忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

たとえ偽りの運命であっても  ( いとう 由貴 )

たとえ偽りの運命であっても (SHY文庫22) [文庫]
いとう 由貴 (著), 門地 かおり (イラスト)

たとえ偽りの運命であっても (SHY文庫22)



(内容)

可愛いアレク、おまえはわたしだけのものだ・・・

痩せっぽっちで苛められっ子のアレクは、夏期休暇のため生まれ育った家へ帰省する。
それはアレクにとって憂鬱な日々の始まりだった。
優秀な兄たちと違い、出来損ないのアレクは家族からも、使用人からも疎まれていた。
そんなアレクの心の支えは、従兄弟のレナードだ。
いつでもアレクを理解し、優しくしてくれるレナードが
アレクは大好きだった。
レナードもまたアレクをなによりも大事に想ってくれる。
レナードが与えてくれる愛をアレクは盲目的に受け入れるが・・・
人気シリーズ最新作、「たとえこの恋が罪であっても」「たとえ禁じられた恋であっても」「たとえ背徳の罠に堕ちても」に続く
シリーズ第4弾書下ろしでついに登場!




「たとえこの恋が罪であっても」で泣きに泣いた記憶があります。

書き下ろしも加えての文庫化で3冊とも新書と両方もってはおります。

これはSHYさんのHPで配信されていた作品です。

短いお話だった・・ような記憶があるのですが、こうして紙の本としてまとまってくれてうれしいです。

保管に困ることはあってもやっぱり紙で読むほうが好きな年代なのです(笑)


大仰な名前に込められていたのは両親の期待と愛情だったはずなのに

その理想に一ミリも近づけないことで両親や兄弟だけでなく使用人からさえも見下され

学校では苛められていたのです。

瑞樹と友達になり学校での生活は過ごしやすくなっていたものの

長期の休暇となれば憂鬱な我が家に帰るしかなく・・・

そんなアレクの唯一の救いは従兄弟であるレナードだけなのです。

幼い時から自分を大切にしてくれて愛してくれる唯一の存在

そんなレナードにとってもアレクは大事な存在なのです。

幼い時に両親を事故でなくしたレナードを慰めたものは幼いアレクなのです。

レナードが抱けば泣き止み、食事を食べる小さな赤ちゃん笑顔に救われていたのです。

猫かわいがりすぎて、閉じ込めて自分のためだけに生きる存在にしたいとの

腹黒い想いを知りもせずただただレナードの思うとおりになっていくアレクなのです。


この状態が不幸なのか幸福なのか・・と問われたらすごく疑問を感じるのですが

たったひとりの運命の人を見つけたら

腹黒くなっても手に入れたいと画策する執着攻めも好きなので

あたし的には楽しめた一冊です。


コメントレスです♪

まるさん

>最近の慈英&臣BLというより普通の恋愛小説のように感じていました。
あーまさにそのとおりですよね。
いやBLもボーイズラブなのですけどね(笑)
事件とか事故とかやたら過去がまとわりついてきたふたりなので
もう平和でイチャイチャだけでもいいんじゃないかと思ったのです(笑)
新しい展開になるのも楽しみなんですが、事件はもういいかなぁと・・
ヘタレなんです;;)

「いつも王子様が♡ 」がコラボ作品と教えて頂いてありがとうございました!
出版社さんの思惑にまんまとのり二冊揃えてしまいましたが、楽し萌えれました♪
佐原のツンデレぶりはほんと・・波多野を思い出しましたね。
どっちも変に右斜め横にそれた愛情表現をしてくるので
それぞれの相方さんにしか恋心は伝わりにくいかもですが
どっちもたしかに破れ鍋に綴じ蓋カップル・・・(笑)

>初めてのレーベルでどうかなと思っていましたが、しっとりとした大人のお話で良かったです。
ほんとですよねー
月村さんとデイアプラスというイメージが強すぎてちょっと違和感もあったのですが
大人のしっとりとした恋愛が展開されていてすごくよかったです♪
もちろん木下さんの挿絵効果も大きいとは思います~

それぞれの巻末についていた短いお話もすごくすごくよかったし
なによりあのペーパーがほんとよかったですよね!
これだから特典付きを諦めることはできないんですよね・・・(笑)

本が増えるということは萌えが蓄積されて嬉しい事なのですが
収納に困るという一面もあるのですよね・・・
いつか宝くじにあたったら個人的なBL図書館を作ってみたいです(笑)

コメントありがとうございましたm(__)m

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People