忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

記事訂正かもです

先ほど書いた記事に、Cリングのことがでておりまして

あたしとしてはBLには初めてのお道具なんじゃないかなぁとおもっておりましたが

コメントをいただいた方より

Pリングという名前で既に出ていたことを知りました。

勉強不足で申し訳ないです・・・

ということで、記事訂正させていただきます。

情報ありがとうございました。

↓の作品ですでに出ていたそうです。


「紳士はベッドで淫らに囁く」
著者 : 嶋田まな海
イラスト : 汞りょう
発売日 : 2008年1月
ダリア文庫



(あらすじ)

高級リゾートホテルのフロントでチーフとして働く一ノ瀬貴之は、その美貌とは裏腹にかなりの毒舌家。手厳しい一ノ瀬は陰で「女王様」と呼ばれている。そんな一ノ瀬の恋人は温厚で人望のある支配人・矢坂圭悟。一ノ瀬の我が儘も大人の余裕で受け止めてくれる矢坂との仲は3年目。だが、自分は渡されていない矢坂の部屋の合鍵を持つ若い男と遭遇し、ショックを受けた一ノ瀬は――!?


あらすじを読んだ限り・・・エロエロの香りがいたします♪

今度の休みにはこの本を探して読むということを目標でがんばってみますね。






ということでコメントレスです♪

Lさま

情報提供ありがとうございました♪

けっこうBL本を読んでいるつもりでいたのですが
この方の作品はあまり読んだことがないような気がします。
今度の休みにしっかりとこの方の作品を探して読ませていただきますね。

ツンデレは実はものすごく好きなんです。
楽しみに読ませていただきますね(笑)

杉原さんの作品はほとんど、必要なこともしゃべらないひとたちでお話が構成されていることが多いのですが
この本ではやたら語ってくれますので
お話もテンポよく進んでいきますし、じっさいその“変”さが楽しいのです。

コメントありがとうございました♪

Yさま

さすがとしか言いようがありません。
「忘れないでいてくれ」はすでに読破されていたのですね・・・
「花」シリーズは一冊目は読んだのですが、兄弟と言う二重の禁忌が
吉原さんの「二重螺旋」と似ているかなという気はしましたが
夜光さんらしい味つけと執着というトッピングがされていて
まさに芥子の花というイメージでした。
二作目、三作目は・・立ち読みですのではっきり感想は言えないのですが(笑)

そしてすでに杉原さんも読破・・
もうまちがいなく師匠と呼ばせてください!

コメントありがとうございました♪




拍手[3回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People