忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

僕らの愛のカタチ  (小川 いら)

僕らの愛のカタチ (幻冬舎ルチル文庫) [文庫]
小川 いら (著), 山本 小鉄子 (イラスト)

僕らの愛のカタチ (幻冬舎ルチル文庫)



(内容)

今年で33歳になる英語教師・三上純也は現在フリー。
だけど在外ジャーナリストで大学時代からの付き合いの高畠晃とは、
帰国すると真っ先に純也の家に来て宿泊、そしてHをする仲だった。
純也にとって晃は初めての男でずっと好きな人だったが、
お互いの気持ちを確かめたことはない。
将来の見えないこの関係のままでいいのか、不安に思う純也だけど…。




最近本屋さんに行くことがめっきり少なくなりました。

というわけで、あらすじで購入を決めて買うことが多いのです。

お話の前半はまさにこのあらすじ通りの展開ですが

後半は、こうくるか。。。と思う展開でした。

う~~ん


前半のお話のテンションが切なさ全開

恋に迷う男の子たちが可愛かったです。

18で知り合って、恋+友情+肉体関係みたいな関係を保ってきたふたり

海外で活躍するジャーナリストである高畠晃

初めての男で初恋の男で、ずっとずっと好きだった男

けれど彼と自分の関係に明確な形も愛の言葉もなく・・

危険と隣り合わせの男との関係にすこし疲れも感じ始めてきたところに

ある事件がおきて

この恋は捨ててしまうと決心するのです。


後半二組のレズカップルと赤ちゃんと両親が関わってきたあたりから

切なさは程遠くなっていっております。

夫婦であることを選んだ二人の絆が赤ちゃんであることは悪くないことなのですが

唐突感がありすぎと

前半のお話の流れとはちょっと違いすぎていて

ついていけない感覚が・・・

挿絵もあらすじもばっきり好みであったぶんちょっと残念な感じがいたしました。


拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People