忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不実な男 (久我 有加)

雑誌は買わない主義です

などと何度も言い切っておきながら、不思議とディアプラス毎号購入しております

まぁ季刊なんで年に4回だし・・・・・(笑)

雑誌で読んだときは不思議と印象が薄いのですが

こうして文庫になってみると面白いのですよー

まとまると面白みがわかる作家さんということかもしれませんね

関西弁で読みやすいというのも理由のひとつかもしれませんが





不実な男 (新書館ディアプラス文庫 (195))
久我 有加 (著)
富士山ひょうた(イラスト)
発売日: 2008/8/9


(本の内容)

お化け屋敷のデート中、彼女に気がないことを言い当てられ、ふられた挙げ句突き飛ばされケガをした伸彦。居合わせたお化け役の男・禄朗に手当てをしてもらうが、そこで少し話をしただけの彼に後日突然告白される。人を好きになれない自覚のある伸彦は、誰とも付き合う気はない。だがすぐに人を好きになる禄朗に興味を覚え、友人としてならいいと答えてしまい!? 恋を知らない伸彦と惚れっぽい禄朗の年下攻めラブ♥




両親からはたまた兄弟までも恋愛体質で恋愛至上主義

でも自分は不思議とそういう風に人を愛せないことでなんとなく焦燥感を

もっていた伸彦

いま現在付き合っている彼女にもそういった熱い気持ちはもてないままですが

穏やかな親愛の情はあるので、そのまま結婚かとはりきっていたのですが

自分が熱い気持ちで思われていないということを

うすうす感じていた彼女から三行半を突きつけられてしまいます

その突きつけられた場所で知り合ったお化け役の男・禄朗

禄朗と出会い時間と月日を重ねるうちに

失いたくない友達という熱い気持ちを自分が持っていることに

気がつきながら

恋にはなれない・・・

自分は人をそういう気持ちで熱く思えないと引いてしまいそうになるのですが・・・

禄朗と語ることによりこの気持ちが恋だと気がつくのです



相変わらず小さなエピソードの積み重ねと会話がおもろいです

恋するタイミングと時間は人それぞれ

自分のリズムでいいんだよと気がつかされます

いま現在恋していないことにちょこっと焦燥感を感じている方いかがでしょうか?




拍手[0回]

PR

どっちにしても俺のもの (久我 有加)

関西弁と標準語が違和感がなく溶け込んでおりましたねというか

今回は別に言葉の戦いというわけじゃないんですけど(笑)

でも、主人公がなかなか関西のノリと突っ込みに慣れないのは

言葉の違いというか、ある意味文化の違いと思われるんですけど

その違いに無理やり引きずり込まれて

右往左往しながらお互いに惹かれあっていくテンポの良さがいいです(笑)







どっちにしても俺のもの (新書館ディアプラス文庫 187) (文庫)
久我 有加 (著)
夏目イサク(イラスト)

(内容)

心機一転、関東から関西の大学に入学したものの、言葉やノリの違いに馴染めずにいた保英。そんな保英に率先して絡んでくるのが、顔もいい家柄もいい、おまけにしゃべりも面白い、自他ともに認めるモテ男の瀬良だ。きつい関西弁で容赦なくツッこんでくるくせに、自分に向かって「好き」を連発する瀬良に振り回される毎日を過ごすうち、保英は瀬良の妙な色気に当てられ始め……!? 標準語×関西弁カップル登場!!


もててもててという割に臆病で他人にきずかい、決して本音をあかさない瀬良

武骨で朴念仁だけど、思い込んだら一途な保英

いいカップルなんですよねー

のんけの保英のことを思って、これは流されているだけーということにしとけと

自分がうえになっていたしちゃうことで一時の気の迷いと将来言い訳できるようにしてあげるんですけど

瀬良の色気にあてられて、動向気にしちゃいはじめたら

それはもう十分りっぱな恋じゃないでしょうかw?




拍手[0回]

月よ笑ってくれ―月も星もない2 (久我 有加)



月よ笑ってくれ―月も星もない2
(新書館ディアプラス文庫 180)

久我 有加 (著)
金ひかる (イラスト)

商品の詳細

単行本: 288ページ
出版社: 新書館
発売日: 2008/2/9

(あらすじ)

 全漫優勝後、お笑いコンビとしても恋人としても充実した日々を送る温と秀永。
今や破竹の勢いの『パイロットランプ』だが、トークメインの仕事ばかりが増え、ネタやコントのできない現状に焦りを覚え始めていた。
そんな矢先、二人はお笑いブームの終焉を予感させる出来事を体験する。これまで仕事のストレスを激しいセックスで解消してきた二人。だが方針が合わず、すれ違い始め…?「月も星もない」続篇。


恋人やからこその信頼関係で、全漫の優勝し、東京での多忙な生活と
環境の激変の流れに乗り切っていったかのように見えた二人だったけれど、見えないストレスとか疲れとかが微妙に溜まっていき
お笑いブームの終焉と言う時代の流れもあり
やがて亀裂ができ、関係にまでほころびを見せ始めた・・・

そのときが来たときの 温の決心は

「相方として唯一無二の存在を失いたくない・・・

それならば、この恋心は捨てよう・・・ 」

お互いに別に付き合う相手をつくり、仕事は相方として、協力していこうと決心するのであったけれど

やがて、仕事にも綻びが出始め、仕事のために別れた筈なのに私生活も仕事にも支障がでてきてしまう。

眼鏡と呼び方で、公私を奇麗にわけていて、いつのまにか仕事のときも
視線がお互いの相方に迎えなくなっていた二人が
やがて、お互いに視線を絡み合わせ、心を通うようになるのですが

それに、バンテージの相川が絡んできてくるんですよー
土屋がめちゃ男前で可愛いのです(笑)

違うタイプの漫才をしていく二つのグループだけど
恋人同士ででもあり、相方でもあるというところに相違点があり
もう、その悩みを通りこした先輩として、心を寄せてくれていることで
温は不思議な安堵感を覚えるのです

もう、ほんまに相川が男前なんです
ええ男に仕上がってるんですよ。

何でか脳内妄想では 相川たちは、山田ユギ先生のイラストで
温たちは、金ひかる先生のイラストで舞い踊っています(笑)

楽しいシリーズでしたので
できましたら、もっともっと続いて欲しいなと思います~








拍手[0回]

それは言わない約束だろう (久我 有加)



それは言わない約束だろう
(新書館ディアプラス文庫 179)
久我 有加 (著)
桜城やや (イラスト)

商品の詳細

文庫: 255ページ
出版社: 新書館
発売日: 2008/1/10


(あらすじ)

旨くて安いと評判の定食屋、いせや。
大学生の公彰は、そこで働く竜一に「ほんま美味しそうに食べるから」という理由で気に入られ、彼に構われながら夕食をとるのが日課になっていた。
ある日、公彰は竜一が本気でお笑いの道を目指していることを偶然知ってしまう。芽が出ないまま、もうすぐ十年。ふだんは能天気にさえ見える竜一の思わぬ真剣さに、夢を持てない公彰は憧れを抱くようになるが……。書き下ろし!


「何でやねん」「月も星もない」と同じ芸人BLものですが
大きく違うとこがひとつ

それは、竜一の夢がかなわなかったということ・・・

漫才師になるという夢を叶えるために。大学も中退し一心不乱に頑張ってきたけれど、とうとう芽がでることもなく終わりを迎えてしまったというか、新たな夢に向かって頑張っていく、ある意味サクセスストーリーなのかなと思われます

 何の仕事でもそうなのだろうけれど、誰もが頂点に立ちたいと思うことが多いのだろうと思う。
でも、現実には頂点に立てる人間の数は限られていて、
底辺であがくことが人間としてのあらかたなのだろうと思う。

 夢を自らの手で終焉を迎えさすことは辛いことだろうけど、新しい夢と希望に向かうことは悪いことでも、負けたことでもなんでもないことという

ある種、生きている人みんなへ、
それから、今頑張っている人たちえのエールさえも感じられて
清々しく読み終えました

 もちろんその影には、新たな夢を支える公彰がいて、違う職種だけれど
人生の相方として手に手をとって生きていくことができるから
より強くたくましく、楽しく生きていけるんだろうなと思います


全部のシリーズごとにイラストさんが違うのですが、アタシはできたたら
山田ゆぎさんの絵で統一してほしかったかなと呟いてみる(笑)
うーん、金さんの絵もすきだし・・・(笑)
桜城さんの可愛い絵柄も捨てがたいんですが・・・

やっぱ、アタシの気持ちは 山田さんの相川にやられてしまったようです(笑)







拍手[1回]

月も星もない (久我 有加)



月も星もない (文庫)
久我 有加 (著)
金ひかる (イラスト)

商品の詳細

文庫: 327ページ
出版社: 新書館
発売日: 2007/05


(あらすじ)

 売れない芸人の温は相方からコンビ解消を突きつけられ、同じ境遇の秀永と自棄酒した結果、寝てしまう。
それを切っ掛けに二人でコンビを組むことになるが、元相方との間には感じなくなっていた漫才を作る楽しさを思い出し、心躍る温。
ただスタート地点が「おまえの初めての男になった責任をとりたい」だったため、秀永との関係に折り合いがつけられず悩みはつきない。
果たして二人のコンビは、そして二人の関係は……?


 以前に書いた『何でやねん!』が恋から始まった恋人関係でしたが
コレは セックスから始まって、恋と仕事につながっていきます(笑)

お互いに売れなかったコンビ同志で、養成所の同期で
間が悪いことに同じ日にコンビ解消を言い渡されて、凹んでいます

寒い夜に、二人は会話をかわし、偶然?抱きしめられ悲しくて寂しいときは人肌が必要だったんだなぁと気がつきます

酔った勢いで、飛行機のパイロットランプにお願い事をしてしまい
そのまま勢いに乗って肉体関係を持ってしまうのです(笑)

 「初めての男になった責任をとりたい」とのたまう秀永と組んで
漫才のねたを考えたり、お互いの方向性を突き詰めることにより、温もまた漫才の楽しみを思い出しまた新たな世界を広げていくのです

 途中コンビを組んだことにより、元の相方から嫌味をいわれたち、
巧妙な仕掛けをされたりしますが
お互いの愛の力で一つ一つ乗り越えていくとこがおもしろかったー


 ちょこっとでてた「何でやねん!」の土屋がいい男に仕上がっていましたー

これも、相川の愛の力w?



『身体から始まるお笑いコンビってどないやねん。』




 

 



拍手[0回]

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People