忍者ブログ

Verger ―果樹園―

アタシの読んだ本(主にBl)の感想を 雑然とたらたらとつぶやいております

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

隣に居るひと (椎崎 夕)

隣に居るひと (幻冬舎ルチル文庫) (文庫)
椎崎 夕 (著)
竹美家 らら(イラスト)

(内容)
 
室瀬玲一は、姉の形見の喫茶店を経営しながら姪の桃子を育てている。その暮らしを続けられるよう尽力してくれたのが、桃子の叔父にあたる西崎彰也だった。記憶喪失を演じていた彰也は玲一に惹かれ、最初は拒絶していた玲一もやがて彰也を想うようになる。そんなある日、パーティーによばれた玲一と桃子。祖父の家に残るという桃子に玲一は…。
 
 


ちょっと延期で焦らしプレイでしたが、無事に「帰る場所」も終わりまで読むことができました。

捨て子であったことでなにもかもにひかえ目な生き方を自分に強いている室瀬玲一は

続編でも同じようにひかえ目で健気な生き方をしております。

自分の愛する人が大切

そして、もし愛している人が不幸になるなら果敢に立ち向かう強さを持っているのですが

自分自身の存在が不幸となるなら

あっさりと身を引いてしまう危うさもあいかわらずです。

でも、その健気な行動で他の人を傷つけてしまうかも知れないなどということは

思いあたりもしないというところがあります。

姪のために姿を消したら、みんな幸せになれるなんて・・・

そんなバナナ←誤字ではありません・・・念のため

と叫びたいです。


すべての不幸の原因を作ったとまではいいませんが

いろいろ茶々いれてくれた香月のおじいさんが亡くなり、西崎もその世界から離れてしまい

セレブな方々からの攻撃も一段落してふたりの関係も安定してきたようです。

梶本というあて馬に嫉妬したり、

やきもちをやいて独占欲をあらわにしてるくらいの余裕も出てきたみたいです。


けなげ受けは嫌いじゃないのですが

ここまで周囲に心配されるほどわが身を傷つけてしまうというのは

大人としてちょっとどうかなと思わされました。

拍手[0回]

PR

コメント

お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

プロフィール

HN:
Lianha
性別:
女性
自己紹介:
「風と木の歌」に触発され
juneで開花w?
一時はこの世界から脚を洗っておりましたが
またどっぷりとつかっております


好きな作家さん
木原音瀬さん・可南さらささん・水原とほるさん
水壬楓子さん・ふゆの仁子さん・華籐えれなさん
剛しいらさんなどなど・・・

コメント・トラックバック等大歓迎です

Twitter

カテゴリー

カウンター

最新コメント

[01/09 suuny]
[01/09 suuny]
[11/23 Lianha]
[11/22 さなえ]
[11/07 Lianha]

ブログ内検索

BL×B.L.People