忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

花嫁と誓いの薔薇: 砂楼の花嫁2   ( 遠野春日 )

花嫁と誓いの薔薇: 砂楼の花嫁2 (キャラ文庫 と 2-16) [文庫]
遠野春日 (著), 円陣闇丸 (イラスト)

花嫁と誓いの薔薇: 砂楼の花嫁2 (キャラ文庫 と 2-16)





(内容)

砂漠の国の王子・イズティハールと結ばれ、異国の王家に花嫁として
嫁いで新生活を送っていた秋成。そんな中、ついにイズティハールの
双子の弟王子・ハミードの婚約が発表されるが、ハミードは、いまだ
秋成への想いを断ち切れずにいた──。ところがある日、外遊中のイズ
ディハールを乗せた飛行機が墜落!! 生死不明との報せが入り……!?



設定がBLとしては??だったせいか

あたしとしては萌え萌えしたのですけれど今一歩な評価だったような気がする前作

そういいながらも、小冊子や同人誌がけっこうでているので

不人気だったとは思いませんし

ハーレクイン風味がすきな方なら二度美味しい設定を十分に堪能できた作品ですので

できましたら初めて読む方には前作「砂楼の花嫁」を読んでから

これを読んでいただきたいと思います。→以前の感想はこちら


今回は結婚して既に一年が経過しているイズティハールと秋成のお話です。

二人は相変わらずラブラブで幸福なのですが

どちらともいえない性である秋成ですが

幼い頃から男として生きてきました。

イズティハールもまたそのままの秋成であればよいと鷹揚に構えておりますが

弟王子であり、現在の皇太子であるハミードが愛なき婚姻を結ぼうとしておりました。

皇太子妃としてふさわしければそれでいいと選んだ婚約者から

王子の妻としてふさわしくあれと責められ

服装も王子の妻としてふさわしい服に改め、公務に励むようになり

女性としての性を選ぼうと決心するのです。


そういったある日ところがある日、

外遊中のイズディハールを乗せた飛行機が墜落!! 生死不明との報せが入るのです。

幸福の絶頂から一転して突き落とされる秋成に

ハミードが自分の物になるように言うのです・・・・


皇太子としてふさわしくあれと育てられたイズディハールは

ソーシャルな一面が強く自制心も強いのですが

気楽な皇太弟と認識付けられたハミードはそういう面は強くないので

夫を失っても、一生をイズディハールに捧げようとする秋成に対して待てのかまえができません(笑)

まぁあるいみそれが彼のいいところなんでようけどね(笑)

まさに帯に書かれているように

「心が兄上のものなら、身体だけでいい」

愛する人と同じ声、同じ顔で求愛されて!?でした。


一途にイズディハールを愛する秋成だからこそのお話なんですが

心の底でイズディハールにはない面をもつ弟王子と三人で仲良くでもいいんじゃないかと

腐った心で考えてしまいました(笑)


拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People