忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

死ぬほど好き (山田 ユギ)

けっこうというか、大変好きな作家さんでしたので

感想も結構書いているつもりでしたが

カテゴリーで探してみたらありませんでした・・・・

もしかしたら2重になっているかもという過去の苦い記憶は

今は忘れていたい・・・(笑)




死ぬほど好き (バンブー・コミックス麗人セレクション)
山田 ユギ (著)
出版社: 竹書房 (2008/8/16)


出版社 / 著者からの内容紹介
卒業まであと半年、江藤は一緒にいられる時間があと僅かなことに焦り思わず親友の柳に告白するがアッサリ降られてしまった。そのまま疎遠になる運命のハズが卒業式を一ヶ月に控えた早朝の電車の中、偶然の出会いがふたりを待っていた。柳の連れの幼馴染み・里村裕に誘われるまま、一緒に列車の旅をすることになった江藤と柳だったが…!?親友に恋してしまった普通の高校生の想いを瑞々しく描いた表題シリーズ他、読み切り4編と描き下ろしを収録した胸キュンを軽妙酒脱に描いた著者の魅力満載な最新作品集!!



主人公カップルよりもその柳のお兄さんのカップルに妙に心惹かれてしまいた

お兄さんが過去に付き合っていた里村裕は惚れっぽくて流されやすい

それに振り回されることに疲れたのでしょうか・・・

お兄さんは里村と別れ女の方と結婚することになっているみたいです

里村が最後にお兄さんにあいにいくのですが

それは決定的な別れのようです

ようですというのは・・・

主人公の江藤は影でそーっと見守っていて自分の心の中での言葉で

二人の最後を見守っているからです

背中を向ける柳兄に里村はナイフを突きつけていきます

そして、柳兄はナイフを突きつけられたまま里村を抱きしめるのです

いろいろあっただろうけど。。。

殺されてもいいと思える相手と別れを決意することは

どういうつらい気持ちだったんだろうなーと想像で萌えておりました

あ・・

ナイフは結局はおもちゃでしたし

意外にたくましい里村はちゃんと綺麗に気持ちを乗り越えて

次の獲物に向かってはいくのですが

ここまで思えるほどの相手に出会えた幸福というのもあるんじゃないでしょうか?







拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People