忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パイナップル・パレード(松前 侑里)




パイナップル・パレード (幻冬舎ルチル文庫 ま 1-3) (文庫)
松前 侑里 (著)
高城たくみ(イラスト)

(内容)

彫刻家の倉沢景人と役者の麻生直正は高校時代からの恋人同士。美大在学中、未婚のまま子供を生もうとしていた先輩・美帆を放っておけず契約結婚をした景人。そんな景人を直正は許し、美帆も二人の関係を認めたうえで景人に息子・潤の父親役を任せるのだった。しかし、中学生になった潤が事実を知らないまま直正に恋心を抱き…。



なんといったらいいんでしょうか・・・

このかたの本というか、文章はとってもすきなんです

ディアプラスで書かれているのは、年下の家庭とか、過去に傷をもつ男の子が

年齢とか、状況を静かに受け入れながら恋を熟成させていくお話が

とっても好きなので毎回買ってしまうんですが・・・

レーベルが違うせいでしょうか?

編集さんが違うせいでしょうか?

いつものときめきというかセンシティブ・ラブは感じられませんでした


未婚の母とならざるを得ないことを選んだ友人を助けるために

父のない子になる子供に自分のような気持ちを与えたくないと

ゲイの恋人を持ちながらも結婚してしまった倉沢景人

役者志望だった麻生直正はこの結婚に反対しています

自分も大学を卒業したらともに暮らすつもりだったし

なにより子供の父親になろうというだけで結婚されるのは

自分に対する裏切りだとばかりに詰め寄ります

この麻生の考え方が至極まともなんですが、倉沢は麻生の恋心に甘えて

結婚を押し切るわ・・・

不倫?の関係を続けるわ・・・・

あまつさえ、育てた子供が麻生を好きだといいはると

自分の気持ちを意思表示することなくただ悩んでいるだけなんですよねぇ

うーん

もうちょいこれだけの気持ちを自分に向けてくれた麻生に対する気持ちを

大事にしてほしかったかなという

なんか、泣くつもつで読みながら怒りを感じてしまったというか

やや肩透かしーな感じです

次の作品はディアプラスから文庫でですので

それに期待w!!!




拍手[1回]

PR

パラダイスより不思議(松前 侑里)



パラダイスより不思議 (新書館ディアプラス文庫 198) (文庫)
松前 侑里 (著)
麻々原絵里衣(イラスト)


(内容)

恋人に裏切られ自殺を図った悠。しかし飛び降りる直前に栄養失調で倒れていたところを、仕事中のペット探偵・貴広に拾われる。貴広は動物の言葉がわかるらしい。飼い猫の口から一文無しである事情を知られてしまった悠は、貴広の世話になることに。だが貴広は動物の気持ちには敏いくせに、人間には無愛想この上ない。それでも共に過ごすうちに悠は彼の不器用な優しさに惹かれてゆき…。



松前さんのひさしぶりの書き下ろしというか新刊です

やたらなエロがあるわけでもなく

斬新な設定があるわけでもないんですがこのかたの作品は好きです

このかたの共通点は、

愛されなかった過去のトラウマを主人公が持っていることかな



今回の話も施設から義理の両親に引き取られたものの

愛され方をしらずにいい子であろうと空しい努力を続けていく 悠

大好きだった彼 大地 とのキスシーンを義父母にみられ

勘当を言い渡され大地とともに住むようになったのはいいのだけど

大地は友人と浮気し駆け落ちを・・・・

なにもかも絶望して食事をとることも忘れた遥の命をつないでいたのは

猫に餌をやること・・

遠くの国道で猫が死んでいるという話を聞きなにもかもに見切りをつけて

飛び降りようとした瞬間・・・空腹で倒れてしまうのです(笑)

そんな遥を助けてくれた人は動物の声理解できるわりに

人間の感情の機微にはいまひとつのペット探偵貴広

男という性別にはなりきれなかった美人秘書の玲

雪のようにまっつしろな猫と牛柄のブルテリア

そして大きなゴールデンレトリバーと時々エッチな言葉をしゃべるオカメインコ

おいしい定食やサンの美人姉妹

優しくてしっかりとした人たちに囲まれて悠の第二の人生は始っていくのです

貴広と仕事とするようになり、さまざまなペットと出会いいろいろな経験をするうちに

お互いが微妙に変わりあっていくところの細かなエピソードが丁寧に

描かれていました


まぁペットの声が聞こえたいかた読んでみたらいかがでしょうか?



救われたのは命じゃない。誰かを好きになる気持ち。



拍手[0回]

ピンクのピアニシモ (松前 侑里)





ピンクのピアニシモ (新書館ディアプラス文庫 (184)) (文庫)
松前 侑里 (著)
あさとえいり(イラスト)


(内容 )

 吉井家の三兄弟に血のつながりはない。
天然だけど優しい晴吾、口は悪いけど面倒見のいい恭平、そんな二人の兄に愛されて育った操は、幼い頃から晴吾に片想いしていた。
だが恐れていた日がやってくる。晴吾に結婚を約束した恋人ができたのだ。
行き場のない失恋の痛みを受け止め癒してくれたのは、いつもは意地悪な恭平だった。その恭平が、実はずっと自分を想っていたことを知り…?甘い甘い恋のエチュード。




「ピュア1/2」以来 松前さんの作品は全部そろっています

可愛らしい男の子がちょい毒を吐く楽しさと

優しい悲しさに包まれた独特の文体が印象的な方です

 この作品もやっぱり、家族的にはありきたりの幸福にはない男の子達の話ですが、いつもの可愛い毒が薄いなと感じた本です

まぁつまり言えば・・・

印象が薄いということかな(笑)



やたら印象が強いのは、お兄ちゃんでもあり、恋人にもなった恭平が作るお弁当でした

タコさんウインナーとかピカチュウおにぎりとか

星型人参、ウサギさんの林檎、

アニメのキャラクターの顔のオムライスとかおにぎりとか

愛情のこもったお弁当が本当に美味しそうで

愛に溢れかえっているなーと思えるエピソードが素敵な一冊でした

鉢巻をしたタコさんウインナーの作り方あたしも教えてください(笑)




「おれのこと、ずっと好きでいてくれてありがとう。」

拍手[0回]

カレンダー

09 2019/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People