忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たとえ偽りの運命であっても  ( いとう 由貴 )

たとえ偽りの運命であっても (SHY文庫22) [文庫]
いとう 由貴 (著), 門地 かおり (イラスト)

たとえ偽りの運命であっても (SHY文庫22)



(内容)

可愛いアレク、おまえはわたしだけのものだ・・・

痩せっぽっちで苛められっ子のアレクは、夏期休暇のため生まれ育った家へ帰省する。
それはアレクにとって憂鬱な日々の始まりだった。
優秀な兄たちと違い、出来損ないのアレクは家族からも、使用人からも疎まれていた。
そんなアレクの心の支えは、従兄弟のレナードだ。
いつでもアレクを理解し、優しくしてくれるレナードが
アレクは大好きだった。
レナードもまたアレクをなによりも大事に想ってくれる。
レナードが与えてくれる愛をアレクは盲目的に受け入れるが・・・
人気シリーズ最新作、「たとえこの恋が罪であっても」「たとえ禁じられた恋であっても」「たとえ背徳の罠に堕ちても」に続く
シリーズ第4弾書下ろしでついに登場!




「たとえこの恋が罪であっても」で泣きに泣いた記憶があります。

書き下ろしも加えての文庫化で3冊とも新書と両方もってはおります。

これはSHYさんのHPで配信されていた作品です。

短いお話だった・・ような記憶があるのですが、こうして紙の本としてまとまってくれてうれしいです。

保管に困ることはあってもやっぱり紙で読むほうが好きな年代なのです(笑)


大仰な名前に込められていたのは両親の期待と愛情だったはずなのに

その理想に一ミリも近づけないことで両親や兄弟だけでなく使用人からさえも見下され

学校では苛められていたのです。

瑞樹と友達になり学校での生活は過ごしやすくなっていたものの

長期の休暇となれば憂鬱な我が家に帰るしかなく・・・

そんなアレクの唯一の救いは従兄弟であるレナードだけなのです。

幼い時から自分を大切にしてくれて愛してくれる唯一の存在

そんなレナードにとってもアレクは大事な存在なのです。

幼い時に両親を事故でなくしたレナードを慰めたものは幼いアレクなのです。

レナードが抱けば泣き止み、食事を食べる小さな赤ちゃん笑顔に救われていたのです。

猫かわいがりすぎて、閉じ込めて自分のためだけに生きる存在にしたいとの

腹黒い想いを知りもせずただただレナードの思うとおりになっていくアレクなのです。


この状態が不幸なのか幸福なのか・・と問われたらすごく疑問を感じるのですが

たったひとりの運命の人を見つけたら

腹黒くなっても手に入れたいと画策する執着攻めも好きなので

あたし的には楽しめた一冊です。


コメントレスです♪

まるさん

>最近の慈英&臣BLというより普通の恋愛小説のように感じていました。
あーまさにそのとおりですよね。
いやBLもボーイズラブなのですけどね(笑)
事件とか事故とかやたら過去がまとわりついてきたふたりなので
もう平和でイチャイチャだけでもいいんじゃないかと思ったのです(笑)
新しい展開になるのも楽しみなんですが、事件はもういいかなぁと・・
ヘタレなんです;;)

「いつも王子様が♡ 」がコラボ作品と教えて頂いてありがとうございました!
出版社さんの思惑にまんまとのり二冊揃えてしまいましたが、楽し萌えれました♪
佐原のツンデレぶりはほんと・・波多野を思い出しましたね。
どっちも変に右斜め横にそれた愛情表現をしてくるので
それぞれの相方さんにしか恋心は伝わりにくいかもですが
どっちもたしかに破れ鍋に綴じ蓋カップル・・・(笑)

>初めてのレーベルでどうかなと思っていましたが、しっとりとした大人のお話で良かったです。
ほんとですよねー
月村さんとデイアプラスというイメージが強すぎてちょっと違和感もあったのですが
大人のしっとりとした恋愛が展開されていてすごくよかったです♪
もちろん木下さんの挿絵効果も大きいとは思います~

それぞれの巻末についていた短いお話もすごくすごくよかったし
なによりあのペーパーがほんとよかったですよね!
これだから特典付きを諦めることはできないんですよね・・・(笑)

本が増えるということは萌えが蓄積されて嬉しい事なのですが
収納に困るという一面もあるのですよね・・・
いつか宝くじにあたったら個人的なBL図書館を作ってみたいです(笑)

コメントありがとうございましたm(__)m

拍手[0回]

PR

赦されざる罪の夜   (いとう 由貴)

赦されざる罪の夜 (リンクスロマンス) [新書]
いとう 由貴 (著), 高崎 ぼすこ (イラスト)

赦されざる罪の夜 (リンクスロマンス)




(内容)

精悍な容貌の久保田貴俊は、バーで飲んでいた夜、どこか淫らな色気をまとった上原慎哉に声をかけられ、
誘われるままに寝てしまう。
二人の関係はあくまで『遊び』のはずだったが、次第に上原の身体にのめり込んでいく貴俊。
しかしある日、貴俊は上原の身体をいいように弄んでいる男の存在を知る。
自分には見せたことのない表情で、男に命じられるまま自慰をする上原に言いようのない苛立ちを感じる貴俊だが、
彼がある罪の償いのために、その男に身体を差し出していると知り…



長年付き合ってきた彼女とそろそろ結婚も視野に入れかけていた頃でしたが

他に好きな人ができたからとあっさりとふられてしまった久保田

やけ酒を飲んでいる時に話しかけてきた相手は同期入社で研修を共に過ごした上原だった。

上原との会話はささくれだった久保田には妙に心地よく

酒を飲み進めていくうちに酔いがきてしまい

目が覚めた時は上原と同じホテルの一室で寝ておりました(笑)

身体から始まって、身体に溺れていくうちに

上原という存在が気になっていくのですが

ある日、自分との情事が終わってホテルをでた上原が他の男の車の中で

自慰をしているのをみて言いようのない感情を高ぶらせていくのです。


上原にある自己破壊願望のを知り、それを起こしたのはなぜか突き詰めていくと

上原の過去に突き当たってしまいます。

高校生の時にとても仲の良い友達だと思っていた男から告白されたのですが

いい友人だと思ってつきあってきた上原にとってはそれは喜ばしい事態ではなく

逆に嫌悪をもたらしてしまうのです。

常に無い激情で友人を傷つける言葉を吐いてしまった上原にまっていたものは

その友人の自殺という悲しい結末でした。

傷心の上原に、友人の兄は贖罪を求めてきたのです・・・


贖罪とは、何も知らない上原の身体に欲望と喜びを教えきって

爛れた関係に喜ぶようになっていくことに蔑みを与え

弟の告白を受け入れて、弟に抱かれている気持ちになれと押し付けてくるのです・・・


慣れてくれば喜びを感じやすくもなるでしょうし

徹底して肉欲を与えればついていけない心が弱ってきます・・・

自分を壊してもらいたいがために同僚である久保田に関係をもってきたのですが

身体だけの関係といいながら、セフレと言いながら

久保田も上原も恋に姿を変えていく場面が丁寧に書かれてあって

切ないシーンがてんこ盛りです。


切なスキーのスーツスキーなら萌え要素満載だと思います♡


拍手[0回]

秘蜜 (いとう由貴)

秘蜜 (クロスノベルス) [単行本]
いとう由貴 (著)
朝南かつみ (イラスト)




(あらすじ)


君は俺たちの共有玩具

その電車に乗ったのが、淫らな悪夢の始まり。
平凡な会社員・佳樹(よしき)は、満員電車で痴漢に遭う。
艶やかな色気を放つ英一(ひでかず)と季之(としゆき)に身体を嬲られ、ふいに洩れたのは甘い吐息。
執拗に追われ、下肢に淫具を挿れられた佳樹は、男達に従うしか術がなかった。
エスカレートする行為によって、彼らにしか反応しない身体にされた佳樹。彼らにとって自分は羞恥奴隷でしかない。
そこに愛があるはずがないのに、愛されたいと願ってしまうようになり……。


買うつもりはなかったんですけど・・・

クロスノベルズで表紙がUPされたら朝南さんの素敵なふたりに目が惹きつけられて

あらすじの妖しさもあいまってついぽちっとしちゃいました(笑)

このふたりのどっちが攻め?と思っていたら

さすがのいとうさんですので二人とも攻めで幼馴染でソフトSMが好きで

羞恥奴隷を仕込むのがすきという・・・

最初からエロの大洪水ですので、そこに愛はあるのかと戸惑っておりましたが

微妙な愛と執着があって

それでもいい自分だけがふたりに抱かれるならと開き直っちゃう受けがおりました。


このお話はいとうさんの同人活動でだされたコピー本

「痴漢電車~僕も知らない僕の秘密~」というものをノベルズ化したそうです。

要するに痴漢で電車というのが書きたかったそうです・・・・


基本は羞恥プレイの3Pのお話ですので好き嫌いはすごくあるかと思われるのですが

けっこういいかなと思ってしまったのです(笑)

「男だから好きなんじゃない、おまえだから好きなんだ」というシンプルなお話ではありません。

独占欲と執着があるけどふたりで攻めるし

自分だけだかれるんじゃないといやだといいながら二人に愛されて弄られて喜んでいるのですが

一般的じゃないかもしれないけど

愛がそこはかとなく散らばっているような気がします・・・


平凡な受けの男の子が極上の二人と出会い

強引に身体の関係をもたされ、自分でも知らなかった性癖に気がつかされ

しだいに人間として磨かれていきます。

そういった意味で読んでもおもしろい作品かなと思われるので

チャレンジ精神のあるかたいかがでしょうか(笑)?


普通に本屋さんで購入してもペーパーがつくのですが

コミコミさんで注文すれば、コミコミさん特製の小冊子がつきます。

本編でも弄られまくっておりますが

小冊子でも弄られまくっています(笑)

三人で幸福ならそれでいいかと思うほどのこの寛容さ・・・

成長とよんでいいものでしょうか(笑)



コメントレスです♪

あきりんりんさん
東京の二人のお話は何回も読んでいるのですが、今回は挿絵がやたらラブリーです。
ケンカをしながらも、言い合いながらもふたりだけの関係を築きあげていったんだなぁ
ということを再認識(笑)
2となるはずの「最低の恋人」もどう変身するか楽しみです。
>清澗寺下巻
そういえばあのどたばたした時期に読んでいたので感想をあげていませんが
しっかりと読みましたよ~
イタリアの男の恐ろしいくらいの甘い言葉にちょっとやられちゃいそうでした。
CDの会社がどんどんつぶれて寂しいですよね・・・
アニメといえば・・・
今年は「黒執事」の小野さんが素敵でした(笑)
「鋼の錬金術」とか「反逆のルルーシュ」なんか必死でみましたよー
あと古いとこでは「ヒカルの碁」でしょうか
もちろん腐腐腐な面でもじゅうぶんにたのしみましたね。
コメントありがとうございました!

拍手[5回]

この恋が終わるまで (いとう由貴)

この恋が終わるまで (プラチナ文庫) [文庫]
いとう由貴 (著)
木下けい子 (イラスト)




(あらすじ)

愛してる。だから憎しみで縛りつける──

恋を仕掛け、裏切った相手・光春の担当となった編集者の修二。
癒えない過去の傷のせいで、
作家をやめ他人との関わりを捨てると言う光春を
贖いのため止めようとする。
だが憎しみに駆られた光春は、
作家を続ける代わりに自分を抱き共に苦しむことを迫ってきた。
抱くほどにその華奢な体に溺れ、
修二はようやく光春への恋心に気付くが、
己の罪を思い知った今、想いは伝えられず…。


512KAE58CYL__SL500_AA300_.jpg














以前ビーボーイノベルズから出たときは 海老原由理さんの挿絵でしたので

ちょっと違和感がありました。

こちらのほうが大人っぽい雰囲気です。

木下さんのかわいらしい絵も好きなのですがやっぱり思い入れがあるせいで

こちらのほうが好きです。

文章には手をいれているせいか、以前の物より読みやすい感じはしました。

が・・・

なんとなくあの頃のときめきはなかったのが残念です。

あの頃の自分と今の自分が違うせいかもしれませんが

書きおろしに光春を修二が愛おしいと思いながらも

どんなふうに苛めたのか具体的に描かれておりまして

それが陰惨で陰湿だったので、攻めの修二に対して思っていた

光春の愛がなんとなく受け入れがたかったのです。

いじめって、されたほうは忘れないけど

したほうは勝手な理屈できれいさっぱり忘れているという典型的な例なんでしょうけどね。

あれだけのことをされてなお修二を愛していると言うなら

光春という子はとても優しい思いやりのある良い子なんだと思います。

書きおろしがなかったほうがよかったと思うのは

珍しい感覚です。



コメントレスです♪

lisaさん
頭が腐るから鳥頭になるのか・・・
はたまた鳥頭だから腐っていくのか・・・
どっちが先なんでしょうか(笑)?
(意地でも老化とはいいたくない年齢なんです・・orz)
買いたい同人誌は手帳にメモメモし確認しながら購入
毎月の購入予定表はスケジュール帳に管理・・
しているはずなのに、二重買い・・・・(笑)

コメントありがとうございました!

拍手[1回]

雪下の華 (いとう 由貴)

雪下の華 (リンクスロマンス) (単行本)
いとう 由貴 (著)
海老原 由里 (イラスト)




(あらすじ)

戦国時代―慎ましく暮らしていた僧侶の雪渓のもとに、国主の中井から仏典の講義依頼が舞い込んできた。父親を殺害し領主の座に収まった中井に対し、警戒心を抱いていた雪渓だったが、噂ほど酷い領主ではない中井に安心する。しかし、気を許したのも束の間“講義”と称し、強引に犯されてしまう。男であり俗世を離れた僧侶であるにも関わらず、雪渓を閉じこめ欲望をぶつけてくる中井。拒絶する心とは違い、中井の手管に快楽を感じはじめた雪渓は…。


いとうさんのなかでは今坊主というのが萌えなのでしょうか?

今月発売されたのは雑誌小説リンクスで掲載されていて

なぜかプラチナ文庫として発売された「凍える月影」といい

これといいもう全面坊主受けです(笑)

今まで読んだお坊さんのお話とは違って、

いとうさんらしい抒情的でエロエロしくって、でもどこか切ないこのお話

ああ・・・オヤジどころか坊主にまで萌えが広がっていきそうです(笑)



 
挿絵で萌えに萌えた「凍える月影」でしたが、これは海老原さんの挿絵で

ちょっとあっさりーとした感じです。

そして、受けは両作でお坊様なのですが

「凍える」のほうは黒い感情をもちながら愛されたいと願います

「雪下」のほうでは平穏な生活を送っていたのに、

いきなり大人のめくるめく愛情というやつにさらされて戸惑って

でも、傲慢で傲岸不遜な領主さまに心も身体も開かれ、とろかされて

大人になっていくお話です。


少年のころに魅かれた僧侶を

大人になってから見染めて、

心も身体もほんとうに人間にしちゃうというお話でした。

前作と対比しても楽しいし、このお話だけでも十分たのしめました。



コメントレスです♪

lさま

感想だけで萌え萌えしてくださってすごく嬉しいです(笑)
でも、本を読んだらいとうさんの僧侶パワーでますます萌え萌えしちゃえますよー
>坊主×坊主だれか書いてくれないかなぁ
おお・・そういう萌えもいいかも(笑)
でも、それに萌えたらもうお寺にお参りできないかも・(笑)

コメントありがとうございました♪



拍手[2回]

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People