からキーワードを抜き出して記入するという

方式のようです。

もうこうなったら応募もしなきゃいけません。

詳細はこちらをどうぞー→Holly NOVELS




(内容)

「碧のかたみ」「天球儀の海」に続くシリーズ第3弾。

―― 帰る故郷はない。でもペアがいる。

太平洋戦争中期。
婚約者に逃げられた谷藤十郎は、外聞から逃れるように志願したラバウル基地で
高速爆撃機・彗星と共に着任した優秀で美しい男・緒方伊魚とペアになる。
伊魚は他人を避け、ペアである藤十郎とも必要最低限しか話さない。
しかし、冷たいようで実は生真面目で優しい男を、藤十郎は嫌いになれなかった。
そんななか、不調続きの彗星は偵察機の転用を命じられるが――。



コメントレスです♪

lisaさんこんばんは♪

>迷惑なんて微塵も感じておりません。わたしの方がむしろ全面的にお世話になっていますから(汗) お喋りもお食事もありがたーく楽しませていただいてますので♪

優しいお言葉ありがとうございます(涙)
あたしも毎回リアルに腐話できる数少ない機会ですのでほんとうに楽しんでおります。
お言葉に甘えてまた次回、春のお庭もまたよろしくと図々しくお願いしてみていいですか?

>甘いのでもしょっぱいのでもお付き合いいたしますので^^ 
甘いモノはでもしょっぱいものでもはたまた大人の苦い世界の飲み物もけっこういける口で
ございます。
でもーお酒に酔うと人に絡んでやたら触れたがる・・・癖があるので
娘に人前ではダメとの禁止令がでております(笑)
また楽しく美味しく食べれるものを探しておきますね!

>今回のルビーの応募ってちょっと変わってますよね。ちょい面倒な気がしましたが、これをやらないともらえない小冊子‥期待しますよ!!

ルビーは以前からこういう応募方法だったと思うのです・・
うすーい記憶で神谷さんのCD応募するあたりからこういう方式になっていたと思います。
応募総数もおおいので間違い予防とか、応募無効がないようにしたいのかなと
勝手に想像してますが・・・

消費税のせいもあるとおもうのですが
最近小冊子の応募金額が高くなっているようなきがします・・・

コメントありがとうございました(*^_^*)


まるさんこんばんは♪

>「ロッセリーニ」は6冊全部購入したら2冊応募できるんですよね~←そうですよね。2冊応募しそうな自分がいます。

郵便事故とかあったとしても対応してくれるので2冊応募する必要はないと
わかっているのですが
破損してたらとか、濡れてたら・・とか妙に小心者なので
2冊応募できるときは応募しちゃう悪い癖があるんですよ・・・
手間暇増大しちゃうし
お財布にも痛いのでやめておきたいのですけどね(笑)

>ルビーの小冊子は次の川琴さんか丸木さん(丸木さんがルビーって…)を買おうかと。
じつはあたし丸木さんってエロ特化のイメージしかないのですが
ルビーって可愛らしい軽快なお話が最近多いですよね。
新しいイメージにチャレンジなんでしょうか?

>相良さんの前作はもふもふが可愛かったです^^
おお、そうなんですか!
実は初めて読む作家さんなので不安があったのですが
可愛らしさを堪能しよ~と(笑)
情報ありがとうございます(^^ゞ

>西野さんは以前シャレードで同じ題名のが出てて読んだ覚えがあるんですが、新装版?続き?
そうなんですか?
「劣情スイッチ」でお気に入り作家さんになったのですが
あれを超える作品というのをまだよんでいないなあ・・・
今西野さんのHP覗いてきたのですがたしかにシャレードで出ていた作品と同じ題名で
同じ内容でした!
あたしは前作を買っていないので書き下ろしがついていなくても購入するつもりですが
新装版なら新装版と表記してほしいですよね・・・

>椎崎さんも小椋さんの挿絵で楽しみです。
小椋さんの漫画は購入したこともないし、正直読んだことがないのですが
挿絵作家さんとして非常に好きな方です(笑)
好き作家さんに好き挿絵さん楽しみですー

>ナナメグリさんのシリーズ3冊目も楽しみですね。髙梨の男前っぷりが好きです。古谷社長もいいですよね。本と温かい飲み物かかえて冬眠したい季節になりました。
ナナメグリさんも読まれていたんですね。
あたしも古谷社長の過去の友人のお話が一番気になるところですが
高梨たちの恋がどんな風に成長していくか
あのせつなさをどう表現してくれるか楽しみです~

ほんとうに冬眠できたら至福このうえないのですが
今日も楽しい萌え本購入のために主腐はがんばらなきゃいけませんね(笑)

コメントありがとうございました!

拍手[2回]

坊主かわいや袈裟までいとし 2   ( 本間 アキラ )

坊主かわいや袈裟までいとし 2 (はなまるコミックス・プレミアム) コミック – 2014/10/24
本間 アキラ (著)



(内容)

住職である父が突然、失踪!?
大混乱の大円は弥六に助けを求める。
大円への気持ちを勘ぐられ、彼女との同棲を解消した弥六は
光丸寺に住み込みでの僧侶の手伝いを了承。
10年振りの弥六の袈裟姿を見た大円は
『頭がちがう・・・』と言いながらも感涙の涙・・・。
そして弥六も思わず大円を抱きしめてしまい・・・
ますますヒートアップ!寺の跡取りと美容師のツルツルボーズLOVE♡





主人公二人の恋のお話はかけらもみえてきませんが

初で幼い大円の魅力に振り回されている弥六くんのかわいそうさは

ひしひしと伝わってきました(笑)

恋も知らないし、心と身体の成長が人一倍遅い大円くんの

魔性の魅力・・・

早く恋になってほしいような

なってほしくないような(笑)

そして今回は主人公たちの親たちの過去のあれやこれや

今現在のあれやこれやが表面化してきましたね。

魔性の受けに振り回されていた大円パパの今後も非常に気になるところで

終わっていました・・・

続きがでるまで正座で待機のようです(笑)

これの続きもきになるのですが「兎オトコ虎オトコ」の三巻もひじょ~~に

気になるのです。

生きているうちに最後がみたいですという定型文で締めくくっておきます・・


拍手[2回]

Calling   (かわい 有美子)

Calling (花丸文庫BLACK) 文庫 – 2014/10
/21
かわい 有美子 (著), 円陣 闇丸 (イラスト)



(内容)

矢方怜は、日本特区所属の情報捜査工作員。軍事的に有用な特殊で強大な能力を持っているが、世間にはその存在は秘匿されていた。特殊な能力のためか、無口で無表情、無感情。周囲の物事にも無頓着で、生きているという感覚も稀薄な怜。そんな怜が就寝前の安眠のためバーチャルSEX装置を起動させると、突然相手が見知らぬ男に変化し「君を探していた…」と口づけを受ける。怜は、激しい胸の鼓動を感じ戸惑うが、三週間後、その男が極東ロシア軍の医師として実際に目の前に現れさらに動揺してしまう。男は丹沢斎と名乗り、「久しぶりだね、やっと会えた」とまるで自分を知っているかのように語りかけてきて…。



かわいさんに花丸のBLACK?と違和感を感じながら注文しましたが

編集さんにBLACKだとカラーが二枚になるということで引き受けられたそうです(笑)

見る側にとっても円陣さんの美しい挿絵と

かわいさんの近未来SFファンタジーがいい感じで整っており

楽しく美味しくいただくことができました(笑)


その特殊で強力な能力のせいで周囲からやや浮いた存在である矢方怜

そしてロシアから現れた謎の軍医丹沢

自分ですらもう思い出せない深層の世界に追いやられていた過去に何があったのか?


設定も特殊なのですが

すんなりと溶け込んでそのバーチャルな世界に自分のいるような気分になって

彼らの過去と現在とそれから未来を楽しむことができました。


たとえ他人の力によって過去を消され

今現在の感情や気持ちを抑制されていたとしても

お互いに必要不可欠な存在だと心のどこかで認めていたのでしょうね。

楽しく、じれったく読めた一冊です。


昔読んでいたハヤカワ文庫のSF小説の男の子たちの友情物語を

楽しんでいた方にどうぞー(笑)



そしてペーパーがついているのですが

過去の記憶も思いをなにもかも取り戻したふたりはお互いに亡命を果たし

ふたりの幸福な生活を得たのです。

海の見えるその家をすこしずつ手入れし生活していこうとするふたり

いつもはクールなその軍医さんがセクシーに踊るその場面に萌えました。

あーBLってほんと癒やしなんだなと実感(笑)






拍手[1回]

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People