忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

灼視線 (二重螺旋外伝) (吉原理恵子)

灼視線 (二重螺旋外伝) [単行本]
吉原理恵子 (著),円陣闇丸 (イラスト)



51vuLXPm1IL__SL500_AA300_.jpg 灼視線 (二重螺旋外伝)



















(内容)

祖父の葬儀で8年ぶりに再会した
従兄弟・零(れい)と瑛(あきら)。
彼らと過ごした幼い夏の日々、そして尚人(なおと)への
淡い独占欲が芽生えた瞬間が鮮やかに蘇る──「追憶」

高校受験を控えた尚人と、劣情を押し隠して
仕事に打ち込む雅紀(まさき)。
持て余す執着を抱え、雅紀は尚人の寝顔を
食い入るように見つめる──「視姦」

雅紀をモデルの道に誘った、加々美(かがみ)との
出会いを描く「邂逅」ほか、書き下ろし全4編を収録した、
待望のシリーズ初の外伝が登場!! 
感想は後ほどと書き捨てて置いて早幾年(笑)

パソコンの調子が悪いのか?忍者の調子が悪いのか? はたまたアマゾンさんがお怒りなのか?

何故かアマゾンさんの画像が貼れません・・・

それに「二重螺旋」シリーズ六冊を何度か読み直し期間中だったせいもあります・・

読み直してはああ・この時まぁちゃんはこう考えていたのねとか

ここで尚人にますます魅入られていたのねとか妄想の海の中で漂っておりました。

あらすじとしてはけっこう簡単なんですよね、このシリーズ。

まぁちゃんが尚人命とがうがうと叫んでいるお話なんですよね?→何故か疑問形

まぁちゃんが所有権は自分だとわめき続けているこのお話

その魅力にとりつかれていますね。

このお話が最初でたのが2001年

高校生になった尚人の幼いときの邂逅から始まっておりますが

いま尚人は高校二年生・・・

たった二年のお話に11年振り回されて魅惑され続けております(笑)

いつも思うのですが、あたしが死ぬまでに終わりを堪能したいですーと呟かせてください。



ということで、本編の感想を

「追憶」

まぁちゃん視点で描かれている~~ということで興奮気味でしたが

よくよく考えてみれば本編でもやたらまぁちゃん視点で尚命と出てましたよね(笑)

幼いときというか生まれた瞬間から尚人に魅せられているということがわかりました。

まさに運命の相手であり出会いであったんですね。

あれほどの執着を見せるのも当たり前と納得したしだいであります。

そして幼いときから男たらしというか人たらし出会った様子の尚人

おじじやおばばにはその存在感が透明すぎるというか、

強烈な個性の兄弟と姉に押されて存在感がなかった様子ですが

お盆をともに過ごしただけで従兄弟の零くんまでたらしていたようです(笑)

これからも尚人に群がってくるだろう男たちと戦うだろうまぁちゃん

がんばれと応援エールを行いたいと思います(笑)


「邂逅」

雅紀をモデルの道に誘った、加々美(かがみ)との出会いの場面が書かれております。

飄々としながらっちゃんと自分の魅力を知り尽くしている加々美が

恋ではないのだけれど、ある意味運命の出会いを雅紀といたしているようです。

ネットで噂になっている美貌のピアニストという噂を聞き確かめに行く加々美は

長い黒髪をひとつにまとめたギャルソンスタイルのウエイターの硬質な美貌に

衝撃すら感じるのです。

偶然の出会いで再会したクールビューテイが高校生ということをしってもなお

モデルへと口説く加々美でした。

あの最低に近い生活の中でも雅紀が自分を保っていられたのは

家庭では尚人という存在であっただろうけど

高校生であった彼の友人たちや周囲であったんだなということが再認識できて

よかったなと感じました。

本編にもでてきていた桐原の危ない魅力も再認識できましたしね(笑)



「視姦」

劣情を押し隠して仕事に打ち込む雅紀の苦しかった胸の内が

切々と書かれております(笑)

尚人の魅力にとりつかれた男の業があったからこそああいう凶行に及んじゃったんだよね・・

と、ちょっと雅紀に同情しちゃいました。

ある意味ふたりの恋愛前夜のお話であったような気がします。



「睦言」

仕事からいそいで帰ってきたものの自室に尚人がいません。

それだけで「俺が帰ってきたのになぜいないんだ」と虚しさを感じる恋する男雅紀(笑)

気を利かせてお茶漬けでもと言う尚人にむかって

お茶漬けより尚人が食べたいと恥じらいもなく言える大人のようです・・・

悪い大人にたらしこまれて悪い大人にいけないこと教わって

ますます魅力的になっているようです・・

ごちそうさまとしか言えません(笑)


837c5087.jpeg

 このふたりにとっては

 運命の赤い糸も

 傷跡を守る包帯と共に

 あるようです。














コメントレスです♪

まるさん
レス遅れて申し訳ないです。
ペーパーの密と良時ほんとうにバカップルというか・・割れ鍋に綴じ蓋でしたね(笑)
「is in you」の佐伯はちょっとねじれた大人でしたが良時といれば素直な?密である
部分も露出しているのでしょうね(笑)
>下品で下衆なプロポーズも密らしくて
たしかにたしかに、ほんとうに彼らしいプロポーズでしたよね!
でもあれって考えようによってはそれぐらいになっても離しちゃやんねいぞという
意思表示かも(笑)
ずっと一生彼ららしくバカップルで生きてほしいですよね。

コメントありがとうございました!














 

拍手[5回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

06 2020/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People