忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

松前先生と美貌の作家 (遠野 春日)

松前先生と美貌の作家 (SHYノベルス) (新書)
遠野 春日 (著)
木下 けい子 (イラスト)




(あらすじ)

ぼくはあなたのものになる。
だから、あなたはぼくだけのものになってほしい____

渋谷は松涛に屋敷を構える元伯爵桜井家の若様「春之」は、人も羨む美貌の持ち主だ。
末っ子として家族中に甘やかされ、友人たちからちやほやされ
気付けば負けず嫌いで我が儘で、その上傲慢な若様になっていた。
そんな春之にはひとつだけ誰にも知られたくない秘密があった。
それは覆面作家、小櫃由布であるということ・・・。
憧れの挿絵作家・松前千種にいつかは絵をつけてもらいたいと思っていた春之だが、
ある日、紳士倶楽部で出逢った見知らぬ男に松前千種の悪口を言ってしまう。
ところが、その男こそが松前千種だった!?



松涛に屋敷を構える元伯爵桜井家の若様のお話ということで、

勝手に脳内妄想で茅島さん風なお話なのかなと思っておりました。

が・・・

茅島さんのようにとんでもない部分も薄いのですが

かわいらしい部分も薄く

攻めも今一歩魅力に欠けているというか、インパクトが少ないという感じでした。

遠野さんの魅力と言えば強引なハーレクインロマンス風味で

その愛の過程はいろいろあれど

後から思い出したら、ちょっと印象が薄い感じがいたしました。



高貴で箱入りで初心で向こう見ずで聡明だけど怖いもの知らずで無敵な美貌の若様と

無口で才能にあふれる挿絵作家という設定がうまく生かし切れていないような気がしたことと

実際に挿絵を描かれている木下けい子さんとのコラボということを意識しすぎたという感じがいたしました。

木下さんの漫画に描かれている六車さんがでているのですが

そこらあたりもなんとなく微妙な雰囲気と申しましょうか・・・

次に期待させてください。



一番気になっているのは「砂楼の花嫁」なんです・・

同人誌または出版者様の小冊子で続編風なにおいがするんですけどー(笑)

ここまで出すということは続きに期待して・・

いいんですよね(笑)?





拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People