忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

英国紳士の意地悪な愛情 ( 神香 うらら )

英国紳士の意地悪な愛情 (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
神香 うらら (著), 椿森 花 (イラスト)

英国紳士の意地悪な愛情 (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)

母親が英国貴族と再婚、三兄弟の末っ子としてイギリスで暮らす和。
優しい長男に幼い頃から抱いてきた淡い想いを、次男・ローレンスに知られてしまう。
彼は和の叶わぬ恋をからかったかと思えば、失恋の慰めにと突然キスを―。

困惑を抱えたまま日本の大学へ留学した和の前に、
ギャラリーオーナーとして多忙を極めるはずのローレンスが現れ…!?




初めて読む作家さんだと思います。

ルチルではいつも買う作家さんが限定され始めてきたので購入数が少なくなってきたので

あたすじや挿絵をHPで確認して買うことにしました。

母親の再婚でひとりっこから三人兄弟へ

しかもイギリスの特権階級っぽい豪奢な雰囲気の家庭で生活することになった和

優しい金髪の長男に憧れのような恋心を持って入るのですけど

告白していままでの関係をつぶそうとは露ほども考えていません。

次男のローレンスは黒髪の傲岸不遜な横暴攻めです!

正直最初の何ページか読んでしまったら

最後が想像ついちゃうのですが

疲れているときは、こういう王道BLが変に癒やされて心地良いのです。



拍手[1回]

PR

花屋の店番 毎日晴天! 12    ( 菅野彰 )

花屋の店番 毎日晴天! 12 (キャラ文庫) [文庫]
菅野彰 (著), 二宮悦巳 (イラスト)

花屋の店番 毎日晴天! 12 (キャラ文庫)



(内容)

帯刀家次男の明信の恋人は、元ヤンキーの花屋の龍。
大学院に通う傍ら、空き時間に花屋でバイトをするのが日課だ。
ところが、その花屋の龍がここ数日不在で、理由も行方もわからない。
もしや捨てられた!? と心配する家族たちは入れ代わり立ち代わり花屋を訪れて!?
次男・明信と龍の恋ほか、
受験に失敗してしまった末っ子・真弓が起こす帯刀家を巻き込むひと騒動など、全3編を収録。




待望の晴天シリーズの続刊でしたが

以前の記事にも書いたのだけど、

スターターセットと賞して1~6巻セットに小冊子付きというものが出ると聞き

既刊のファンをほんとうにBL出版社さんは馬鹿にしているというか

足蹴にしているなということを再認識してしまったことで

ちょっとテンションが落ちてしまってたんですよね~

大好きなシリーズだけにちょっと・・というか本当に残念です。


大学院に通うかたわら花屋でバイトをしている明信。

普通に仕事をしているのだけど、

彼の家族たちはなぜか用もないのにお花をやたら買いに来て・・・

というのも、彼らの噂に名高い姉の新刊が発売されるということがありまして

姉が富士の樹海について語るという帯をみた瞬間に

明信の想い人は富士とは逆の方向に走って逃げたからです(笑)

姉の存在がどういうものであるかは家族のみならず、他人さんの口からだけでなく

テレビで放映された番組もあるとのこと・・・

噂で聞くだけであれなのに、過去であった人たちにはある種の恐ろしいものがあるようです。

かわいい弟をこまされたとあれば・・

どういう目にあうか思っただけでも恐ろしいというやつなんでしょうね・・・

結局姉は実際には現れませんけど

一度は影からこっそりとその実態を拝ませていただきたいような気持ちになっております(笑)


明信のほんとうに切ない気持ちを理解してくれるのは

やっぱりあの勇太なんですよね・・

彼の昔の苦労とか苦悩とかは伊達でないというか

いい男に育っておりますよ。


初版のみについているペーパーは逃げていた龍がもどってきたとき

傷心の明信を慰めていたのが、勇太だというのが気に入らなかったのか

真弓にむかって浮気していたと軽口を発したことが端で一家で昼のメロドラマが

繰り広げられていました(笑)

もし気になる方いられたらペーパーつきをお勧めいたします♪


コメントレスです♪

lisaさん
ブログで笑いを思い出しやっぱ読もう!と思いました。
ええ、笑いあり笑いありエロエロあり楽しく笑わさせていただきましたので
ぜひどうぞーとお勧めしたいです。
でも特典とかは特にないので黄色い本屋さんで購入でもいいのでは(笑)?
(最近出版社さんに不信感があります(笑)
楽しく過ごせる一冊です。
そして教えてくださった「マウリ」よかったですー
かわいくって癒されました!ありがとうございます(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝


まるさん
パソが調子悪かったとのこと、たいへんでしたね。
感想楽しく読んでくださったとのこと
いつもありがとうございます+.(◕ฺ ∀◕ฺ )゚+. 
あほな感想ばかりでごめんなさいとあやまりたいようなきもちです・・・
可南さんはよかったですよね。
せつな系では一番好きな方ですので気に入ってくださってよかったですー
クロさんが一番印象的ですよね!(笑)

そして駆け足のように12月はやってきましたよね!
今年も大掃除ではなく小掃除で満足して正月を迎えようと決心いたしております(笑)
月村さんは小説だけ買うつもりでしたが、コラボなら漫画も買わなきゃです!
情報ありがとうございます。
崎谷さんはお値段もいいので読み応え満載なんだろうなといまから月末が楽しみですよね。
丸木さん・・最近はライトなんですね・・・
どろどろは疲れるときがあるのであえて避けていたのですが
ようやく大人の階段を上ってチャレンジしてみますね!

読みたい本は多々あるのでほんとお菓子と本をもって冬眠したいですよね・・

「春恋」のコバルト版はほんとうにあれ・・・再会愛はここからじゃ
というところで終わっていたので、ほんとうになんとも言えない気持ちになりますよね・・
朝丘さんのHPで二人の想いが成就するとわかっていても
やっぱり本という形でちゃんとまとめて読めたあのときにようやく気持ちが安堵いたしました(笑)
あのときは子供だったから・・
というのは言い訳かもしれませんけど
ほんとうに大学生や高校生では大人じゃないんですよね。
責任とか大人に追及されたら、誠実な人ほど言葉にできないんだなと思います。
シーナと美里はあの蹴りあいではじめてほんとうに真摯に気持ちを語れたんでしょうね・・
あのケンカの意味はすごく深いなといまでも思ってます。

たくさんのコメントありがとうございました。
たいした情報をかくわけでもないし
いい感想をかけているわけでもないのですが
やっぱりみんなと感想や想いを共有できているという喜びがあります。

ありがとうございますヽ(✿╹◡╹)人(╹◡╹✿)-☆




拍手[2回]

「あの日校舎の階段で」の WEB限定SSが掲載されております!

執着愛がびっちりと詰まっているこの一冊

ショコラ文庫さんのサイトで SS が掲載されておりました。




「あの日校舎の階段で」→ 感想はこちら☆

最初にショコラノベルズで発売されていて

攻めである遠藤の暑苦しい執着に魅せられておりました(笑)

それをしょうがないなぁと受け入れる受けである笠井亨の度量の広さというか

間口の広さも可愛いのですよー

ということで文庫で新装版としてでましたときは描き下ろしも付いていると

いうことでまたまた買いましたよ・・・

二冊並んで本棚にありますよ・・・

ええ・・執着愛攻めスキーですものと開き直っております(笑)


番外編  「0.03」

あれこれいちゃこらしている夜の一時でございます。

受けの笠井は遠藤の硬い筋肉質な背中触れるよりは

たんぽぽの綿毛をあつめたようなふわふわのシーツの手触りが

好みのようです。

当然笠井の何もかもを手中に収めたい欲望を隠し持って・・って

全然隠しきれない遠藤には面白くない出来事です。(笑)

イブなのに・・・

恋人は自分に触れるよりシーツに触れていたほうが和むなんて・・

と恨みがましい気持ちが隠しきれません。

やれやれ・・と思いながらもまぁしょうがない遠藤を甘やかしてやる笠井ですが

なんといざことに及ぼうとするとゴムが無いのです(笑)!

じゃやーめーたとあっさりと引く笠井

それで諦める遠藤でなないということを誰よりも知っているんじゃと

ちょっと突っ込みたくなったのはあたしだけでしょうか(笑)

間が悪いことにちょうどメガネも壊しちゃったし

スペアのコンタクトレンズも切らしているというのに

コンビニにゴムを買いにいく遠藤

正直メガネのあたしとしてはメガネがない状況の怖さを知っているのですが

全くというわけではないのですが

薄ぼんやりとした視界の中で動くのって怖いんですよね・・

そんな情熱は補充備品のために今度から置いといたらいいよねー(笑)

怪我されちゃたいへんとあとから遠藤を追いかける笠井

コンビニでゴムの製品を真剣な目つきで吟味している遠藤をみて

ちょっと引き気味になりますが・・・

視力0.03の遠藤の世界で見つめているのは笠井だけと言われて

幸福になれるのなら

立派な破れ鍋に綴じ蓋なんだよと教えてあげたい・・・(笑)


番外編「iby」

笠井がお風呂から出てくると遠藤が笠井の携帯をいじっております・・

また携帯のチェックをしているのかと腹をたてるのですが

新しい携帯に新しいストラップをプレゼントしてくれたと知って

「ありがとう、大事にする」といっちゃえるんですよね。

たとえチェックはされているということはわかっていてもですが・・(笑)


同級生である及川からスカイプで連絡が来たときは

自分たちの関係は内緒にと言いつけていたにもかかわらず

平気で自分の存在を誇示する遠藤

そんな遠藤に腹を立てていし、重いと感はいるのです

心のどこかで許してやっている笠井です。

そしてある日結婚式を目前としている同僚と食事をしているとき

携帯に付けられていたストラップが実はプラチナで

結婚式を上げる同僚の指輪よりも高価なものだと知るのです。

ストラップの裏側にはもちろん「KtoT」

圭佑のK 亨のTですよねもちろん♪

しかも指輪に掘られたラテン語は「永遠の愛をあなたに」だし

刻まれているアイビーの文様の花言葉は

「死んでも離れない」だそうですよ・・・

ふふふふっふ

その日残業して帰ってきた笠井の携帯にストラップがついていないと

気がついて慌てる笠井

そんな笠井に高いものは携帯に付けれないと突っぱねる遠藤

無くしてもいいから持っていてとすがる遠藤に視線を合わせることなく

「なくしたくない」と言い、チェーンを買ってネックレスにするという笠井が

とってもツンデレというか大容量でもOKな人格者に思えてきました。

何十年という月日がたっても変わらない二人のその後もちょっと

読んでみたいです。

笠井のご両親の男夫夫に歓待されてちょっと困っている遠藤とか、

みんなで仲良く茶飲み話しているとか

そこで遠藤の執着がみんなのかっこうの面白いネタとして遊ばれているのに

気が付かず、もっと笠井を手にれたいと願っている遠藤の本心を吐露して

ますます笠井にあきれ果てられるというのはいかがでしょうか(笑)?




拍手[1回]

あの日、校舎の階段で (佐田 三季)

あの日、校舎の階段で (ショコラ文庫) [文庫]

 佐田 三季(著) 麻生ミツ晃(イラスト) 


あの日、校舎の階段で (ショコラ文庫)




(内容)
高校時代、親友だった笠井亨と遠藤圭祐。遠藤がゲイの友人を不登校に追い込んだことで仲違いした二人だが、同窓会で十年ぶりに再会し、また付き合いが始まる。だが笠井は偶然、遠藤が自分をずっと好きだったことを知ってしまった。友達でいいと言う遠藤を切り捨てられず一度は受け入れた笠井は、しかし自分に向けられる執着と欲望に耐えきれず、遠藤の前から姿を消すが――。衝撃作、ノベルス未収録作と書下ろしを加え文庫化!




以前ショコラノベルズとして発売されていたこの作品

文庫化にあたってノベルズ未収録作品と書下ろしがついていたので

購入しました・・・

まぁ文庫のほうが持ち運びしやすいしと自分の心のなかで言い訳しつつですけどね(笑)

以前と印象は変わりないと思いながら、

でも読み手であるあたし自身もちょっとは変わってきているのか

ちょっと違った印象を感じてもおります→以前の感想はこちら☆☆

相変わらず遠藤の執着具合とストーカー具合がいい感じで描かれております。



あの当時、父親同士の家族で育った笠井亨は

家族としてはなんの違和感も支障も感じなかったのに

心ない近所の噂話とか、教師の言葉に傷ついてしまい

でもだからといってそのことを両親(実の父親と育ての父親のカップル)には

言えないんですよね・・・

そのことによって傷ついてしまえば両親を傷つけてしまうからだし

自分自身が恥じてしまうことで、より自分自身も両親も傷つけてしまうしね・・


潔癖な心優しい笠井だからこそ

高校時代に自分に告白してくれた同級生に誠実に対応することができたし

その同級生を糾弾した遠藤が許せなかったんでしょうしね。




でも遠藤の切ない恋心(笑)?を知って

自分は遠藤の気持ちに嫌悪感と不快感しか感じないと

全身全霊で拒否していたんですけど

一度は引っ越して姿を隠しちゃうんですけど

体だけしかやらないとなって

体だけ求める関係が続くんですけど

自分は一片の優しい気持ちを与えれないのに

遠藤は変わりなく、

いえ一緒に暮らすようになってからは今まで以上の執着と恋情を顕にしていくのですが

その気持に応えれないというところで

遠藤に対して可哀想という気持ちが湧いて出るんですよね。

それがまたストレスとなって胃に穴を開けて死んじゃいそうになるんです。

不思議なことに胃カメラで止血処置されながら苦しさにあえいでいるのに

美しい場所にいて、そこに遠藤が居ないことに寂しさを感じているんですよ。


かわいそうと思ったときは、もう惚れたということなのかな(笑)

もしかしたら壮大ないちゃいちゃを読んでいるのかもと

ちょっと思ってしまいました(笑)



コメントレスです

ゆうみさん

毎回毎回フェアーに踊らされて悩みますよね・・
でも本編より甘くていちゃいちゃしている小冊子の存在ってけっこう大きくて
なかなか大人な態度で無視できませんよね;;
今回もやさしい提案ありがとうございました。
どうしてもだめそうならお縋りさせてくださいねm(__)m

コメントありがとうございました。






拍手[1回]

闇夜に惑う花 (仙道 はるか )

闇夜に惑う花 (講談社X文庫―ホワイトハート) [文庫]
仙道 はるか (著), 陵 クミコ (イラスト)

闇夜に惑う花 (講談社X文庫―ホワイトハート)




(あらすじ)

 城之内亮介は生徒や父兄からも人気がある若手の小学校教師。だが、彼にはある秘密があった。週末になると街をさまよい、同性の一夜限りの相手を探すのだ。しかし、その晩関係を結んだのは、高校時代の同級生で、同じ学校に赴任してきたばかりの同僚・結城翠だった。結城の変装に気づかず、関係を持ってしまったのだ。過去に恋人を自殺で失った過去があり、それ以来、ステディな恋人は作らないと決めていた亮介。しかし、一方の結城は、職場では決して見せない表情を見せ、情事をネタにしつこく交際を迫ってくる。一見、善良な教師そのものに見える結城も、実は人には言えない心の傷と裏の顔を持っていたのだ。
 すれ違い傷つけ合う、不器用な大人の恋の行方は?


初読み作家さんだと思います、たぶん。

自分の記憶に自信がないので曖昧な言葉で書いてしまいがち(笑)

あらすじに惹かれて購入した一冊



普段は真面目な小学校教師が

週末の夜は淫乱なビッチちゃんに変身しちゃうのですが

ある夜出会った男は・・高校の時の同級生でおたがいの秘密を共有してて

現在は同じ学校の教師でした。

傲岸不遜な攻めに翻弄されているだけのお話かとおもいきや

自分の性癖に悩み尽くしていて

親に十分に愛されまくっていたことが自分にとって傷になっていて

はじめての男は高校生の時の教師で妻にその関係がバレたときに

高校の屋上から飛び降りてしまったという大きなトラウマになり

その男と関係をもっていた週末になると男を漁らなくてはしょうがないという男なので

やたら取り扱いが面倒な人です(笑)



攻めも父親がヤクザということで抗争に巻きこまれ大事な人を目の前で刺されるという傷があり

心のどこかで大事な人を作りたくないという気持ちを刷り込みに近い状態でもってまして

高校の時にであって気になる存在でもあったのですが

恋いと気がつく前に受けがショックで傷心のまま高校を転校されてしまいます。


そしてふたりは同じ学校の教師として再会し恋を育んでいくのですが

トラウマ持ちの二人なのでそう素直には恋とは進んでいかず

体の関係だけが進んでいくのですが

ある事件の解決と共にちょっと?すごく素直に感情を伴って恋となっていくのですが

その受けの変貌ぶりが可愛らしいのです!

挿絵効果もあるのですが、大きな大型犬がじゃれあっていると考えてください(笑)

拍手[0回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People