忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

恋は不埒に(若月京子)

恋は不埒に
プラチナ文庫
若月京子/著
出版社名 プランタン出版 (ISBN:978-4-8296-2403-6)
発行年月 2008年08月




本の内容

「かなりぽややん」な冴は、母親の再婚で素晴らしく優秀な弟が、突然二人もできてしまった。特に上の恍司は、人見知りな冴のフォローをしてくれて、冴より大人っぽくてお兄さんみたい。でも毎夜、ベッドに潜り込んでくる。寝ぼける冴を巧みにまさぐり、イイ声で啼かせても、最後まではしない。訳を尋ねても、はぐらかして更に肌を撫でてくる恍司に戸惑うが、傷つけようとはしないし、嫌ってほどじゃない。それどころか傍若無人な指先が、臆病な冴の心の何かをこじ開け始めて…。




本当にこんなにぽややんとしてて人生とか苦難に乗り越えられるのでしょうか???

うーん

でもまぁBLコメディらしいと言えばそうかも

強気でバイタリティのある母親に毎日がおされぎみで

あんまり深く考えることなく生きてきた冴です

母の再婚によってできた弟二人のほうが高校生と小学生とはいえ

冴よりよっぽど大人です

まぁ大人すぎているせいか、冴のぽややん~とした雰囲気が和みののように感じるのでしょうが

毎日毎日ベットに潜り込んでくる高校生の恍司によって

肉体まで開発されていきます

最後は母親どころか新しく父親となった人にも理解と許しを得

大円満におさまるのです

まぁ深く考えずにBLロマンスを楽しみたいというときは

こういうかわエロいお話は楽しいです


拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People