忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ウミノツキ(いつき 朔夜)

 いつきさんが好きだったので購入を決めておりましたが
なんとなく、ご当地という雰囲気はしましたが、いきなりの肉体関係に?????という気持ちもあり
読み控えておりました

でも、時間があるときにじっくり読み直してみたら、やっぱり、いつきさんらしい雰囲気に包まれております

黄色い本屋さんにドナドナが一気に心のオアシスに(笑)  ←いいすぎ(笑






ウミノツキ (新書館ディアプラス文庫 183) (文庫)
いつき 朔夜 (著)
佐々木久美子(イラスト)

(内容)
本当のおまえが知りたい。その夜明けのような瞳が、何を見つめているのかを―。玄界灘で行われることになった復元船による航海実験。水軍の末裔として、プロジェクトに加わった大学生の海士は、そこで出会ったタイからの留学生アレンに惹かれる。カラダから始まった二人の関係に、海士は夢中になっていった。だが改めて好きだと伝えた時、アレンに拒絶されてしまい…?青春マリンブルー・ロマンス。

 復元船による航海実験のために故郷に帰ってきた海士ですが、そのプロジェクトで女の子かとも見まごうかのような奇麗で純真な少年と出会います
 そのタイからの留学生である少年が何故にいきなり海士を誘惑して肉体関係を急いだりするんだろうということは疑問で一杯でした

愛がないセックスと言うのはあんまりだなぁというのがアタシの気持ちです

でも、そうすることの必然性をアレンは持っていたし
そのアレンの傷を同じように心に傷をもつ海士は理解していたし
癒すことで癒されていたのではと・・・

こじつけに近いながら思うのです

嵐の海の中で痛みも苦しみも喜びも共有できたシーンは圧巻でした



挿絵の佐々木久美子さんがまた異文化を背景にもつ少年アレンをスゴク美しく描かれています


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People