忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

従者にあらず ( 椹野 道流)

従者にあらず (プラチナ文庫) [文庫]
椹野 道流 (著), ウノハナ (イラスト)

従者にあらず (プラチナ文庫)



(内容)

あんたが俺だけに我が儘を言うってのは、いい気分だ。

パン屋のホルガーは、毎晩やって来る客の魔法使い・ロテールが気になっていた。
無表情で無感情な彼に戸惑うものの、その惨憺たる食生活を聞いて、放っておけなくなる。
拒絶するロテールを「親切の押し売りだ! 」と説き伏せ食事をさせ、
頑固で面倒な奴と思いつつも、せっせと世話を焼いた。

そして酔ったロテールが露わにした脆い素顔に、たまらない気持ちになって抱き締め……。



表紙とあらすじに惹かれて購入いたしました。

されどご主人様 (プラチナ文庫)」のスピンオフ作品らしい・・

と気がついたのは読んだ後で・・

これがほんとの後の祭り(笑)?

世界観は同じかもしれないけれど、そちらの作品の方は

最近は少年よりは親父のほうが好みなので読んでおりません(笑)

が、まったく内容的には支障なく読めました。



魔法の腕はピカイチなのだけど、今一歩人間としては不器用な魔法使いローテル

一日の食事は古いパンを湯に浸して食べるだけ・・・

古いパンがなければ白湯だけでいいとか・・

なんかどこかが変なのです。

短い会話からすこしずつ彼に惹かれていくのです。

6年間毎日パンを売り買いしていて名前を知って

彼の過去をほんとうに少しずつ知っていくのです。


貧しさゆえに親に魔法使いに売られたロテール

魔法使いの師匠も食生活に興味があるわけではなく

ただ生きていくために食べれたらそれでいいという考え方でしたので

ちゃんとした食生活をしてほしいというホルガーの気持ちが今一歩理解できません。


そんなある日ロテールが5日も現れないのです。

心配になって押しかけてみれば・・・なんと寝食も忘れて難しい薬を作って

倒れてしまっていたという・・・

彼のために夕食を用意したり、細々と世話を焼くシーンはほんとうに

ほのぼのを楽しむことが出来ました。

魔法使いロテールの過去の生活のあれやこれやとか

過去の友人の話とか心痛む話もあちこち取り混ぜてあったのですが

最後は幸福でいてよかったねーという感じで終わっています。


明治さんの「坂の上の魔法使い」に似た世界観かな・・・

漫画と小説ではすこし違うかもしれないけど

大切な人に出会って、守って、守られて細々お世話してもらえれるお話というのが

好みだと気がついた一冊です(笑)






拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People