忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

毎日晴天! 新装版  ( 二宮悦巳)

毎日晴天! 新装版 (キャラコミックス) [コミック]
二宮悦巳 (著), 菅野 彰 (著)

毎日晴天! 新装版 (キャラコミックス)



(内容)

SF雑誌の編集者・帯刀大河に、ある日突然新しい家族ができちゃった!?
寝耳に水の姉の結婚で、義兄となった阿蘇芳秀は、なんと担当作家で、高校時代のクラスメート。
でも大反対する大河をよそに、肝心の姉がいきなり失踪!! おかげで大河は弟達の面倒を見つつ、なし崩しに秀と同居するハメに…!?

コミックス既刊の1巻と2巻を同時収録し、菅野彰の書き下ろし小説を加えた新装版。





書き下ろし小説が目当てで購入いたしました・・・

すでに漫画は持っているのですが、

書き下ろしがあるとなれば買いたくなるというこの悪癖が

出版社さまに足元を見られているのでしょうね(笑)

漫画もこうやって出し直すなら

小説もいっそ書き下ろしをつけて新装版にして出し直しをして

応募券をつけて小冊子発行してくれたのならよかったのかもです(笑)


表紙は長らく間があいていたのでしょうがないことなんでしょうけど

全体としてイメージが違っておりました・・・

大河はムサくるしい無精髭がよく似合ううおっさんだったはずなのに

小奇麗な若い男の子になってしまっていて、若干悲しかった(笑)


本自体は中身はまるで変わっていないと思うのですが

小説と漫画がついていました。

漫画の方は兄嫁?がきたお祝いに魚屋の幼馴染からカニが送られてきました。

賑やかにカニを食する帯方家の面々

電話がなっても誰も取りにいきません(笑)

電話にでるように促された秀ですが、初めは自分の名字を名乗ろうとして

ときめきながら「帯方です」と名乗る秀があんまり新妻っぽい初々しさで

一瞬みんながカニも忘れて黙りこくります(笑)


小説の方は大河と秀の高校生の頃のお話です。

大河視点で描かれている秀の不思議な魅力と行く宛もない哀しさの感情は

たとえ大河が事故で学年がだぶっていて、少々は大人の雰囲気を持っていただろうけど

手に負えなかっただろうな・・・

秀が京都の大学にいって、

お互いに離れて月日を過ごし大人になれたからこそ

いまある幸福が手に入れれたのじゃないかなと思うのです。


コメントレスです♪

まるさん
先のコメントはなかったので・・おそらくは忍者ブログの不具合ではないかと
最近改行がしたいところでできなかったりと不具合が多いのですが
自力で別ブログに引っ越しができるスキルがないので諦めていますが
ご迷惑おかけしましたm(__)m

この小説じたいはしっとりとした京都の雰囲気を掴んだお話でしたけど
文中のあちこちに散らばっている美味しそうなお菓子も魅力的でしたよね~
温かい日本茶と甘いぜんざいとお餅で頂きたいですね(笑)
伊織のツンデレぶりはあたしも好みでした。
避けられて離れそうになって初めて気がつく恋心に翻弄されるのがかわいらしくって
あの告白シーンもじんわりとしちゃいました。
>縛って縛られてでいいんじゃないでしょうか。
うんうんあのふたりはそれで幸福になれると想います。

「奥さんにならならなきゃ」は軽く読めて、ちょっとせつなくって
おばかっぷるが楽しいお話でしたよね(笑)
>亡き父とのことがあったとはいえ色々どうなのかと…おばちゃんは心配になりました。
たしかにたしかに
これが自分の息子なら不安になりそうですよね~
でも攻めが大人で守ってくれそうでこれからの不安はないかなと安心もしてます(笑)
イラストが綺麗効果も高いですよね!

「あどけない日々はめぐり」延期残念ですよね・・
お正月の楽しみでしたが、より良い作品のためなので辛抱ですよね!
久遠さんはなにげにじゃないけど毒舌キャラなんですけど、好きなタイプなんです!
彼にもいい彼氏?ができたらいいなぁと妄想があります(笑)

コメントありがとうございました!

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People