忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

壁際のキス (椎崎 夕)

壁際のキス (SHYノベルス) (新書)
椎崎 夕 (著)
高星 麻子 (イラスト)



(あらすじ)

「信じろ。俺は、あんたには嘘つかない」

信じていた人間の裏切りに傷つき体調を崩していた中室哲は。
療養のため叔父の別荘で暮らしていた。
そんなとき、哲はひとりの青年と出逢う。
不遜で、どこか人を醒めた目でみる羽島雄生だ。
彼は別荘の庭先から怪我した腕を突き出し、哲に手当てを要求したのだ。
初対面の印象は最悪のふたりだったが、
いつしか一緒にいることが楽しみになっていた。
けれど、雄生が人気のある俳優であることから誤解が生まれ・・・
人嫌いの青年と人から裏切られた青年。
友人でもない、恋人でもない、曖昧で脆い関係が行き着いたのは?


SHYノベルズはいつも期待しているのですが

この月は「松前先生と美貌の作家」とこの作品はどうもあたしの萌えの琴線には触れなかったようです。

もしかしたら、あたしも心身ともに非常に疲労していたせいで

他人を憂える気持ちを少し摩耗させていたためかもしれません。

読む本に癒しを求める気持ちで読んではみたものの

ぶつ切りでしか読むことができなかったという事情のせいも大きいと思います。



お互いに人間関係やらそのほかもろもろのことで

生きることに疲れたように隠棲した生活を送っている哲(さとる)

そんなときに出会った男前の不思議な魅力をもつ青年と出会い

自分に隠された魅力を突きつけられたり

自分の中の生活感のなさを突きつけたりしながら

それでも不快ではない青年との時間にだんだん心がほぐされていきます。

しかし、青年の気持ちを誤解するような出来事が次々と起こり

自分もまた新たに社会と生きていく方法を模索し始めていく。



今月SHYノベルズさんからこのスピンオフ作「臆病なキス」がでるらしいので

人気があったということなんでしょうね。

自分の萎えは他人の萌えということであるということでしょうか(笑)



下はコメントレスです

拍手[1回]

Yさま

あたしが「エス」にはまったときはすでに小冊子は〆切っておりまして・・・

英田さんの小冊子ではあたしもかなり悔しい想いをいたしました・・

オクではあっちゅうまに高額になっちゃって手をだせず・・・

だらけでもとても気軽に買える値段ではありませんものねぇ(ためいき

読みたくない本とか、

雑誌なんか買わなくても手に入るシステムにしてほしいですよねぇ(笑)

>今できることは今やっておこうという

あたしもその気持ちを見習ってがんばりますので

よろしくお願いいたします。



PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People