忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋愛前夜 (凪良ゆう)

恋愛前夜 (キャラ文庫) [文庫]
凪良ゆう (著), 穂波ゆきね (イラスト)

恋愛前夜 (キャラ文庫)




(あらすじ)

ナツメとトキオは、同じ市営住宅のお隣同士の幼なじみ。同じ高校に通っているけれど、 ナツメは派手なグループ、対するトキオは一匹狼と、家から一歩出ると属する世界も まったく違う。けれど片親で育った者同士、幼いころからずっと一緒に食事をとり、 お互いの部屋で過ごす時間は、いつしかかけがえのないものに変化していた。 ところがある日、漫画家志望のトキオがデビューを見据えて上京すると告げてきて!?


幼馴染の二人のお話です。

今回の裏テーマは「普通」だそうです。

でも凪良さんらしい普通なお話しでした。

幼馴染の二人が

恋愛とは関係の無い生活の部分でちゃんと関係が築いてあって

そのまま時間がすぎていけば大人になっても

あの時はどうたらこうたらで

とすぐ懐かしい話に花咲かせれていたのでしょうが

生活を共に過ごすうちに片方は恋を自覚し

会わない方がいいとさる決心をし

片方は去られて初めてその喪失感が恋だったことを知るのです。

そして自分の恋を叶えるべく先に旅立ったトキオを追いかけていくと

なんとトキオの心の隙間には

もうちゃんと埋めるべき優しい存在がいたのです。

告白することもできないまま、

なりゆきでそのトキオの恋の相手である漫画家の大先輩のヤコ先生の

メシスタントをするようになり・・・


「隣の猫背」でのふたりの幼少期の話も

十分せつなくて哀しい部分もあって

これは普通じゃないよねと涙が出てきそうになりましたが

「恋愛前夜」になるとほんとうに切なくて哀しい場面だらけです。

恋を告白しに意気揚々と上京したら職場は潰れてて

恋の想いを伝えたくてもトキオにはすでに彼氏がいて

またその彼氏がダメな人間なんだけど

すごくいい人なんで憎めなくって・・・

しかも生活面ですごくお世話になってしまうし・・

誰も悪い人がいないから余計に切なくて哀しい・・・


ヤコ先生のトキオへの思いはちゃんと恋だったけど

トキオのヤコ先生の思いは心の隙間を埋めてくれた

尊敬する先輩漫画家というところも痛いし・・・

恋愛ってほんとうに普通に哀しいと思えるお話でした。

そういうふうに人を傷つけてでもなお手に入れたい存在をちゃんとつかめた幸福を

きちんと噛み締めて恋愛をちゃんと優しく守っていって欲しいと思える一冊でした。



ひさびさに泣いてみたい方いかがでしょうか?







拍手[6回]

PR

積木の恋 (凪良 ゆう)


積木の恋 (プラチナ文庫) [文庫]
凪良 ゆう (著), 朝南 かつみ (イラスト)

         積木の恋 (プラチナ文庫)



(あらすじ)
これが「好き」という気持ちだろうか──

恵まれない生い立ちから恋愛詐欺師となった蓮は、恵まれすぎている男たちの金を巻き上げることに、なんの罪悪感もなかった。次のカモにと狙ったのは、総合病院の長男である医者の加賀谷。呆気なく騙され蓮に夢中になる加賀谷を、内心馬鹿にしていた。なのに──生真面目で真摯な愛情、穏やかな逢瀬。加賀谷と過ごす優しい時間に、知ることのなかった感情が湧き起こるが……。
小説「花丸」で掲載されたときは「恋愛詐欺師」という題名だったそうですが

よくある題名ということで改題されて発売されたこの文庫

雑誌掲載作はまさにあらすじどおりのパターン化された内容です 。


白い凪良さんらしい良いお話でした。

恵まれない生い立ちゆえゆえに愛されないことに慣れきって

孤独に生きる青年蓮(れん)が選んだ道は

自分の容姿に魅かれてくる男達を騙して生きていくこと。

彼の望みは田舎の小さな家を買って犬と暮らすこと

純真であるがゆえに堕ちていくことを選んだ青年の今度のターゲットは

鷹揚でお金持ちの医師加賀谷でした。

偽の恋愛で騙してお金をむしりとってやるそう思っていたはずなのに

無口で人なれしていない生真面目な加賀屋との逢瀬の時間のたびにどんどんと癒されていく

逆に加賀屋に惹かれていることに気が付いた蓮に手痛いしっぺ返しが・・

蓮に似た容貌をもつ加賀屋の後輩の写真をみてしまい

加賀屋もまたこの後輩の身代わりに自分をしていたと気が付くのでした。

やっぱり幸福は自分お手の中にいつかない・・

そんな蓮に過去の騙された男達が告訴したため警察に囚われることになり

刑務所に服役するのです。

やがて出所した蓮に初めて声をかけた人は・・・


悲しみが白い雪のように積もっていく・・・

そんな静かで暖かいお話です。

生きていくために人はやっぱり支えられたり、愛されたり、必要とされることが

とっても重要なのだと再認識させられました。

書き下ろしの作品は2つ

出所した連に世間の風当たりはきつくなかなか思うようにはいきません。

人とのかかわりがうまくいかない場合もありますし・・・苦い結末で終わる場合もあります。

それでも加賀屋と暮らすだけで幸福なのですが

やはり過去に愛された経験の薄い蓮にはこの幸福が長く続くような気がしません。

いつかは壊れてしまうかもしれない・・

そのときにできるだけ自らが負う傷とか痛みのことを考えて生きてしまう習性をぬぐえません。

そんな蓮に加賀屋は壁を感じてしまいます。

ある事件とかカップルに遭遇しその出来事を経て

少しづつですが蓮も思いを加賀屋に打ち明けていけれるようになります。

題名にあるように幸福な日々をすこしづつ確実に積み上げていってもらいたいです。

積み木が簡単に壊れないように瞬間接着剤でくっつけていくのはどうでしょうか(笑)?




拍手[0回]

真夜中クロニクル(凪良 ゆう)


真夜中クロニクル (リリ文庫) [文庫]
 凪良 ゆう (著), 小山田 あみ (イラスト)




(あらすじ)

太陽の下に出られない病気を持つニーナは、気難しくて偏屈だ。
そんなニーナが、夜の公園で7つも年下の陽光と出会う。
どんなに邪険にしても無邪気に寄ってくる陽光を煩わしく感じるが、
ニーナは次第に心を詳していく。
そんな二人がすべてから逃れるため、星降る夜に飛び出した―。

温かな恋心でニーナを包み込む陽光と、
寄せられる想いに戸惑って踏み出すことができないニーナ。
時を経て変化に呑まれながらも、成長していく二人が辿り着いた先とは。
光線過敏症という病気のために真夜中にしか戸外にでれない青年と
 
売れない子役という中途半端な立ち位置で生きてきた少年陽光との
 
まさに真夜中に愛を紡いでいく年代記でして

爽やかな読後感でした。

BLとして萌えを感じる感じないは別次元で置いとくとして(笑)

二人が出会い

恋が少しづつ熟成し

守られるだけでなく

守るだけでもない

お互いがお互いのために生きることが

息をするように自然にできることの素晴らしさを感じました。



コメントレスです♪

お名前の記入がなかったかたへ
いろいろなフェアーの時期がやってきました。
あたしはマンガの方はあまり手出ししていないので漫画のほうのフェアーは知らないのですが
小説だけでもたくさんのフェアーがあって追いかけるのに必死です(笑)
>かわいさんと可南さんのSSが欲しい!!
まさにまさにあたしももそれなんです!!
ほんとうに短いポストカード程のSSなんですけど
いいときがあるんですよね~
まさに魔です(笑)

コメントありがとうございました。

拍手[1回]

散る散る、満ちる (凪良 ゆう)


散る散る、満ちる (ショコラノベルス) [新書]
凪良 ゆう (著)
海老原 由里 (イラスト)
 



(あらすじ)


美形だが人の好過ぎる如月春水は、有能な部下である里見幸一に密かな想いを寄せていた。叶わぬ恋だと諦めていた如月だったが、皮肉にも里見の恋愛相談に乗る形で彼もゲイであることを知る。落ち込み泥酔した里見を送っていった如月は、勢いに押され彼と一夜を共にしてしまう。しかし翌朝、何も覚えておらず焦る里見に対し、傷ついた心を隠して平静を装った如月は、彼の恋に協力することを申し出て―。里見には好きな人がいる。それを知りつつも体の関係を重ねる如月は…。温かく切ない、ラブストーリー。
真っ白な凪良さんのお話でした。

それでいて恋しい人を想う切なさ満載で読めた一冊です。

綺麗で思いやりもあって仕事もできる如月ですが、

幼いときに母親を亡くし。また大学生のころには父を亡くすという過去を持っているので

極端とも言えるほど人を愛すること、求めることが苦手です。

失う悲しみに今度こそ耐えられないかもしれない

なにも持っていないのならば、失うこともないとどこか後ろ向きのまま生きておりますが

それでも、恋しい人はいて

その人は家族からたくさんたくさん愛されて愛されることにも愛することにも

如月のように躊躇することのない天真爛漫さをもっているひとで・・・

彼から恋愛相談を受けているうちに、じつは里見もゲイでありことをしる。

その里見が泥酔したときに勢い余って寝てしまうのだけど

恋していることを告白すれば、里見という存在と遠くなるのではないか

里見の迷惑になるんではないかとひそかに悩みながら

これくらい一夜のアバンチュールと軽く受け流していく大人の男を演じるのです。

しかもー

里見の片思いの成就のためにお弁当まで作ってあげて

なにくれとなく世話してあげて・・・いい人すぎるぞ・・・・

自分の想いよりも里見の幸福を願うエピソードの積み重ねと

なんとなくずるずると続いている里見との肉体を含めた同じ時間の共有と

如月の悲しい過去のエピソードが実にいい塩梅でお話にちりばめられていて

極上の切ないBLに仕上がっています。


切なさを宝石のような煌めきで飾られているこのお話

読んでみたいと思いませんか?

と呟いてみる(笑)


ラストに如月の幼馴染の榎本のエピソードが載っています。

誰よりも如月の不幸をしり、誰よりも如月の幸福を願っている彼の

心のさざ波を知れば知るほど

本篇をうまく引きたてて引き締めております

凪良さんを追いかけてしまうかもしれません(笑)



コメントレスです♪

ゆうみさん
懺悔のお友達(笑)
あのじれったさと切なさを今でも愛しているのです・・・(笑)
>描写も今風になっていて
レストランはあたしも思いました(笑)
今ではフレンチよりイタリアンがお洒落なんですか・・・
ケーキバイキングじゃいけないんですよね(笑)
>真史のお話で、あ~このシーンに繋がるのかとニヤっと
気持ちは非常によくわかります!!
なんでお高いホテルで大学生がいたんだ・・と旧版では考えましたもの(笑)
いちゃいちゃしてたんですね(笑)
書きおろしの魅力に負けて買ってよかった一冊です。

コメントありがとうございました!

拍手[4回]

落花流水 (凪良 ゆう)

落花流水 (SHYノベルス) (新書)
凪良 ゆう (著)
石原 理 (イラスト)



(あらすじ)

自堕落な生活を送る井上一也は、ある日想いを寄せていた成田夏生に再会する。
夏生は五年前、軽蔑と嫌悪の眼差しをむけ、一也の前から突然姿を消した男だった。
夏生は借金を作った婚約者の妹が風俗店で働かされそうになるのを身を挺して助けにきたのだ。
そんな夏生に、どうすることも出来ない苛立ちを感じた一也は、
借金のカタをつける代わりに、夏生に「身体」を要求する。
期限付きの関係でいい。心まで望まない。夏生が欲しい___と。




花丸文庫での「全ての恋は病から」が思いがけなく壺だったというか

好みのエロさと会話のテンポの良さに魅かれてしまっつたので

これも購入してみました。

花丸とは雰囲気はまったく違っていましたが

文章力でぐいぐい読ませてくれる力はやっぱり凪良さんのもので

生きることの下手な人へのエールがよかったです。



落花流水の意味を調べてみました。

男女の気持ちが互いに通じ合い、相思相愛の状態にあること。
散る花は流水に乗って流れ去りたいと思い、
流れ去る水は落花を乗せて流れたいと思う心情を、それぞれ男と女に移し変えて生まれた語。

転じて、水の流れに身をまかせたい落花を男に、
落花を浮かべたい水の流れを女になぞらえて、男に女を思う情があれば、女もその男を慕う情が生ずるということ。






生きることが下手な二人が恋をして、

お互いに想いやっていてはいたんですけど、

お互いが思う気持ちだけでは振り切れなかったいろいろなしがらみがあって

そう簡単に捨てきれない現実のいろいろなことに振り回された二人が

最後には大切なことは自分らしく生きること

大切な人と生活できる幸福を楽しむこと

それ以外は大切ではあるけれど、必要ではないと思い切って

なにもかも捨てて新しい人生・新しい生活を選ぶことしました。



現実生きているあたしにはいろいろなしがらみや

生きることに不必要ななにかにがんじがらめな存在なのです。

恋のためになにもかも捨てることができることができるには年齢が行き過ぎているし

こころのどこかでそういった煩わしいしがらみに自分の必要性を感じているので

そう簡単になぎ捨てるわけにはいかないと思いますが

そうやって捨ててもいいと

思いきれるほどの恋をしている二人がとってもとってもうらやましいです。



個人的には今回この主役のふたりというか

一也を殺したいほど憎んでいる恋人の面影があるからと

影に日向に助けていくというか・・

(苦境に落としていくときもありましたが(笑))

九条と言う存在がすごくすごく気になりました。

八年も前に出奔した恋人というか情人の存在を探して探して

殺したいと思い詰めるほど追いつめた恋人との出会いとか、

過ごした時間を読んでみたいような気がします。

最後の最後にもしかしたら再会できるかのようなエピソードがありましたので

再会したときの2人も堪能してみたいなーと思うのですが

皆様はいかがでしょうか(笑)?




拍手[4回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People