忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クライムダウン ( 秀 香穂里)

クライムダウン (SHYノベルス312) [新書]
秀 香穂里 (著), 水名瀬 雅良 (イラスト)

クライムダウン (SHYノベルス312)




(内容)

このカラダには、愛されて、嬲られて、なお燃え盛る淫蕩な火がある・・・

優秀な商社マンで華やかな恭一と、喫茶店を経営する寡黙な一哉は
同じ顔をした双子でありながら、まるで光と影のような兄弟だった。
メンタルクリニックでカウンセラーをする弦は、
兄の恭一と付き合っているが傲慢で身勝手な彼との恋に疲れ、
優しく穏やかな一哉に強く惹かれていた。
そんなある日、兄弟は二人だけで夏山登山に出かける事に。
弦は彼らの下山を待って、恭一に別れを告げ一哉に想いを伝えようと決意する。
だが悪天候に見舞われた二人は遭難してしまい、
生きて戻れたのはたった一人で・・・!?



正直にいいますと、秀さんの作品のあれこれ読んでおりますが
繰り返して読むという作品ではないなという感覚でした。

ワーキングの部分の読ませどころは本当にしっかりと書かれているので
自分でも経験したことのない職種を堪能させていただいておりましたが
イマイチ恋愛の部分が弱いというか・・
実感が無い感じでした。

この作品はワーキングの部分もあるといえばあるのですが
お話の進行に必要な部分だけでしたし
恋の目覚めから、愛の深みにはまっていく過程が丁寧に書かれていて
読み応えがありました。

レーベルというか、
出版社さんによって同じ作家さんでもずいぶん違ったイメージを
持ってしまうことが有りますね。


新書と文庫だと書く分量も違うのだとは思うのですが
編集さん次第というところが大きいのかなという印象もうけますね。


幼い時から父親に殴られて罵られて育った弦
自分は悪い子だから殴られても仕方ないという思いを刷り込まれて育ってしまう。
名家の出でしとやかでおとなしい母は殴られる子供をかばうこともなく
自分だけ実家に避難してしまうという・・・

そんな家庭でも、自分にとっては唯一無二のものなので
無視されるよりは殴られている方がいいと思い育ってしまう。

DVの連鎖を断ち切ることもなく
自分を貶めて喜んでいるような男に恋をしてしまうのです・・・

傲慢で身勝手な恭一
たとえ自分は結婚しても弦離さないと言うのです。

弦が自分の弟に密かに恋をしていることを知っているのですが
弟の一哉もまた弦に惹かれていることを知っているのですが
そんな気持ちさえも自分のわがままで傲慢な思考で
無視し傍若無人に振る舞います。

彼ら双子もまたおとなしいサラリーマンの父と勝ち気な母に育てられ
あからさまな偏愛と無視によって育てられた子供なのでした。

家庭によって幼い頃から染みこまされ、歪まされたものは
大人になってもなかなか矯正できるものではないのでしょうね・・

そんな悲しい背景をもつ三人の孤独な魂の行き場は
兄弟は二人だけで夏山登山の遭難により大きな転換をむかえます。

その転換を語っちゃったら・・・
お話が全部よめて楽しくないのでここでやめておきますが
寸止めが嫌いな方はどうぞ一読してくださいね(笑)


山での独特のルールとか、
山の美しさとか
その背後にある危険とか
わかりやすい文章で丁寧に描かれていて
自分でも山に登っているかのような気持ちにされます。

このふたりがこれからどういう道をたどっていくかが
興味があります。








拍手[3回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People