忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

erotica (榎田 尤利)

erotica [単行本]
榎田 尤利 (著),
中村明日美子 (イラスト), 今市子 (イラスト), えすとえむ (イラスト), 円陣闇丸 (イラスト), 鬼嶋兵伍 (イラスト), 腰乃 (イラスト)

erotica



大人気小説家・榎田尤利が『エロティック』をテーマに描く、
3P、SM、極道、●●●●など、いろんなHがたっぷり詰まった贅沢な【エロ特化】初短編集!!
中村明日美子のカバーイラストをはじめ、今市子、えすとえむ、円陣闇丸、鬼嶋兵伍、腰乃、豪華美麗イラスト陣が、華を添える★

弱みを握られ、脅され、ふたりがかりで辱められ――支配するものがその立場を奪われ、悦楽に跪くとき…。
『10×3』をはじめ、書き下ろし含む全6編、密室、玩具、極道など、榎田尤利がこだわりぬいた極上のエロティック短編集
 


本は常に紙媒体で持ち歩きたい方なので、書籍の大きさよりは文庫化新書の大きさがありがたい派です。

収録作品も雑誌や同人誌で掲載されてきた作品が三本

書き下ろしが三本となれば・・本棚圧迫しちゃう書籍じゃなくってもよかったんじゃないかなと

一言つぶやかせてください(笑)

<収録作品>
痛い靴  CUT/えすとえむ 
ストロベリー  CUT/腰乃
10×3  CUT/円陣闇丸
カルメン  CUT/鬼嶋兵伍
クリスタル  CUT/中村明日美子
書生の戀  CUT/今 市子

※「痛い靴」は合同同人誌『エロチカ』(2007年)より再録
※「カルメン」は小説b-boy2009年7月号掲載
※「クリスタル」は『エロとじ』2007年6月より再録

ただいまリブレさんで榎田 尤利フェアーというのを行っておりまして、

既刊を購入すると「ストロベリー」の短いお話の載ったペーパーが付きます。

あたしはちょうど購入を控えておりました本で買うことができましたが

ペーパーを欲しがる腐女子なら既刊はすでに購入なさっておるかたが多いのではないのでしょうか・・

こういう既刊フェアーは出版社側にとっては美味しいのでしょうか・・・

ぶつぶつ文句をいってもなくなりませんよね。

まぁ出版社の思惑にきれいに乗っかって購入したあたしが言うのもなんなんでしょうけどね(笑)

短いお話で必ずエロが追求されておりますが、

短いお話でここまで読ませる力量のある作家さんですので読み応えありました。



ストロベリー  CUT/腰乃

ノンケ満載の館野でしたが、仕事で知り合ったキラキラした王子様篠田から告白され

友情と思っておりました、じつは篠田に愛を告白されて嬉しいと思ってしまったのです。

誰よりも綺麗でエロい王子様が自分の股間に顔をうずめて苦しさすら喜びに感じている姿をみて

興奮している最中結婚式のことを考えて早くいかないようにがんばります。

でも、一ヶ月ぶりの逢瀬でエロカワイイ恋人に口淫されてしまったらどうにもならないようです(笑)

まぁ一回出して落ち着いたところで気になるのは篠田が持ってきた白い箱です。

どっちの誕生日でもないのにといぶかる館野に篠田は

自分と館野が初めてセックスした日と答えます。

そしてそれは篠田がバックバージンを失った記念日なんです。

もう一年たつんだなと思い至る館野の言葉に篠田はなぜか元気がなく・・

記念日だからいっぱいしたいといいます。どっちかがいかせたらイチゴをたべれるんだと

イチゴの香りのするキスを堪能しながらこれから始まる一周年のイベントに心弾む館野です。


けれど館野と触れ合いながら篠田が思うことは、これからの別れの予感なのです・・・

館野の同僚から聞いた、館野の結婚式の話に心は打ちひしがれております・・・

友人のふりで過ごした二年の月日

それすらも苦しくなってなにもかもぶち壊そうと告白した悲しみ

二度と会うことはないという悲壮な覚悟でした告白を舘野は受け入れてくれるのです。

思いがけない幸福を失いたくなくって努力した日々

そして手に入れることができた幸福がいつのまにか当たり前になってしまったのだけど・・

やっぱり館野はおっぱい星人で自分を捨てようとしているのだということに気がついてしまうのです。

捨てられる前に一度でいいから館野を抱きたいという思いを貫くために

快感で館野をヘロヘロにしちゃってなしくずしに迫る篠田のせつない想いがよかったのですよ~

体をつなげながら快感を感じているはずなのに篠田の頭の中はもうね哀しい気持ちでいっぱいなんですよ。

ぼろぼろ泣いて、ずるずる洟水たらして、でも腰は動かしちゃうという(笑)

まぁ結婚式は実は館野の実の姉でというオチがありますが

切なくて可愛くてエロい王子様を堪能なさりたい方はいかがでしょうか(笑)?


そしてペーパーでは館野好き好き光線を出しながら館野の姉の結婚式に参加する篠田が

楽しむことができます。

姉と妹の祝福を受けちゃったのなら幸福になるしかしょうがないよね(笑)



コメントレスです♪

まるさん
レス遅くなり申し訳ないです。
BL本は読んでいるのですが、日常生活で気になることがあるとなかなか感想をかくまでに
いたりません・・
>地味だけどとても優しいお話でしたね。
ほんとうに、デビュー作もよかったのですけど、これも読み応えありました。
読後感がほっとできる作品も大好きなんです。
後半の日下部視点があるから余計にお話が堪能できましたよね!
大人のずるさとか弱さを支えて共に生きてくれそうな和音の強さが際立ったようなきがします。
>「結婚しました」ハガキのような表紙もよかったですよね。
そう言われて表紙をまじまじと見返しちゃいました(笑)
たしかになんだかそういう構図というかポーズですよねー
幸福なふたりのままでいてほしいな・・
もうちょっと続きが読みたいような気持ちになりました。
三十年後・・やっぱり日下部は和音のお尻に喜んで敷かれているような気がします(笑)

コメントありがとうございました!




拍手[0回]

PR

優しいSの育て方 (榎田 尤利 )


優しいSの育て方 (SHYノベルス275) [新書
榎田 尤利 (著), 草間 さかえ (イラスト)




(あらすじ)

恋をすると世界が変わる 立派な身体に繊細な心を持つ大学生・栄田惣は、生まれて初めての恋に落ちた。 ひと目惚れの相手は通称「殿下」。 整った容貌、穏やかな雰囲気から人気の文学部准教授・宮隆由紀だ。 声を聞くだけで、姿を見るだけで栄田の心も頭も宮でいっぱいになってしまう。 けれど、宮にはある秘密があって・・・ 心優しい栄田と、一筋縄ではいかない宮のちょっと変わったピュアラブ誕生!! 恋のときめきご教授します!!
SMとオジサン受け・・・

どうやって料理しちゃうのかなと思っておりましたが

さすがの榎田先生です。

暗くもなく軽くもなくSMの世界というものに目を開かせていただきました。


立派な身体に繊細な心を持つ大学生・栄田惣の初恋の相手は

整った容貌、穏やかな雰囲気から人気の文学部准教授・宮隆由紀

恋をする事ひとつとってさえ自分には不似合いだと思ってしまう

デリケートな気持ちの青年が恋をして 彼に育ててもらうお話なんですが

実は彼は・・・Mだったのです!(笑)


偶然彼と助教授である王とのセッションに遭遇しちゃう事になり

SMについて懇切丁寧に教えてもらう。

そして栄田に自分の性嗜好をかなえてくれるSになるのは無理だから

自分を諦めるように問いかけるのですが

恋の揺れ動く感情が自分には無理と逃げていた青年栄田が

諦めきれない、先生が好きだから先生の為にがんばってSになると言っちゃうのです。

Sになろうとする彼の為に王がプロの調教師の腕を振るうのですが

ここらあたりの描写も淫靡になりすぎず、流されもせず

二人の気持ちがだんだん恋に変化しちゃっている様子がじれじれ伝わってきていいのです。

最後に宮をこういうふうに育て上げて逃げた人間の存在が露わになり

ひと波乱ありましたが

無事に?恋愛から初めてのセックスまでいたしちゃえています(笑)

まぁいってみれば最初に変な男に引っ掛かって隠された性癖を露わにされ

壊されかかった宮もある意味恋愛に関しては初心者以下ということもあったのですが

ようやくこの気持ちが愛だったということに気がつけたので

ちゃんとしたSじゃないないかもしれないけど

自分好みのSに育てていけると思います(笑)


脇役の王がまたいいのですよね!

広東語と北京語と英語と日本語を操りながら社会学の助教

しかし~プロの調教師の顔を隠し持っていて

ひょうひょうと笑いながら人生を生きてる彼の過去をしりたいような・・・

そういう彼に似合うぴったりのMとの恋を読みたいような・・・

案外S同士で闘い合って恋していくのか・・

なんていう妄想を楽しめる人でした。


年末の忙しさを乗り切るためには萌え補給が十分必要と思われる方

いかがでしょうか(笑)?



拍手[0回]

交渉人は愛される(榎田 尤利 )


交渉人は愛される (SHYノベルス) [新書]
榎田 尤利 (著), 奈良 千春 (イラスト)




(あらすじ)

もっと俺を欲しがれよ。俺がおまえを欲しいのと同じくらい、欲しがってくれ!!

下町は両国に芽吹ネゴオフィスの事務所を構える民間の交渉人・芽吹章の恋人は泣く子も黙ると評判の周防組の若頭・兵頭寿悦だ。
いくつもの試練を乗り越え、強い絆を持つようになったふたりだが、芽吹には芽吹の兵頭には兵頭の仕事があり、交渉人とヤクザであるふたりの考えが相容れるはずがなかった。
そんなある日、芽吹はある男の依頼を受けるだが、
それは兵頭を相手に交渉することでもあった!?
恋人でありながら、時には敵対するふたりが手に入れた結末とは・・・

交渉人シリーズ第7弾!!(EXを含む)


第1弾:交渉人は黙らない
第2弾:交渉人は疑わない
第3弾:交渉人は振り返る
第4弾:交渉人は嵌められる
第5弾:交渉人は諦めない
第6弾:スウィーパーはときどき笑う(交渉人シリーズEX.)
第7弾:交渉人は愛される
 
今更感想がぞくぞくと続きます・・・

あきらめてお付き合いよろしくお願いいたしますね(ぺこぺこ


芽吹と兵頭の恋がここまで続いて、

そしてようやくお互いにとって必要不可欠な存在だったということに気が付いたお話で締めくくりでしたね。

ふたりが結婚式を挙げている姿は静かでそれでいてとても幸福でぬくもりを感じました。

両親ともに生きることに見切りをつけたという不幸な生い立ちゆえに誰よりも死を渇望しながらも

誰よりも生きることに執着しあがいていた芽吹が

兵頭とともに長い時間を生きていき

さまざまな事件や出来事を経ていくうちに

こんなにも生きること生活すること日常を楽しんで愛して穏やかにいられるように

なっていく過程がすごくいとおしいです。


この話が一応完結であるのですが

続くかもと作者様があとがきで含んでおられましたが

続くことで芽吹にまた試練が与えられるのなら

このままでいいんじゃないかなとちょっと感傷的になってしまいました(笑)






 

拍手[2回]

犬ほど素敵な商売はない(榎田 尤利)&小冊子


犬ほど素敵な商売はない (SHYノベルス164)
 榎田 尤利 (著) 志水 ゆき (イラスト)



(あらすじ)

★Pet Loversシリーズ 第1弾 悪い子だ。発情してしまったのか?
自覚のあるろくでなし・三浦倖夫は、うだるように暑い夏のある日、会員制のデートクラブ「Pet Lovers」から「犬」として、寡黙で美しい男・轡田の屋敷に派遣される。そこで倖夫を待っていたのは厳格な主人轡田の厳しい躾の日々だった。人でありながら犬扱いされることへの屈辱と羞恥。そして、身体の奥底に感じる正体不明の熱・・・次第に深みにはまっていくふたりだったが!?
榎田さんの既刊本フェアーにまんまと乗せられて買ってきました。
 
だって小冊子がほしかったんもの・・・

ということでPet Loversシリーズ 第1弾 の感想もあげていなかったので

今回再読で感想を書いておきます。



最初に読んだときは愛を持つことすらかなわかった小さな子供が

犬でもいいから愛されたいと願い続けるお話があまりにも痛々しすぎて

切なさも堪能できませんでしたが

あのころからあたしも少しは大人の階段を駆け上がってしまっているようで

犬として躾けられながら

愛され守られ幸福であると感じることがどんなにか人にとって必要だったのか

そこらが楽しく読み終えることができました。

a49fad94.jpg






















そして小冊子なんですが

鬼畜な既刊本フェアーとはいえ、こうも濃厚な甘さを堪能できるのなら

15Pの薄い本でも十分に満足できました。

飼い主と犬という関係でなくなってからのふたりのお話です。

ある日犬を飼いたいと呟く倖夫でした。

大賛成をしてくるだろうと思っていた轡田でしたが

あまり乗り気でない様子・・・

犬が欲しいと再度呟くと

世話がたいへんだし、不在のときはどうすると畳み掛けてきます。

いや倖夫にしろ我をはってまで犬が欲しいわけではないのですが

なんとなく口に出しただけというのですが

轡田があんまりむきになって妙に頑なな態度なので余計にむきになってしまった様子

再度犬を飼いたい攻撃?をし続ける倖夫に

轡田が示した提案は・・・

自分が犬になるということでした。

犬となってもなぜかエロい轡田の攻撃に簡単に落ちちゃう倖夫がほんとうにエロ可愛いです。

エロ犬とエロ可愛い飼い主とでもうじゅうぶんにバカップル・・・(笑)



コメントレスです♪

あきりんりんさん

>あさぎりさん結構読んでます
おおーここにも同士が!(はーと
あたしは小学生のときになかよしで可愛い系の漫画で読んでおりましたので
BLであさぎりさんの名前見たときは正直びっくらしました(笑)
泉くんシリーズあたしも好きです。
>何作かは司書のひとにいってだしてもらう本もあって
羞恥プレイ&勇気のある行動に感激です!
BL愛してなきゃそこまでできませんよね!
でも・・肌色の多い表紙だったら・・ちょっと躊躇しちゃう小心者です(笑)
図書館は利用者から要望をだしたらどんどん入荷してくれるので
これからも充実したBL生活をおくるために要望をださなきゃいけませんね
>そういえばいつも行ってる歯医者さん漫画の中に一冊BL小説がまぎれているの発見しました
おおー歯科衛生士さんが買ってきたのでしょうか・・
それとも患者さんがこっそりと布教活動のために放置プレイしているとか
でも隠れとはいえBLを楽しんでいる方々がいることは励みになりますよね!

コメントありがとうございました♪







拍手[2回]

交渉人は諦めない (榎田 尤利 )


交渉人は諦めない (SHYノベルス) [新書]
榎田 尤利 (著)
奈良 千春 (イラスト)
 



(あらすじ)

「俺は先輩だけの男です・・・たとえなにがあろうと、絶対に」
 
下町は両国に芽吹ネゴオフィスとして事務所を構える芽吹章は、
嫁姑問題以外ならなんでもござれの交渉人だ。
そんな芽吹の恋人は泣く子も黙ると評判のヤクザ兵頭寿悦だった、
ほんの少し前までは……
いまや兵頭は芽吹の敵でもある天才詐欺師・環の恋人となり、
痛めつけられる芽吹を見ても顔色ひとつ変えない。
仕事も恋もうまくいかず、傷心の日々を送る芽吹だが、
人を信じることをやめようとしない。
そんな芽吹に、環は苛立ちを隠さず……!?

 俺は俺を信じる。人を信じていこうとしてる、自分を信じる! 
すべてを懸けて、芽吹の反撃が始まる!?

第1弾:交渉人は黙らない
第2弾:交渉人は疑わない
 第3弾:交渉人は振り返る
第4弾:交渉人は嵌められる
第5弾:交渉人は諦めない
とうとうUSBと二つの事件は回転し、流れに流されて解明しつつあります。

二つの事件のカギを握る存在となる環もまた悲しい過去をもつようです。

芽吹と同じような傷をもちながら、かたほうは信じることに懸命に努力し

片方は信じないことに諦念している。

信じることに裏切られることもままあるのになぜ芽吹は信じられるのか・・・

それは芽吹の殻を破った兵頭の存在であり

その殻を一枚一枚丁寧に剥いて行った自殺した若林の存在であり

法律の勉強をともにすごした七五三野の存在であり

事務の仕事をしながら母の様に気遣ってくれるさゆりさんという存在があると思う。

そういういろいろな存在を助けながら助け合っていき

同じ時間を共有したという想いが強固な関係を作っていくのに

環はそれらすべてを否定してしまっていてそういう想いも楽しさも苦痛もしらず

ただただ人を苦しめる姿に歓びを感じて生きてきた。

そういうふたりが戦い合って傷つけ傷つけられて

最後に勝利するのは読者には簡単に分かる仕掛けだったと思う。

この事件を元にして

芽吹は兵頭への思いを強固に固めて行った。

自分の男、自分だけの男そういう独占欲にかられる自分

そう思える男に抱かれて幸福を感じる自分に幸福を感じながら

一抹の悔恨の情も忘れない。

生きることって、生き続けることって簡単なようで難しく

それでも、その生活を自分だけの男と生きれたらある意味幸福なんだと思う。


次回は大きい子と小さい子とのコンビのスピンオフが12月にでるらしい。

ハリセンボンの様に生きている小さい子がどういうふうに愛を感じて行くのか

榎田さんに期待大です♪

今回でたこの二冊とそのスピンオフで小冊子を来年から応募できるというのを

忘れないようにしないと・・・

そのあとでまた大人コンビのお話に続くらしい。

今度はできたらちょっと昔の夫婦漫才のような掛け合いを楽しみたいような気がする。

拍手[2回]

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People