忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花屋の店番 毎日晴天! 12    ( 菅野彰 )

花屋の店番 毎日晴天! 12 (キャラ文庫) [文庫]
菅野彰 (著), 二宮悦巳 (イラスト)

花屋の店番 毎日晴天! 12 (キャラ文庫)



(内容)

帯刀家次男の明信の恋人は、元ヤンキーの花屋の龍。
大学院に通う傍ら、空き時間に花屋でバイトをするのが日課だ。
ところが、その花屋の龍がここ数日不在で、理由も行方もわからない。
もしや捨てられた!? と心配する家族たちは入れ代わり立ち代わり花屋を訪れて!?
次男・明信と龍の恋ほか、
受験に失敗してしまった末っ子・真弓が起こす帯刀家を巻き込むひと騒動など、全3編を収録。




待望の晴天シリーズの続刊でしたが

以前の記事にも書いたのだけど、

スターターセットと賞して1~6巻セットに小冊子付きというものが出ると聞き

既刊のファンをほんとうにBL出版社さんは馬鹿にしているというか

足蹴にしているなということを再認識してしまったことで

ちょっとテンションが落ちてしまってたんですよね~

大好きなシリーズだけにちょっと・・というか本当に残念です。


大学院に通うかたわら花屋でバイトをしている明信。

普通に仕事をしているのだけど、

彼の家族たちはなぜか用もないのにお花をやたら買いに来て・・・

というのも、彼らの噂に名高い姉の新刊が発売されるということがありまして

姉が富士の樹海について語るという帯をみた瞬間に

明信の想い人は富士とは逆の方向に走って逃げたからです(笑)

姉の存在がどういうものであるかは家族のみならず、他人さんの口からだけでなく

テレビで放映された番組もあるとのこと・・・

噂で聞くだけであれなのに、過去であった人たちにはある種の恐ろしいものがあるようです。

かわいい弟をこまされたとあれば・・

どういう目にあうか思っただけでも恐ろしいというやつなんでしょうね・・・

結局姉は実際には現れませんけど

一度は影からこっそりとその実態を拝ませていただきたいような気持ちになっております(笑)


明信のほんとうに切ない気持ちを理解してくれるのは

やっぱりあの勇太なんですよね・・

彼の昔の苦労とか苦悩とかは伊達でないというか

いい男に育っておりますよ。


初版のみについているペーパーは逃げていた龍がもどってきたとき

傷心の明信を慰めていたのが、勇太だというのが気に入らなかったのか

真弓にむかって浮気していたと軽口を発したことが端で一家で昼のメロドラマが

繰り広げられていました(笑)

もし気になる方いられたらペーパーつきをお勧めいたします♪


コメントレスです♪

lisaさん
ブログで笑いを思い出しやっぱ読もう!と思いました。
ええ、笑いあり笑いありエロエロあり楽しく笑わさせていただきましたので
ぜひどうぞーとお勧めしたいです。
でも特典とかは特にないので黄色い本屋さんで購入でもいいのでは(笑)?
(最近出版社さんに不信感があります(笑)
楽しく過ごせる一冊です。
そして教えてくださった「マウリ」よかったですー
かわいくって癒されました!ありがとうございます(人(エ)-)謝謝(-(エ)人)謝謝


まるさん
パソが調子悪かったとのこと、たいへんでしたね。
感想楽しく読んでくださったとのこと
いつもありがとうございます+.(◕ฺ ∀◕ฺ )゚+. 
あほな感想ばかりでごめんなさいとあやまりたいようなきもちです・・・
可南さんはよかったですよね。
せつな系では一番好きな方ですので気に入ってくださってよかったですー
クロさんが一番印象的ですよね!(笑)

そして駆け足のように12月はやってきましたよね!
今年も大掃除ではなく小掃除で満足して正月を迎えようと決心いたしております(笑)
月村さんは小説だけ買うつもりでしたが、コラボなら漫画も買わなきゃです!
情報ありがとうございます。
崎谷さんはお値段もいいので読み応え満載なんだろうなといまから月末が楽しみですよね。
丸木さん・・最近はライトなんですね・・・
どろどろは疲れるときがあるのであえて避けていたのですが
ようやく大人の階段を上ってチャレンジしてみますね!

読みたい本は多々あるのでほんとお菓子と本をもって冬眠したいですよね・・

「春恋」のコバルト版はほんとうにあれ・・・再会愛はここからじゃ
というところで終わっていたので、ほんとうになんとも言えない気持ちになりますよね・・
朝丘さんのHPで二人の想いが成就するとわかっていても
やっぱり本という形でちゃんとまとめて読めたあのときにようやく気持ちが安堵いたしました(笑)
あのときは子供だったから・・
というのは言い訳かもしれませんけど
ほんとうに大学生や高校生では大人じゃないんですよね。
責任とか大人に追及されたら、誠実な人ほど言葉にできないんだなと思います。
シーナと美里はあの蹴りあいではじめてほんとうに真摯に気持ちを語れたんでしょうね・・
あのケンカの意味はすごく深いなといまでも思ってます。

たくさんのコメントありがとうございました。
たいした情報をかくわけでもないし
いい感想をかけているわけでもないのですが
やっぱりみんなと感想や想いを共有できているという喜びがあります。

ありがとうございますヽ(✿╹◡╹)人(╹◡╹✿)-☆




拍手[2回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People