忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ブレッド・ウィナー (月村 奎)


ブレッド・ウィナー (ディアプラス文庫) [文庫]
月村 奎 (著), 木下 けい子 (イラスト)


(あらすじ)

きみの笑顔の隣で生きていきたい。

家出した妻の実家であるパン屋と連れ子の双子を抱え、太一(たいち)は二十四歳にして人生投げやり気味だ。
そこへ店舗の買い手として現れたのが、高校の同級生・長谷部(はせべ)。
太一が売ることを渋ると、彼はパン職人として店でバイトさせてほしいと言う。
忘れたい記憶につながる男と関わりたくはなかったが、 いきいきとパンを作る長谷部はやがて太一の日常になくてはならない存在へと変わり……?

平凡だからこそ愛おしくて幸福な時間って、きっとある。
日常と恋を優しく描く月村奎の原点、ラブ増量&書き下ろしアリで復活!

 
以前白泉社花丸文庫からでた本が新装版で書き下ろしありとのことで

購入いたしました。

挿絵が木下さんに変わって好みでしたので(笑)

お話は高校の時の同級生同士・再会愛です。

奔放に生きている妻にパン屋さんと双子の男の子たちを押し付けられて

細々と生きている太一です。

ある日店の購入希望者が現れるのですが

その希望者長谷部は太一のほろ苦い?痛みのある高校生活を知っているのです。

店を売ることをしぶると

長谷部はなぜか購入できなくても その店で働きたいといってくれたのです。

嫌な思い出のある自分となぜ???

そう思いながらもパン作りに情熱を傾ける長谷部とともに働くうちに

徐々に太一も感化されパン作りの楽しさを感じていく太一と同じように

パン屋さんを自分でしているような楽しさを感じる作品でした。


一見ひょうひょとパンをつくっている長谷部のようですが

実は彼もやはり心の奥でこもっておる思いがあって

バイトでもいいからと雇ってもらい

パン屋さんとしてなくてはならない存在になっていこうとしてたり

太一に知らぬ間に経営にやる気をもたせたりなかなかやり手なのです(笑)

子供たちとの関係も諒子でしだいに太一たち家族にとっても

なにより太一にとってなくてはならない存在になっていこうとするその裏側には・・

太一を自分のものにしたいという高校生からの想いがあるんですよ~

もうその熟成した10年愛には誰もかなわないと思うのです(笑)


太一が子供たちを育てていく上で

自分が思春期のころに親とすれ違った関係のままだったことに

親だけが悪いんじゃなかったということに気が付いて

人間としても親としても成長していく過程もよいし

子供たちも可愛いし

なによりさっぱりとした好青年の影でちゃくちゃくと太一を落とそうとがんばっている長谷部に

惹かれました(笑)

あー・・・パンがたべたい(笑)

125_20110903_007.jpg  ←食べたら記憶できるパン

  とり頭の自分には憧れのパンです(笑)











 

拍手[0回]

PR

秋霖高校第二寮リターンズ(3) (月村 奎)


秋霖高校第二寮リターンズ(3) (ディアプラス文庫) [文庫]
月村 奎 (著)
二宮 悦巳 (イラスト)



(あらすじ)

聡(さとる)と波多野(はたの)がついに、あるいはようやく一線を越えた後。
日常は特にかわりばえもなく、いつもにぎやかだ。
ところが聡が第二寮で二度目の夏を迎えたある日、
「みのりの家」から一人の少年が怒鳴り込んでくる。
週刊誌に女優との熱愛疑惑を撮られた波多野を浮気者呼ばわりした彼は、
聡たちの関係をも知っていた。波多野と別れるよう、少年に迫られる聡だったが……?

ワンダフル・スクールライフ、名残惜しくも祝完結!!
今回で完結なんてしなくてもいいので

年に一回でもいいんです・・・

いやそれができないなら四年に一回でもいいのでちょこちょこっと続けてほしいなぁとおもいます。

お話にすごく盛り上がりがあるとか怒涛の展開があるわけでもないんですが

なんとなく日常の一こまが書かれていて

それが妙に面白いと思う一冊です。


今回は締めという意味があるせいでしょうが

事件とか日常をとおして周囲の人たちに聡(さとる)と波多野(はたの)の関係が知られることになり

予想通りみんなに暖かく受け入れられて(笑)

ますます波多野に愛されまくっているのに

肝心の聡だけが気がついていないという相変わらずの王道の話です。

傲慢で横暴で強引な王様である波多野の孤独を癒すのは聡しかないんですよねー

という再認識の結末だったようなきがします。

書き下ろしは夢オチでしたが、

みんながそれぞれの幸福を夢見てがんばった結果が書かれてあって

このお話のファンにはたまらない一冊になるんじゃないかと思います。


まひるさん

出版社からの回し者でも、お店からの回し者でもございませんが
さっそくの予約ありがとうございました(笑)
表紙のふたりの攻めがとても魅力的です。
BLと挿絵って重要だなーと感じました。

lisaさん
>イラストでぽちってしまいました
お友達がいてくれてうれしいです(笑)
この表紙じゃなかったらあたしも買いませんもの←非道な発言(笑)
イラストだけでも十分堪能できますが、お話も十分堪能できるように祈ってます・・・

こめんとありがとうございました♪

拍手[0回]

CHERRY (月村 奎)


CHERRY (新書館ディアプラス文庫) (文庫)
 月村 奎 (著)
木下 けい子 (イラスト)
 



(あらすじ)

わがままクールな王子様キャラの直希がひた隠す秘密とは……?

大学生の直希はわがままクールな王子様キャラ。家柄・容姿・成績と非の打ち所がなく、
女子からはモテまくりだ。
そんな直希には秘密がある。実はいまだに童貞なのだ。
ひそかに脱童貞すべく焦っていたある日、直希は准教授の阿倍と知り合った。
大人の余裕と魅力をあわせ持つ男に秘密を知られてしまう直希。
だが、いつしか阿倍の研究室に出入りするようになり……?

たくらみ攻×ツンデレ受のキュンラブ・コメディv
秋霖高校第二寮リターンズ」の女装編最終回を 心待ちにしていたんで

こちらのほうが文庫化は先かなと思っていたんですが
 
先に「CHERRY」のほうが文庫化されました。
 
まぁ雑誌掲載もこちらが先ですから順当ともいえるんですけどね。

今冬CD化となれば、本篇は先に売っているほうがいいでしょうしね(笑)

会話もテンポが良くて

キャラたちが一人で勝手にお話を進めているというくらいストーリの流れがよかったので

CD化にすればすごくいいんじゃないかと思います。


 
わがままでクールで傲慢毒舌キャラを誇ると言うか
 
そのイメージを守るために水面下では必死にあえいでいる王子様こと 直希

そのイメージを見破ったうえ、自分の掌の上でいいように遊んでいるのは

准教授の阿部先生(笑)

腹黒い大人の狡猾さをもって、

王子様の直希のイメージを守るために助けるのかと思えば・・・

手なずけて、ナデナデしつつ、自分の好みに育て上げているようなそんなお話でした(笑)



蛇足なんですが・・・

直希の悩みはチェリーちゃんということでしたよね(笑)?

准教授阿部とエッチまでいたしちゃっても、脱チャリーできないどころか

桃のように美味しく剥かれて食べられちゃっているんですが

直希は永遠にチャリーちゃんのままなんでしょうか?

年上の腹黒い大人の余裕をもった阿部に一生遊ばれ続けるような・・

そんな気がするのはあたしだけ(笑)?

拍手[4回]

秋霖高校第二寮リターンズ(2) (月村奎)




秋霖高校第二寮リターンズ(2)
(しゅうりんこうこうだいにりょう
りたーんず)


月村奎(つきむらけい) イラスト·二宮悦巳
ISBN978-4-403-52210-9
定価588円 文庫判


「聡のことが死ぬほど好きなんだ」と、波多野は安藤の告白を断った。でも日常は変わらず、うっかり立ち聞きした台詞は聡の空耳だったとしか思えない。だから波多野の卒業まで、毎日がこんなふうに続くはず、と考えていたのだ。そこへ聡の両親が帰国するというニュースが! 聡は今すぐ寮を出ることになってしまうのか、そして波多野との恋(?)の行方は……? ワンダフル・スクールライフ、嬉し恥ずかし初合体♥



雑誌掲載作&書き下ろし作品をくわえて文庫化ですー

今回はうれし恥ずかしの初合体と温泉体験がほのかな・・・

うんうんほのかなラブとエロが楽しめれます(笑)


全部の作品を通して傲慢で傲岸で横暴な言葉数が少ないがために

いまいち気持ちがわかりにくかった波多野なんですけど

前作で波多野の側からの気持ちで書かれていたのを読んでいたので

案外実は常識人である波多野の涙ぐましいほど切実な心理がつかめてきましたので

実は聡の普通の考えの斜め前方上をいっちゃうような思考をつかむために

どんなに頑張っているか実感がつかめました。

ほんとうに欲しいものを手に入れるためにはセレブで傲慢で横暴な波多野でも努力が必要であるということですね(笑)



今回は聡の父が急きょイギリスから帰国することになりました。

父親が家族を連れて帰ってきたら当然寮生活ではなくなるわけで・・・

これで波多野や寮のみんなから必要とされていた生活に終りがくるのです。

聡からしたら突然の終わりに動揺を隠せずこれで二人の関係は終わるのかなどと

勝手に結論をだして悲しんでいたりするのに

肝心の波多野は何考えているんだか、普段と同じように用事を押し付けてくる。

ちゃんと言葉で伝えないからと思っていましたが

波多野の方でも突然の話にちゃんと動揺をしていろいろ思考を張り巡らせているのに

そこで聡の気持ちをちゃんとまっすぐにしている余裕がないだけだったんでしょうねぇ

聡からしたら大人にみえますし、人生経験もそれなりに積んではいますが

やっぱり十代の高校生なんですものね。

けれどやっぱり波多野は自分が本当に必要としているものには手間も暇も笑顔も惜しみません(笑)

うれし恥ずかしのプロポーズ(多分)

そして初夜(何だろうと思います・・・たぶん)

おまけに今回は温泉旅行で新婚旅行(なんだろうなぁ・・大人数なんですけど・・・)

濃厚なエロはないんですけど~

今回はうすーーいエロと相変わらずな夫婦漫才は楽しめますー(笑)






拍手[0回]

秋霖高校第二寮リターンズ 1 (月村奎)




秋霖高校第二寮リターンズ 1
(ディアプラス文庫) (新書館ディアプラス文庫) (文庫)
月村 奎 (著)
二宮 悦巳 (イラスト)

(内容)

聡が秋霖高校&第二寮に入って一年が経った。再び巡ってきた希望の春、新学期―。波多野との関係にさしたる変化もないが、それに問題はないはずだった。ところが、第二寮に新たな住人が入寮。彼女は小説家・波多野の大ファンで、そのうえ寮内のおさんどん等々も楽しげにこなしてしまう。使い走りに恋人(?)の座。聡のポジションは奪われてしまうのか…!?ワンダフル・スクールライフ、嬉し恥ずかし大復活。



雑誌で掲載された「人間万事ージャンプ 」のほかに
豪華な書き下ろしがふたつもついてましたー♪

バレンタインデー☆キス (聡視点)
スキ★ーデンイタンレバ (波多野視点)



前回の三作ではところどころに

波多野の苦しいくらいの執着心が描かれておりましたが

残念なことにやや、天然というか感情の機微を読み取る力がない聡には

まったくもって通じてないうえに

(感情きちんと出さない波多野のせいということも多々あると思いますが(笑))

全編聡視点で描かれているために、

なんか確証がもてなかった波多野の気持ちでしたが

今回の書き下ろしの「スキ★ーデンイタンレバ 」では波多野視点で描かれているために

ああ・・あのときはこんなこと考えてたんだ~とか

エロいぞー波多野とか、

読みながら思わず掛け声をかけてしまいそうでした(笑)

波多野からしたらこのうえなく聡のことを思って、独占欲も愛情もむき出しで頑張っていたようでした。

傲慢で横暴で傲岸な波多野の真実を知りたい方いかがでしょうかw?






2巻は4月・・・・

遠いけど・・がんばって待っていたいと思わせる一冊です





拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People