忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

木の下闇の恋  ( 遠野 春日 )

木の下闇の恋 (Holly NOVELS) [新書]
遠野 春日 (著), 小椋 ムク (イラスト)

木の下闇の恋 (Holly NOVELS)



(内容)

同級生ふたり、恋のすれ違いラブストーリー。

高校を卒業して十年。初めて開かれた同窓会で、知美は同じ弓道部で疎遠になっていた花厳啓介と再会した。
啓介への恋というやましさをずっと抱えていた知美は、大人になった今は、以前のように仲よくやれたらいいと願う。
しかし啓介の態度は相変わらず淡々としたものだった。
冷たい反応に落ち込んだ知美は、アウトドア専門店で知り合った、年下の颯々野の優しさに少しずつ惹かれていくが……。
意地っ張りで不器用な二人のラブストーリー。



2013年の最後に読んだ本です。

普段のあたしが思う遠野さんはやたらゴージャスでお金持ちで強引で傲慢な横暴攻めが

多かったような気がするのですが

出版社様がHOLLYさんだからでしょうか

割りと地味目で普通の男の子たちのお話でした。

ハーレクイン的な展開ではないけれど、

BLの王道とも言える高校生だった二人が再会して愛を積み上げていくお話でした。

恋に不慣れな高校生同士だからこそ起きた恋の芽生えに対する拒否感というか

友人であるがゆえに告白もできなかったし

お互いに恋だと認めることすらできなかった青い春の恋

そしてその恋の切なさと痛みを10年引きずってきた二人

再会して、恋が始まるのかと大きな期待をしておりましたが

そこでまた誤解を積み重ねて黙りこんでしまう知美(受け)と

恋をしていることに妙に素直になれない傲岸不遜な花厳啓介(攻め)なので

お話は進みません・・・

このじれったさが楽しめる方か

小椋さんの挿絵のスーツで萌える方におすすめですね!


知美が再会した啓介とせめて友達になりたいと山にのぼることになるんですが

そのときに山に登るために必要な道具を買いに行った時に

真摯にアドバイスしてくれたスポーツ用品店の研修生の当て馬くんが

すごくいい男なのですよ。

山での経験も豊富だし、商品知識もあって的確な商品を勧めてくれるし

閉じこもりがちな知美の心にいい塩梅でほぐしてくれるような度量の広さがあるんですよね。

同級生だからこそ素直になれなかった・・・

なんて理由でふられるのがもったいないいい男なんですよ。

もう10年も前の恋なんて捨てて

こっちとくっつけば幸せになれるんじゃと思ったのは

あたしだけではないような気がします(笑




伝言です!
さなえさんいつもコメントありがとうございます♪
お返事遅くなりましたが書かせていただいたのですが、
最新コメントになぜか反映がされていないという・・・
前もこういうことがあったので、テンプレを変えたりいたしましたが治っておりません。
申し訳ありませんでした。m(__)m



拍手[3回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People