忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウミノツキ(いつき 朔夜)

 いつきさんが好きだったので購入を決めておりましたが
なんとなく、ご当地という雰囲気はしましたが、いきなりの肉体関係に?????という気持ちもあり
読み控えておりました

でも、時間があるときにじっくり読み直してみたら、やっぱり、いつきさんらしい雰囲気に包まれております

黄色い本屋さんにドナドナが一気に心のオアシスに(笑)  ←いいすぎ(笑






ウミノツキ (新書館ディアプラス文庫 183) (文庫)
いつき 朔夜 (著)
佐々木久美子(イラスト)

(内容)
本当のおまえが知りたい。その夜明けのような瞳が、何を見つめているのかを―。玄界灘で行われることになった復元船による航海実験。水軍の末裔として、プロジェクトに加わった大学生の海士は、そこで出会ったタイからの留学生アレンに惹かれる。カラダから始まった二人の関係に、海士は夢中になっていった。だが改めて好きだと伝えた時、アレンに拒絶されてしまい…?青春マリンブルー・ロマンス。

 復元船による航海実験のために故郷に帰ってきた海士ですが、そのプロジェクトで女の子かとも見まごうかのような奇麗で純真な少年と出会います
 そのタイからの留学生である少年が何故にいきなり海士を誘惑して肉体関係を急いだりするんだろうということは疑問で一杯でした

愛がないセックスと言うのはあんまりだなぁというのがアタシの気持ちです

でも、そうすることの必然性をアレンは持っていたし
そのアレンの傷を同じように心に傷をもつ海士は理解していたし
癒すことで癒されていたのではと・・・

こじつけに近いながら思うのです

嵐の海の中で痛みも苦しみも喜びも共有できたシーンは圧巻でした



挿絵の佐々木久美子さんがまた異文化を背景にもつ少年アレンをスゴク美しく描かれています


拍手[0回]

PR

八月の略奪者(いつき 朔夜)




八月の略奪者(ラプトル) (ディアプラス文庫) (文庫)
いつき 朔夜 (著)

(あらすじ)
それは高校三年生の夏、思いがけず見つけた運命だった―。校外見学でやってきた博物館で、アンモナイトの化石を割ってしまった浩紀。だが、いつものように適当に流そうとした浩紀を、学芸員の香月は本気で叱った。真面目で融通がきかない彼に反発を覚える浩紀だったが、博物館に通いつめるうちに、博識で可愛いところのある年上のひとにいつしか惹かれてゆき…。きらきら眩しいティーンエイジ・グラフィティ。

読んでるときは淡々と
それでいて、じわじわと切なさが心に広がっていきます

前半は高校生(浩紀)×学芸員(香月)
大人になりたいとあがく少年を大人の葛藤で悩みながら
それでいて、自分の理想に育て上げようとがんばっています

ある意味BL版光源氏w?

その期待にこたえようと頑張る浩紀の成長っぷりも楽しいです

当て馬の 香月の元彼というか片思いの相手でありながらセフレに近い存在だった木部もいい感じの大人の男です

できるなら彼の男w?関係も読んでみたい・・・
ツンデレに振り回されるとかいうのはどうでしょうかw?

後半は大人になった浩紀が眩しい存在となって香月を喜ばせもし
また苦しめる存在となっています
彼にとって自分の存在がいつか邪魔になるんじゃないだろうかと
大人の配慮というか思い込みで浩紀を捨てようとします

香月の臆病さ優しさを充分に知っている浩紀はそういう優しい嘘を看破し
自分の思いを上手に彼に伝え、なおかつ彼の想いが自分にとって必要なものだと香月に知らしめます

右手首と右足首をイージパンツの紐で縛られ
丹念に愛され自分のサイズに合っているかどうか観察されながらのセックスと言うのもけっこう萌えときがついた瞬間でした(笑)



『待ってて、すぐにあんたを守れるような大人になるから』



拍手[0回]

コンティニュー? (いつき 朔夜)





コンティニュー? (新書館ディアプラス文庫) (文庫)
いつき 朔夜 (イラスト), 金 ひかる (著)

内容(「BOOK」データベースより)
勤務はおもに夜間。週に一、二回のわりでデート―。妻に逃げられ、赤ん坊を抱えてリストラされた絢人。再就職もうまくいかない中、ゲームソフト会社を経営する藤堂から「月三十万でどうだ」と誘われたのが、彼の愛人になることだった。生活のためやむなく契約した絢人だったが、いつしか藤堂のカラダに慣らされてしまう。そんなある時、絢人は藤堂の会社で思わぬ仕事をすることになり…?恋愛ダンジョンRPG。


子供を抱えて悲しいほど空回りの奮闘を続けている絢人

見かけと違って大きな優しさで人を助けて包んでしまう藤堂

始めは自分とこの会社でつくるゲームのため絢人との関係を利用しようと

計算して付き合うこと始めていくんですが

案外ハジメから一目ぼれで離したくなかったのに

本人は気がついていなくって、そういう理由こじつけたのかも

そこが絢人にばれて関係を壊してしまいそうになるのですが

失いたくなくて必死にあずってがんばってる藤堂って可愛いと思ってしまうのです

いろいろあった二人ですがだんだん生活をともにするようになり

体だけじゃなく心まで満たされる関係を日常に作り上げられる幸福

そそて、そういう関係を築き上げれる人と出会えた幸福ってすごい

幸運だなとおもうのです

まとまりかけた最後の瞬間に元妻が現れて絢人と娘美里の幸せを願って

絢人から離れようとする男らしい背中がいじらしいのです


コレがデビュー作らしいので、あとあとの作品が楽しみな方です

『かわいそうたぁ惚れたということよ』名言です(笑)









拍手[0回]

カレンダー

10 2019/11 12
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People