忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

雪よ林檎の香のごとく(一穂 ミチ)



一穂ミチ(著)
竹美家らら(イラスト)



(内容)
中学受験も高校受験も失敗し、父の母校に進学する約束を果たせなかった志緒。今は、 来年編入試験を受けるため、じりじりする気持ちを抱えながら勉強漬けの毎日を過ごしている。五月雨の降るある日、志緒は早朝の図書室で、いつも飄々としている担任・ 桂の涙を見てしまった。あまりにも透明な涙は、志緒の心にさざなみを立て——。静かに降り積もるスノーホワイト・ロマンス。




題名にある北原白秋の歌のような、切ない哀しさと綺麗な想いがあふれているようなお話でした






父親の母校を受験しようとしては思いがけない病気に阻まれて

失敗をしてしまったことがまじめで一本気な志緒にはたまらないくらい辛いことなのでした

今度は編入を目指して毎日毎日勉強にがんばっているのに

両親はそこまでの思いもなく、

15年ぶりの妊娠にうかれているように感じてやりきれない思いをかかえていました


そういう青い気持ちを抱えたまま日々をすごしていた志緒が

自分の子供じみた感情に気がつくのは担任である教師桂との出会いからです

飄々と生きているようで

その実人一倍苦い思いを抱えて苦しんでいる大人と出会い

成長しやがて恋を芽生えさせ

愛を育てていくことの大切さをしっていくのです


淡々と雪がつもるように愛を重ねていくお話でした

脇役にちょい人間が壊れたような存在の当て馬くんもおりまして

なかなかに読み応えがあります

ディアプラスのHPにある「SS」もよかったです

気になる方一読お勧めです(笑)





「好きだから、好きでいる」

教師と生徒、ただそれだけの関係だった。----あの涙を見るまでは。

恋に揺れる心を切なく綴る、一穂ミチのデビュー文庫









拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People