忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

蛇淫の血(沙野 風結子)

この本で初めて沙野 風結子さんを読みまして一気に好きになったあたしです

沙野 ファンと言い切るほどには読み込んでいないですし

数も読んでおりませんが、この作品は本当に好きでしたので

リンクスさんから続編が出ると聞いた時は心弾んだ記憶があります

好きな作品ほど入れ込んでしまうというか、想いがつくので

冷静な感想を書けないし

心の片隅に置いときたいと思うものですけど

これはぜひ楽しみを共有していただきたいです(笑)








蛇淫の血 (f‐ラピス文庫) (文庫)
沙野 風結子 (著)
奈良 千春 (著)

(内容)

「お前は俺に与えられた玩具だ」凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補になったこと、凪斗のボディガードを自分が務めることを告げてきた。だが、冷めた目、嬲るような扱いは、凪斗を護る者のものとは思えない。そして凪斗は催淫剤のせいで浅ましく角能を求めてしまう。弄ばれるたび、凪斗は屈しまいとしていた心が壊されていくのを感じる。


 普通の美大生であった凪斗でしたが、

実の父である岐柳組組長によって、次期組長となるように仕向けられるのです

自分の心の二律背反した思いを絵を描くことによって、昇華し

普通に平穏に生きるように母に刷り込まれていた凪斗にとって、

信じられないような出来事が次々と起こっていき

やがて、その内面に隠されていた 蛇 としての本性を表面化していくのです


やくざの組長として生きてきた岐柳の心を揺るがせた、凪斗の母は

別れてくれなければ腹の子とともに死ぬと脅かし、ひとりで凪斗を育てていくのです

心穏やかで凪のない平安な生活をとわが子に臨みたかったという思いはあるでしょうが

自分が岐柳にとって、愛されてはいても2番目でしかないという事実が許せなかったのではないでしょうか?

その彼女の想いを汲み取り、母子ともに穏やかな日常を過ごせるように

見守ってきた組長(親蛇さん)ですが

凪斗の絵の見るにつけ、次期跡取りと目につけ、その教育係として角能を送り込んできます

乱暴なやり方で凪斗を変えて教育していこうとした生活の中で

恋を見つけて静かに激しく思いを募らせていく凪斗です

その心の変遷は本当にせつなくてよかったです


最後に兄の策略で貶められようとしたその時に

子蛇(凪斗)は本性をさらけ出していきます

「父さん」

「俺は岐柳組四代目になります」

「だから、俺に角能さんをください」



やくざの世界を垣間見つつ、自分に秘められた内面を暴かれる痛みを堪能しつつ

過去の傷に心囚われている男を取り込んでいきたいと思える方いかがでしょうか?





拍手[0回]

PR

蛇恋の禊(沙野 風結子)

F-ラピスからでていた「蛇淫の血」の続編が

リンクスから4月末日出るみたいです

買いでしょうね(笑)

楽しみにしていた、梨園の貴公子ー色悪ー発売延期らしいです

ちょっと残念だけど、書き下ろしつきの「梨園の貴公子」読みながら

萌えていようっと(笑)

拍手[0回]

獣の妻乞い(沙野 風結子)



獣の妻乞い (リンクスロマンス) (単行本)
沙野 風結子 (著)
実相寺紫子 (イラスト)

商品の詳細

単行本: 258ページ
出版社: 幻冬舎コミックス
発売日: 2008/01


(あらすじ)

 通り魔に襲われた高校生の由原尚季は、狩野飛月という男に助けられる。
強引な手口により、飛月と一緒に暮らすことになった尚季は、凶暴そうな見た目に反し、無邪気で優しい男に急速に惹かれていく。
 だが、仕事に行くたび尋常さを失う飛月に、尚季は昼夜を問わず、荒々しく抱かれるようになる。
次第に獣じみていく飛月の異変に不安を覚える尚季は、彼が凶悪犯罪者を抹殺するため、秘密裏に造られた「猟獣」だと知り―。



 純愛ワンコで大変楽しく読めました
自分の中で、獣姦が平気だと知ったので、新たな世界観が広がったかも(笑

 幼いときから、孤独だった尚季にとって、唯一の心の拠り所と思っていた 犬のクロタの存在
やがて年月は残酷な別れのときを突きつける
それからであった子犬のクロタはたった半月で消えてしまった・・・

 それから年月がたって二人は出会う
人間の姿となって・・・・妻乞いにクロタ(飛月)は現れた


 更正の余地のない凶悪犯罪者を秘密裏に処刑するために作られた存在
それは「猟獣」と呼ばれている
獣の姿になるために、心身ともに大きな負担がかかり
やがて、獣の姿から人間に戻れなくなり、心まで獣に支配されてしまう・・・
堕ちた存在となった猟獣に待ち受けているものは 死

 尚季のために、猟獣として、働いてきた飛月は獣の姿から戻れなくなり
殺される存在となるならせめて、自分の手でと決心し最後の時間を慈しむことでお互いに別れをつげていると奇跡が訪れるのですが
コレがまた、切なく泣かせてくれます

獣とか、獣姦とかが、クローズアップされていますが
ある意味味付けふりかけと考えた純愛ものでした

あ~毛皮に包まりたい(笑)



『俺とセックス--交尾、したい?』

拍手[0回]

蛇淫の血(沙野 風結子)




出版社/著者からの内容紹介
「お前は俺に与えられた玩具だ」凪斗を平穏な大学生活から引きずり出し、監禁した男は言い放った。その男・角能は、岐柳組組長の隠し子である凪斗が跡継ぎ候補になったこと、凪斗のボディガードを自分が務めることを告げてきた。だが、冷めた目、嬲るような扱いは、凪斗を護る者のものとは思えない。そして凪斗は催淫剤のせいで浅ましく角能を求めてしまう。弄ばれるたび、凪斗は屈しまいとしていた心が壊されていくのを感じる。



絵師さんの奈良さんの絵が相変わらず鮮やかで印象的です
この方が書かれたら小説が2割はよくなると思う(笑)
好きな絵師さんです

お話の内容としては
やくざの組長かたいただいた父親のDNAを母親に否定され
自分が何者であるのか、
なにでありたいかと言う基本的な欲求を持つことさえ許されず
ただ平和で凪いだ人生をと知らず知らず刷り込まれていた自分に疑問を
持つことも許されていなかった凪人だが
絵を描くことにより心の開放を望んでいたことを父親によって見向かれていた

ある意味、自分すらどうでもいいと思っている 角能にひかれ
セックスと暴力と刺青でついに自分に開眼していく凪人

これは彼の生長物語であり、二人の純愛物語なのかもーと思います












拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People