忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

羊とオオカミの理由 (杉原 理生)

羊とオオカミの理由 (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
杉原 理生 (著)
竹美家 らら (イラスト)




(あらすじ)

玩具メーカーに勤める久遠章彦は「王子」と呼ばれるほどの美形なのに、自他共に認める極度のブラコン。弟・太一を中心に世界が回っているため、恋人もできないありさま。ある日、困っている友人をしばらく泊めてやってほしいという愛する弟からの頼みを断ることなどできず、その友人・高林亮介を居候させることにした章彦だが、やがて高林の妙な視線に気づき―。





ホームラブコメデイと杉原さんがなかなかイコールにならないで

感想が書けずに熟成させておりました。

ようやく時間がとれて丁寧に読み直してみたところ

さすがは杉原さんとでもいいましょうか

テンポのいい会話と、

ちょっと変な・・・それでいてかわいらしい大人たちとと

可愛いお子様の出現にすごく心が癒されました。



お話は玩具メーカーに勤める章彦が心から愛している義理の弟が

ある日居候を連れてきたところから始まります。

弟をひじょーに愛している章彦にとってその居候が目障りで邪魔です(笑)

けれどふとしたことがきっかけで

その居候君(高林)がゲイであることをしり

もしかしたら愛する小さな弟がその毒牙にかかるんじゃないかという

非常にまったくもって全然ありえないだろうという妄想に駆られた章彦は

弟の身代わりになって高林に口説かれて

隙をみせたらキスされる毎日が続きます。



高校のころに友人だと思っていた男に無理やりキスされて

あまつにはその現場を弟に見られた過去がある章彦ですが

不思議と高林にそうされることに不快感を覚えません。

いつのまにか高林に魅かれていっていく自分になんかとまどいを感じている

章彦が不思議系で可愛かったです(笑)


リアルでこんなに綺麗で不思議系の男の子がいたら

襲っちゃうかもしれません(笑)


設定自体はどこかで読んだ感じという感覚でしたが

会話のテンポと言い

感情の細やかな表現と言い杉原さんらしい雰囲気がすごくよかったです。


竹美家さんのかわいらしい挿絵もこのお話の雰囲気とすごくあっていて

よかったです。

絵の色調が水彩画のようで綺麗です。


可愛い雰囲気でいて、

それでいて筋肉とか骨格なんかきちんと書いていくれるので

このお話とベストマッチでした。


癒されたい方いかがでしょうか?


ちなみに帯には・・・


あんた、ほんとに

かわいいひとだね。

ちょっと変だけど。



と書かれておりました(笑)



拍手[2回]

Yさま

「月に抱いていた」はもう読まれていたんですね。

さすが師匠です。

夜光さんはほかにリンクスで「忘れないでいてくれ」というお話を書かれていて

これも設定はミステリーファンタジーでちょっとトンキワなんですけど

ふたりの気持ちの絡まり具合とかが非常によく書かれていて

もちろんエロも「リアルライフゲーム」に勝るとも劣らない感じで

楽しくよめましたので、これお勧めです♪

ほかにもお勧めの本がありましたら是非ご教授くださいませ♪
PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People