忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

プリズムのヒトミ―ヤスメ― (崎谷 はるひ)


プリズムのヒトミ―ヤスメ― (幻冬舎ルチル文庫 さ) [文庫]
崎谷 はるひ (著)
ねこ田 米蔵 (イラスト)



(あらすじ)

専門学校生・冲村功と北史鶴は同棲中の恋人同士。卒制に集中する史鶴を愛しく思いながらも冲村は寂しさを感じ…(『ハーモニクス』)。
 
専門学校講師・栢野志宏は生徒の相馬朗と恋愛中。そんなある日、過去のトラブルの原因が再び前に現れ…(『シュガーコート』)。
 
十年に渡る素直になれない関係から相思想愛の恋人同士に戻った弁護士・伊勢逸見とバーオーナー・相馬昭生は…(『バズワード』)。


アオゾラのキモチ―ススメ (幻冬舎ルチル文庫)
オレンジのココロ―トマレ (幻冬舎ルチル文庫)

ヒマワリのコトバ―チュウイ (幻冬舎ルチル文庫)


信号機シリーズのあの三組のカップルがひとつの事件を軸に三者三様に振り回されました

という番外短篇集なんですが

崎谷さんですので他の方の中編以上のボリュームで楽しく美味しく味わいました。

一番好きな「ヒマワリ」シリーズの大人カップルたちの話がよかったです。

繊細というか、ややこしい感情に振り回されておりましたあの昭生が恋に素直になることで

大人への第一歩を踏み出しておりました。

年齢的には十分に大人なんですけど

思春期以前により重病を患う姉のパワフルさに押されていて

ちょっと心の成長のスピードが遅かったというか

乙女な思考が入っているので大人げない一面を持ったままおとなになってしまってたのですが

ようやく過去と自分とを振り返ることができて

受け入れることの大切さを知ってしまったのです。

そんな昭生にほっとしたような残念がるような伊勢はもしかしたらM属性なのかも(笑)


事件を背景にもちながらも昭生は終始冷静に事件を受け止めていて

溺愛する甥朗と専門学校講師・栢野のふたりの関係を心から喜んではないのですが

栢野の過去の恋愛によるトラブルにたいしても平静に対応します。

伊勢に対しても素直になるように努力していて

またそれを伊勢がすごく喜んでいるので

すごくラブラブで甘甘で楽しく読めました。



このふたりの続きが読みたいような

これ以上の嵐がおきて昭生が振り回されるのはやめてもらいたいような

そんな微妙な気持ちです(笑)


コメントレスです♪

あきりんりんさん
>雑誌で読んで書き下ろしのため買う気だったのですが短かったので立ち読みしました
あーあたしもそうすればよかったかもと思いました。
『断捨離』のためにはそうできたら一番いいのですが、
雑誌についているはがきで小冊子もらわなきゃいけないし
作者さんが好きなのでつい・・・(笑)
永遠に綺麗に片付いた部屋には住めないと思います(笑)
イラスト重要です!
お話をすごく助けてくれる重大なお役目があるので
好きなお話でも挿絵さんが気に入らなかったら買わないことが(笑)
「ラブレター」はあたしも大好きなおはなしです!
せつなスキーには欠かせない、泣きたい時に読むお話なんですよ。
あと、「指先」も「恋」シリーズも好きです。

コメントありがとうございました!

拍手[1回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People