忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

全ての恋は病から (凪良 ゆう)

全ての恋は病から (白泉社花丸文庫) (文庫)
凪良 ゆう (著)
車折 まゆ (イラスト)



(あらすじ)

大学生の佐藤夏市は、いつでも人肌に触れていないとダメという謎のビョーキを患うゲイ。ある日、ミステリアスな雰囲気のサークルの先輩、椎名一貴が隣に越してくる。外見はクールビューティーなのに、椎名は全く掃除ができない汚部屋製造人だった!!「いつもモフモフさせてくれる男が欲しい」「タダで掃除してくれるお手伝いさんが欲しい」ビョーキな二人のお隣さんライフの行く末は…。



花丸文庫はコメディ路線を押して行くのでしょうか(笑)



小林さんに続き凪良さんのこの作品を読ませていただいたのですが

もうすごく面白かったです。



未完成」の時には感じられなかったこのコミカルさ

この方もいろいろな引き出しを持っているかただということがわかりました。

今回は「未完成」の時のように生徒×先生という立場上

お互いを思いやって別れて成長して、

そして再び愛を育てていく・・・なんてシリアスさは影も形も

ええ・・みじんこほどもございません(笑)



社会に適応していくために2人がどんなにがんばっていくかは書かれております。

がっ

けっして悲壮感にあふれていず、

自分なりに頑張っている姿は好感がもてます。

汚部屋を解消するために引っ越し三昧だとか・・・

人と触れ合うことに異常に執着しているためにその不満と言うか

不安を解消するためにけなげな人身御供になっている弟たちさわりまくり

弟たちに都合がつかないときはさわり心地のいいぬいぐるみで辛抱だとか・・(笑)

普通一般に見て 「変態」というか「社会不適応」に思えるこのこたちですが

好き合ってみればあばたもえくぼ

変態は嫌いだが、お前が好きと思うなら

ふたりでこれからの困難を乗り越えていくのもやぶさかではないと思います(笑)


拍手[2回]

PR

未完成(凪良 ゆう)

未完成 (白泉社花丸文庫BLACK) (文庫)
凪良 ゆう (著)
楠本 弘樹(イラスト)





(内容)

夏休み最後の金曜、高2の瀬名櫂人は、クラブで英語教師の阿南珪が男とキスするのを目撃してしまう。面白半分にゲイとバラすと脅したが、阿南は余裕でかわす。「いい子だから、大人の愉しみを邪魔すんじゃねえよ」意地が悪いけれど色香が溢れる微笑に、瀬名は魂を射抜かれてしまう。以来、瀬名は阿南に付きまとい、どうにかセフレに持ち込むが、教師と生徒、男同士、10歳の年齢差を考えると実る恋ではない。そんな時、瀬名は両親の離婚で転校することに…!?未完成のまま恋に溺れる子どもと、子ども以上に未完成な大人が綴るラブストーリー。




初めて読む作家さんなんですが、いつもこっそろお邪魔させていただいていブログで面白いと書かれていたのと、設定が好みなので買ってみました。

 家族の不和で家庭に安息を感じられなくなって、成長期のいら立ちのようなものとともに
すべてにいらだっていたような少年瀬名。

 偶然遊びに行ったクラブで出会ったそのひとは自分が通う高校の教師であった。

阿南に絡んではみるものの大人の余裕でかわされたことが腹立たしくも魅かれていく要因となるのですが・・・

絡んでいく名瀬に対して本気で自分の良い面も悪い面も見せていく阿南

ひどい言葉で内省を促されたりするわけですが

おためごかししかないというか高校教師として外面だけで対応されていたときよりずっと人間味を感じてなついていきます。

家族の不和により荒れる名瀬に対して救いを手助けする阿南

居場所を作って話を聞き、ただ時間を共にするだけなんですけど、それにたいして癒しを感じていく。

懐いてきた大きな子犬の感情が恋から愛に代わっていって、阿南の肉体まで求めてきますが

高校教師として、大人として阿南は受け入れてはいけないと思いながらも

名瀬の情熱に引きずられていくのです。

子供特有の、愛する人しか見えない情熱は痛々しくもせつない

その子供の時を切り抜けて、

その気持は理解できていても、大人として生きてきた時間や常識とかなにもかもがその情熱だけを支持することができない哀しみ・・・

やがて親たちの離婚を契機にしふたりは別々の人生を生きることを決意するのです。

帯に「恋する子供は成長し
    恋する大人は子供に孵る」とありますが

恋をしたら大人も子供もある意味同じラインに立ってしまう

大人だから恋のせつなさに慣れるなんていうことは絶対に無いと思うのです。



 離れることでこの恋の感情を維持できるかどうか、

お互いを思いやれることができるかどうか

それすらも日々の果てになるんじゃないかとかいろいろな思いで

二人は別れて生きることを選択しますが、

離れることでお互いがきちんと自分の気持ちに整理をつけて、再会し共に生きていくことを選びます。


高校生の大型ワンコしつけ調教、いい犬に育てていく成長期を楽しみたい方いかがでしょうかw?




拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People